記事

超大型新人・NiziUを生んだオーディション番組『Nizi Project』の“ガチさ”

1/2

原石探しから見られたJ.Y. Park氏の気概

初のミュージックビデオがYouTubeで公開されると初日に1,000万回再生(現在4,000万回再生を突破)を記録、ミニアルバム配信直後にはiTunes総合トップアルバム・ランキングをはじめ各音楽配信サイトで軒並み1位を獲得した大型新人と言えば、今話題の9人組グローバル・ガールズグループ「NiziU」である。

朝の情報番組『スッキリ』(日本テレビ)でも大々的に特集が組まれたが、なぜ、これほど注目されているのか。彼女たちを誕生させたオーディション番組『Nizi Project』(Part1~2、Huluで全話独占配信中)が、その理由の全てを物語っていた。

NiziU

「日本版TWICEの誕生を目指す」

いまだかつてないほど本格的なオーディション番組だった――1月31日から約5カ月にわたってオンライン動画配信サービス・Huluで『Nizi Project』の全話を視聴して思う感想の1つである。

そもそもこの番組は「乃木坂46」「日向坂46」などを生み出したソニーミュージックと、「TWICE」「2PM」などのK-POPアーティストを次々とプロデュースする JYP Entertainmentがタッグを組んだプロジェクト発。そんな背景を知るだけでも、力の入りようは当たり前なのかもしれない。でも、それだけではない“ガチさ”が確かにあった。

まずはその規模。「日本版TWICEの誕生を目指す」という触れ込みで、集まった応募者の数は1万人超え。ちょうど今から1年前の19年7月から8月にかけて、日本国内8都市、ハワイ、LAを含めた全10カ所で開催され、その模様から番組では追っていた。

もちろんそこには、NiziUメンバー9人の初々しい姿も。韓国でJYP練習生としてレッスンを積んでいたマコ、リマ、ミンヒの3人は、初っ端からレベルの違いを見せていたし、ダンスや歌がまだぎこちなくも出だしから印象に残るニナやアヤカもいた。

練習生たち

世界ヒットを見据えた企業戦略

こうしたダイヤの原石探しから、JYPの代表で、ダンサーでもありシンガーソングライターでもあるJ.Y. Park氏の姿もあった。現場に足を運び、まずは可能性のある選抜メンバー26人をJ.Y. Park氏がどういった視点で選んでいくのか。そんなプロデューサー目線も丁寧に伝えられながら、何より「応募者の女の子たちの人生を大きく変える責任感を持っている」という気概すら感じられた。その場限りで番組を盛り上げるためだけの演出でないことも明らかだった。

それもそのはず、『Nizi Project』は、J.Y. Park氏が描く企業ビジョン「JYP 2.0」のテーマの1つである「GLOBALIZATION BY LOCALIZATION(グローバリゼーション バイ ローカリゼーション)」に基づいたもの。つまり、世界でヒットさせることを始めから見据えた企業戦略をも背負ったものだった。

J.Y. Park氏

今年2月、JYPはアリアナ・グランデやテイラー・スウィフト、ポスト・マローンなど人気アーティストが所属するアメリカ最大手のレーベルの1つである「リパブリック・レコーズ(Republic Records)」と戦略的協業を締結したことが報じられ、TWICEらJYP所属のアーティストのアメリカ本格進出が始まっている。こうした現実味のあるレールも敷かれた上で、次のスターを発掘・育成し、世に出すオーディションであったのだ。

ダンス、ボーカル力に加え「人柄」も重視

今、世の中がどのようなガールズグループを求め、そこから世界ヒットを生み出せるのか。『Nizi Project』には、そんなビジネス的な観点も込められていたことがクリアに見えていた。

番組スタート時の公式発表から「“虹”のようにメンバーそれぞれの個性が、様々な色を放つようなガールズグループを目指す」とある。ガールズグループでもボーイズグループでも、グループメンバーひとりひとりの個性重視は今に始まったことではないが、より具体的だった。それがこれまでの日本のオーディション番組にはなかった点のひとつでもあった。

どれだけ具体的だったのかというと、韓国のアイドルグループでは当たり前の条件にあるダンスも歌の実力も兼ね備えていること、スターという特別な存在になり得ることができる「人間力」も審査基準にあった。TwitterにInstagram、TikTokなど、SNS時代の今はあらゆる角度からアイドルの素顔を見せ、そして365日、24時間体制で全世界から見られる。だからこそ人間力が重視されていた。

「ダンス」「ボーカル」「スター性」「人柄」の4つの要素を総合的に見ていくことが、番組でも「ペンダント」というアイテムを使って分かりやすく伝えられていた。NiziUを象徴するものとしてペンダントのモチーフがロゴで起用され、ファンクラブではそのペンダントにリボンを加えたロゴが使われている。

ペンダント

その中の「人柄」が人間力を表すもの。番組でNiziUデビューメンバーに選ばれた理由を明かされたとき、マユカはトレーナー、スタッフの人柄評価でマコと同様に最高点を取ったことが大きかったと説明され、実際に人柄も重要であったことが分かる場面だった。

また、諦めずに真摯(しんし)にJ.Y. Park氏の言葉を受け止めながら、成長し続ける姿をみせていたリクやリオも最終メンバーに勝ち残った。人間力の高さはこうした行動でも示せるものでもある。

あわせて読みたい

「音楽業界」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    乳首にシール貼らせ? 逮捕の社長

    阿曽山大噴火

  2. 2

    漢見せた玉木氏 大化けの可能性

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  3. 3

    ポルシェ追突の男 一族は大地主

    文春オンライン

  4. 4

    分党を選んだ玉木氏の判断を称賛

    早川忠孝

  5. 5

    周庭氏の力 新たな目線が中国に

    倉本圭造

  6. 6

    玉木代表は決して結論を急ぐな

    早川忠孝

  7. 7

    コロナで「地方の息苦しさ」露呈

    内藤忍

  8. 8

    うがい薬買い占めた高齢者を直撃

    NEWSポストセブン

  9. 9

    総理は原稿読み上げ 会見で指摘

    BLOGOS しらべる部

  10. 10

    感染の慶應研修医 復帰前に処分

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。