記事

医療崩壊の危機に究極の判断をするのは本人か医師か政治家か 「高度治療を若者に譲る」カード発案の医師と考える

1/2

 れいわ新選組の公認候補として、去年の参議院選挙に出馬した大西つねき氏(56)の発言が物議を醸している。

・【映像】命の選別をするのは医者?自分?政治家?コロナ時代に考える “意思表示カード”発案者出演


 問題視されているのは今月3日に配信された動画での発言で、医療・介護費の問題を念頭に「高齢者をもうちょっとでも長生きさせるために、子どもたちか若者たちの時間を使うのかということは真剣に議論する必要があると思う」とした上で、「こういう話、多分政治家は怖くてできないと思う。“命の選別をするのか”などと言われるだろう。生命、選別しないと駄目だと思う。もう、はっきり言うが、何でかというと、その選択が政治だ。その選択をするのであれば、もちろん高齢の方から逝ってもらうしかない」との見方を示したのだ。


 批判を受け、大西氏は7日に動画を削除、発言を撤回し、謝罪した。また、れいわ新選組の山本太郎代表は「立党の精神と反するもので看過することはできない」としつつも、「除名するという判断はこちらにとっても簡単なことではあるが、それでは根本的な解決にならない」として、専門家による“生命の尊重に関するレクチャー”を公開の形で行うとしている。

■ヨーロッパのコロナの現場で迫られた“究極の判断“、日本ではどうなる?


 “若者か、高齢者か”という大西氏の発言で思い起こされるのが、新型コロナウイルスの感染拡大によって医療体制が逼迫した欧州での議論だ。イタリアやスペインなどでは、数に限りのある人工呼吸器を誰に優先して使うのか、という極限の判断が迫られた結果、高齢者よりも若い世代を優先したケースもあった。フランスの医師は、治療する立場として「集中治療室に入れる患者を選ばなければならない。その決断に強いストレスを感じる」と心境を明かしている。

 いわゆる“団塊の世代“が後期高齢者に達し始める日本において、こうした問題に直面する可能性はないのだろうか。コロナ“第二波”、そして医療崩壊の危機に瀕死したとき、究極の判断をするのは誰なのだろうか。


 医療関係者、研究者、弁護士らで作る「生命・医療倫理研究会」では、「人工呼吸器などが不足し、医療資源の配分が不可避な状況では公正で透明性のあるプロセス(明確なルール作り)が重要」「実際に医療現場で配分する際のフローチャートを提示→判断基準は『救命の可能性』『本人の意思』」「公的なガイドラインの作成を要望」と提言している。

 そんな中、「コロナに感染した場合、高度治療を若者に譲る」という「集中治療を譲る意志カード」、通称「譲(ゆずる)カード」を提案しているのが、大阪大学人間科学研究科未来共創センター招へい教授の石蔵文信医師だ。

「欲しいという方も多く、非難されることの方が少なかったので、ちょっと驚いた」と話す。

■石蔵医師「生き方・死に方は自分ではっきりさせたほうがいい」


 ネットでも公開されており、日付と署名を記入して使用する「譲カード」には、「新型コロナウイルス感染症で人工呼吸器や人工肺などの高度治療医療を受けている時に機器が不足した場合には、私は若い人に高度医療を譲ります」と記されている。

 大西氏の発言について石蔵医師は「社会保障費をどう配分するか、という話が大事だが、それを命にまで繋げてしまったので、このようなことになってしまったのだと思う。命の選択は他人がすべきではない。それが原則だと思う」と指摘。その上で、自身のカードについて次のように説明する。


「僕のカードは、他人に命を選択されるというものではなく、自分で選択をするというものだ。マスコミが先に言ってくれないので誤解が生じてしまっているが、私は2月に癌の全身転移が分かり、余命いくばくもない。

そこで医師として、“自分を生かしていくのはあまり良くないだろう、若者に譲りたい”と考えた。人工呼吸器を使うということは、すでに意識がない状態だ。何もしなければ、誰かが命を選択する可能性が出てくる。そのことの方が怖いし、その前に表明しておいた方が良いだろう、ということだ。

救急医の経験もあるが、医者というのは全員を助けなければならない。それでも人工呼吸器が足りなくなった時にどうするのか、すごく悩むことになると思うその基準は政治にも決められないだろう」。

 さらに石蔵医師は「これを作ったもうもう一つの理由は、みんなもうちょっと自分の生き方・死に方についてはっきりさせた方が良いと思ったからだ」と話す。

「僕の場合は家族も医者ばかりなので、カードについて“そうだね”とあっさりOKしてくれた。孫は3歳と5歳なので分かっていないと思うが、やはり“死んでほしくない”と言われれば嬉しいだろう。これが“人生会議”だ。日頃から議論をしておくことが大事であって、言えない、という社会はおかしい」。

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    1枚1円レジ袋 大量買いの珍風景

    中川 淳一郎

  2. 2

    お嬢様迷惑ツアーに島が自粛要請

    SmartFLASH

  3. 3

    駅前の果物販売は盗品? 投稿話題

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    「経済重視」で経済が回らない訳

    鈴木しんじ

  5. 5

    山手線 中国・韓国語表示消えた?

    BLOGOS しらべる部

  6. 6

    身近に感染者は? 約9割「0人」

    かさこ

  7. 7

    西村大臣「団体旅行など控えて」

    BLOGOS しらべる部

  8. 8

    感染者数に囚われる日本の不思議

    自由人

  9. 9

    ユニクロの策 客をスタッフ勧誘

    文春オンライン

  10. 10

    なぜ今? マスク転売の解禁に呆れ

    猪野 亨

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。