記事
  • WEDGE Infinity

「日本に帰れない!」LA在住者の悲鳴 - 土方細秩子 (ジャーナリスト)

(gyro/gettyimages)

現在日本政府はほとんどの外国人に対し入国拒否の姿勢をとっている。オーストラリア、ニュージーランド、台湾、韓国、ベトナム、タイなどに対してはビジネス客を対象に一部制限緩和も考慮されているようだが、日本が課す敷居は非常に高い。

もう一つ問題なのが、帰国する邦人に対しても現時点で「空港でのPCR検査」「公共交通の利用禁止」「二週間の自主隔離」が義務付けられている。これにより帰国したくても帰国できない、帰国難民が増えている。

米国からはまだ毎日航空機が飛んでいるだけでも恵まれているかもしれない。しかし米系3社と全日空(ANA)が飛んでいるのは成田か羽田のみ。唯一日本航空(JAL)が関西国際空港への直行便を飛ばしているが、2週間に1回である。

つまり東京以外の地方出身者は帰国してPCR検査をクリアしても、最悪の場合空港から2週間出られないことになる。方法としては「近親者の送迎」「レンタカー」「送迎サービスハイヤー」「送迎付きホテル」の利用があるが、最初のものを除いてはすべて割高になる。送迎も例えば東北や四国、九州になるとほぼ不可能だろう。

帰国者に対する政府の対応は軸がはっきりせず、行き当たりばったりの印象がある。新型コロナ流行の初期、武漢からのチャーター便を飛ばした際は政府が専用バスと宿泊施設を用意、2週間の隔離は無料で食事付きという待遇だった。一方でクルーズ船ダイヤモンド・プリンセスからの下船者はその場で解散、公共交通で帰宅する人もいた。その後自宅に戻ってから発症する人もいたから、対応は杜撰だったと言える。

その後、3月に学生の卒業旅行からクラスターが発生したことで政府の対応はやや厳しくなり、空港でのPCR検査の義務付けが始まったが、これも検査を受けながら結果を待たずに乗り継ぎ便で自宅に戻ってしまう人が出たこともあったという。そこから徐々に厳しくなり、現在のような2週間の自主隔離の義務付けとなった。

留学生の帰国問題をどうするか?

米国では現在、企業の駐在員家族に対して帰国が奨励されている。企業の場合は費用負担などの問題はそれほどないだろう。

問題なのは帰国命令が出た留学生だ。米政府がオンラインのみの授業を行う大学等に在籍する外国人学生に帰国命令を出し、違反すれば国外退去処分、という厳しい対応を打ち出したのが7月6日。それ以前から学生寮を退寮となり、住む場所がなくなった、などで帰国せざるを得ない学生も増えている。この夏、多くの日本人留学生が日本への一時帰国を余儀なくされそうだ。

学生にとって、この2週間の自主隔離と公共交通機関の使用禁止は非常に手痛いものとなる。地方出身者にとっては尚更だ。彼らは帰りたくて帰るのではなく、米政府の指示に従っての帰国であり、日本政府として何らかの救済策を打ち出すべきではないか。

遠い関空へのフライト

また、関空直行便のあまりの少なさも問題だ。東京行きは毎日運行されているのに、月に2回しか飛ばない関空行き。しかも関空のPCR検査体制が十分ではないため、その数少ない飛行機の登場者は1回につき100人以下に制限されている。

この結果、JALの関空便は予約開始と同時に売り切れとなる事態が続いている。筆者も予約開始当日に電話したが、1時間以上電話がつながらなかった上に、すでに8月、9月分全てディスカウント料金は売り切れ、通常料金のみ利用可能、と言われた。通常料金はエコノミークラスで40万円以上、という値段だ。ディスカウント料金は電話での確認のみだが12万円台だった。

なぜ同じエコノミークラスで料金の差が出るのか。40万円というのはフレックスエコノミー、つまり変更や取り消し可能な設定だが、そもそも米系航空会社では9月30日まで予約の変更取り消しはすべて無料で行っている。JALは違うのか、など疑問に感じる点は多い。

さらに旅行社のウェブサイトでは売り切れの関空行きが販売されている、という事実だ。しかも料金をチェックすると8月1日が70万円、15日が30万円以上である。この金額はどこから来たのか。おそらくはJALから直接に購入した場合の40万円、12万円に上乗せしているものと思われるが、需要過多に対するボッタクリとしか思えない。しかもこのように旅行社が予約開始と同時に多くの席を抑えてしまうため、個人旅行客がJALに直接電話しても購入できない、というのが実情のようだ。

筆者(自宅は京都)はなんとか日本に帰ろうと画策したのだが、東京に行く場合は送迎付きホテル15日間パックで20万円前後、レンタカーで関西まで移動し乗り捨てにした場合5万円前後と、どの方法を使ってもコストが嵩む。関空行きに乗れればレンタカーでも乗り捨て1万円、親戚や友人の送迎も可能、と大違い。しかしその関空行きがどうしても取れないのである。

筆者の住むロサンゼルスは累計感染者数12万4992人、死者3690人(7月10日現在)、昨日1日の感染者数1736人。政府がチャーター便を飛ばした時の武漢より遥かに状況は悪い。しかし帰国するにはかなりのコストを覚悟しなければならない。どうしても、という場合にはそのコストを払うことは出来るが、それが難しい強制帰国の学生に対しては、せめて政府が何らかの救済の手を差し伸べてほしい、と願わずにいられない。

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    乳首にシール貼らせ? 逮捕の社長

    阿曽山大噴火

  2. 2

    漢見せた玉木氏 大化けの可能性

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  3. 3

    ポルシェ追突の男 一族は大地主

    文春オンライン

  4. 4

    分党を選んだ玉木氏の判断を称賛

    早川忠孝

  5. 5

    周庭氏の力 新たな目線が中国に

    倉本圭造

  6. 6

    大学は授業料の対価提供できるか

    青山まさゆき

  7. 7

    玉木代表は決して結論を急ぐな

    早川忠孝

  8. 8

    うがい薬買い占めた高齢者を直撃

    NEWSポストセブン

  9. 9

    コロナで「地方の息苦しさ」露呈

    内藤忍

  10. 10

    総理は原稿読み上げ 会見で指摘

    BLOGOS しらべる部

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。