記事

コロナ禍のビジネスホテル 「若者カップル」の争奪戦が激化

ビジネス客を見込めないホテルがカップルに照準(イメージ)

 コロナで訪日外国人や出張族の需要が見込めず、壊滅的な影響を受けているビジネスホテルやシティホテル。だが、新たな客層を呼び込もうと多くのホテルが狙い出したのが、若いカップルたちだ。ホテル評論家の瀧澤信秋氏が、業態のボーダーレス化が進むホテルの現状をレポートする。

【写真】明るいロビースペースが印象的なフロント

 * * *
 コロナ禍というワードもすっかり根付いた感があるが、自粛明けとなった今でも第2波を警戒する声は根強く、経済活動が元通りになったとはとても言い難い。ホテルについても、営業自粛要請の緩和に伴い再開する宿泊施設こそ増加しているが、フル稼働までにはハードルが高い。

 さらに、小池都知事から再び県境をまたぐ移動について控える要請がなされたことで、宿泊施設としては地元のお得意さんやリピーターのような“ご当地顧客”を中心とした誘客の施策を練っているケースが多くみられる。インバウンド需要の回復もしばらく期待できないため、国内へシフトする動きがますます顕著になった。クルマで60分以内に行けるエリアでの観光を指す「マイクロツーリズム」の推進も、国内へ目を向ける動きとして注目されている。

 そのような状況の中、水面下でみられる動きが“カップルズユースの取り込み”だ。

 思い起こせば、インバウンドバブルに突入する前まで、一般の宿泊施設は日本人カップルの取り込みに躍起になっていた。カップルズユースとホテルといえばレジャー(ラブ)ホテルを想起するが、いまとなってはターゲット層によってホテルの業態を線引きするのは難しい。筆者も連載している業界専門誌から6年前に初めて来たオファーは、“一般ホテルに奪取されるカップルズユースとレジャーホテルの危機感”というテーマだった。

 ところで、アパホテルが6月30日までの期間限定で“1泊2500円”という直販プランを売り出して話題になった。筆者も繁華街に立地するアパホテルへ宿泊取材したが、若いカップルの姿が多く印象的だった。とあるカップルの話によると、お互いに実家暮らしで2500円だったらレジャーホテルの休憩よりも安く、宿泊すれば気兼ねなく飲みにも出られるから最高だと語っていた。

 このようにレジャー・ビジネスに限らず、ホテルのカップルズユースの潜在的な需要は相当高いことがうかがえる。アパホテルがカップルの取り込みを積極的に狙っているのかといえば「ノー」かもしれないが、一般ホテルのカップル取り込み姿勢がかなり目立つようになっているのは事実だ。

 たとえば、埼玉県川越市にある「UTILITY HOTEL cooju(ユーティリティホテル クージュ)」。川越は都心から気軽にアクセスできるベッドタウンにして観光都市であるが、日帰り圏内とあってホテルのバラエティは豊富とはいえない。UTILITY HOTEL coojuはそんな川越で8年前の開業から異彩を放ってきたホテルだ。

 JR川越駅から徒歩3分。駅前通りに面し気軽に立ち寄れる印象で外観は完全なビジネスホテルだ。元々ビジネスホテルだった物件をカップルも含め様々な用途で利用してもらおうと、客室面積の拡大も含めハイセンスなリニューアルを施したという。

 大きく開口したフロントが印象的で、明るいロビースペースには選べるシャンプーや雑誌といったレジャーホテル的要素があるアイテムから、パソコン、電子レンジなどビジネスホテルでお馴染みのアイテムまで並ぶ。そんなフロント周りには、楽天トラベルのブロンズアワード2017~2019と3年連続受賞の盾が飾られている。

 デイユース(休憩利用)の積極的な取り込みや、19時以降のチェックインなど、レジャーホテルの要素も採り入れられた運営スタイルについて担当者に確認してみると、やはり地域性を鑑みてカップルの取り込みを完全に狙っているという。

 地元、観光に訪れたカップルによるデイユースだけでなく、JR川越駅周辺には清潔感の高い宿泊特化型ホテルが皆無だったこともありビジネス需要も旺盛だという。カップルズユース/ビジネスユースは半々の割合とのことだった。

 レジャーホテルへの意識について質問してみたところ、川越も含めた「さいたま市エリア」は名の通ったビジネスホテルのデイユースも非常に盛んになっており、中にはクージュのように最初からカップル向けの客室を打ち出すホテルもみられ、相当の危機感を抱いているという。

 コロナ禍の状況については、ビジネスユースが激減する中、やはりカップルズユースに支えられたという。ビジネス客オンリーだったら持ちこたえられなかったのではないかとの話に、“リスクヘッジ”というワードが思い浮かんだ。

 では、カップルズユースを主眼に置いて長らく運営してきたホテルは、インバウンド需要がなくなった一般のビジネスホテルやシティホテルがカップルの取り込みに躍起になっている動きについて、どう感じているのだろうか。カップル利用以外にも女子会、ビジネスユースなど多様なプランが用意されているホテルとして知られる「ホテルバリアンリゾート」へ取材を試みた。

 ここは首都圏を中心に様々なエリアで展開しているが、商圏にあるビジネスホテルなどがカップル取り込みの安価なデイユースに力を入れていることについては、「脅威という向きもあるが、われわれは付加価値を高めてきたブランドであり対抗した値下げはしない戦略」だという。「ビジネスホテルにカップルを奪取されているという印象はない」とも。

 さらに、ビジネスホテルやシティホテルが提供するカップルズ向けサービスではできない取り組みもしていると話す。それは、ブランド名の通り、バリ島リゾート旅行気分が味わえる客室・ロビーの雰囲気を重視していることからもうかがえる。

 チェックインすればすべてのサービスが無料で楽しめるお得感も売りにしているという。露天風呂や岩盤浴、足湯、ビリヤード、ダーツ、自由に選べるアメニティバイキング、ワイン、焼きたてパン、デザートなど枚挙に暇がない。清掃への取り組みも特徴的で、一般ビジネスホテルの3倍の人件費をかけて行うという。さらに最近、グランピングをコンセプトにした施設まで登場している。

 ホテルカテゴリーのボーダーレス化について、筆者は以前より様々なメディアで指摘してきたが、コロナ禍はその傾向を一段と際立たせている。カップルズユースという視点でみてもそれは同様だ。

 旅行という大きな移動のパイが減少、そしてお籠もり型のテレワークやカップル利用へフォーカスする動きもみられる中で、やはり従前から安定した需要のあるカップルズユースに秀でたホテルの商機は大きいと考えられる。これをモノにできるか否かは、一種独特な配慮が必要なゲスト目線に着目し、日々進化を続けられるかどうかにかかっている。

あわせて読みたい

「ホテル」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    乳首にシール貼らせ? 逮捕の社長

    阿曽山大噴火

  2. 2

    漢見せた玉木氏 大化けの可能性

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  3. 3

    ポルシェ追突の男 一族は大地主

    文春オンライン

  4. 4

    分党を選んだ玉木氏の判断を称賛

    早川忠孝

  5. 5

    周庭氏の力 新たな目線が中国に

    倉本圭造

  6. 6

    玉木代表は決して結論を急ぐな

    早川忠孝

  7. 7

    コロナで「地方の息苦しさ」露呈

    内藤忍

  8. 8

    うがい薬買い占めた高齢者を直撃

    NEWSポストセブン

  9. 9

    感染の慶應研修医 復帰前に処分

    NEWSポストセブン

  10. 10

    総理は原稿読み上げ 会見で指摘

    BLOGOS しらべる部

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。