記事

マツタケが絶滅危惧種になった理由は、森が豊かになったから

 マツタケが絶滅危惧種に指定される……このニュースが世間を駆け回った。

 指定したのは、野生生物の専門家などで組織されるIUCN(国際自然保護連合)だ。絶滅の恐れのある野生の動植物を記載したレッドリスト最新版で、マツタケを世界的に生育量が減少していることから絶滅危惧種に加えたのだ。もっとも、正確には絶滅危惧2類(危急)への分類であり、危険度から言えば、上から三番目。「絶滅の危険が増大している」種という位置づけだ。

 このため、もうマツタケは採れない?食べられない?と日本のマスコミは大騒ぎである。そしてマツタケが減った理由を、取りすぎたか、森が荒れたからか、という声が広がっている。

 だが、IUCNがわざわざ日本のマツタケ生産状況を心配して指定したわけではない。マツタケは世界的に分布している(だから日本の食卓に上がるマツタケも、多くが中国産やカナダ産、ときにモロッコ産、ブータン産などだ)が、世界的にマツタケが育つマツ林が減っていることを勘案して指定したものだ。

 一体、世界の森で何が起きているのか。

 まず知ってほしいのは、採り過ぎということはない。キノコは地中に広く菌糸を広げていて、地上に出てくる子実体は一部にすぎない。ここを採取したからと言って絶滅するものではないし、そもそもマツタケに狂奔して、必死に採って食べるのは日本人ぐらいのものだ。

 そこで報道では「健全なマツ林が減っているため」と解説している。

 が、これも誤解を招きかねない表現だ。どんな状態を「健全なマツ林」と呼ぶのか。

 まずマツという樹種は、痩せた土地に生える。戦前マツばかり生えている日本の山を見て「赤松亡国論」という言葉流行った(アカマツばかり生えているのは山が荒れている証拠で国力を失っている、という意味。林学者の本多清六の意見に対してつけられた言葉)ことがある。

 なぜ、日本の山が痩せていたのか。それは江戸時代から過度な草木の搾取が続いたからである。

 当時は建物だけでなく多くの道具の素材を木材に頼り、またエネルギー源もほとんどが木質だった。大量の薪や木炭を消費したのだ。日々の煮炊きや暖房から産業に供する燃料まで、何もかも木々に頼っていたのである。大坂の町で使われる薪は、遠く四国や九州から運ばれていた記録もある。江戸も同じく東北・関東一円からエネルギー源として薪や木炭を集めていた。

 さらに農業でも、落葉だけでなく草や枝葉を切り取って堆肥にした。むしろ草の方が堆肥に向いていると、木々を切り払って草山にするほどだった。

 かくして山の土壌は栄養分を失い、末期的状況に陥った。そこに生えられるのはマツぐらいしかなかったのである。

 そしてマツタケ菌は、生きたマツの根に菌糸を伸ばして生育する菌根菌の一種である。非常に繊細で弱いため、ライバルとなるほかの菌がいない土地を好む。マツ林の中でも、常に地表の落葉が取り除かれて貧栄養状態にならないと、生育できない。

 つまり「亡国」とさえ言われた荒れた山の状態が、マツタケの生育にぴったりだったのだ。おかげで昭和初期までの日本の山には多くのマツが生え、マツタケが大量に育ったわけだ。

 だが、戦後の日本は、化石燃料に頼るようになり薪や木炭の需要は激減した。また化学肥料が主流となって、わざわざ山から落葉を集めて堆肥をつくらなくなった。有機肥料でさえ輸入する時代である。かくして山に草が茂り落葉が溜まり、富栄養化が進んだ。するとマツはほかの樹木に押されて樹勢を弱める。また土壌の中には多くの菌類が繁殖するようになる。

 ほかに日本ではマツクイムシ(マツノザイセンチュウによるマツ枯れ)が蔓延して、多くのマツが枯れたこともある。

 かくしてマツタケが生育できる山は少なくなった。国産マツタケの生産量は、戦前の100分の1以下になってしまったのはそのせいだろう。

 ただここで気になるのは、今回の“絶滅危惧種”指定は、世界的なマツタケ減少を受けてのことだ。日本だけの事情ではない。

 海外のマツタケ山の状況はよくわからないが、おそらく日本が歩んだ道と同じことが起きているのではなかろうか。森林(マツ林)が伐採されて開発が進んだことも考えられるが、燃料としての薪や落枝の採取が減り、山に人が入って草刈りや落葉かきなどをしなくなったのではないか。

 つまり世界的な山の富栄養化が進んだことも大きな要因であるように思われる。これを「健全なマツ林が減った」ということもできるが、逆にマツが減って「豊かな森が再生した」と見ることも可能だろう。

 マツタケの生産量も、時間軸を長く取れば、豊かな森に覆われていた石器時代は、ほとんど採れなかったのではないか。そもそもマツだって、古代の日本に生えていたかどうか怪しい。花粉がほとんど見つからないからである。マツは古墳時代に持ち込まれた外来種ではないかという説もあるほどだ。

 マツタケが絶滅危惧されるほど減少したことを嘆くのもよいが、森の生態系、生物多様性という面から見ると、どちらが好ましいのだろうか。

栽培に成功したバカマツタケ(奈良県野迫川村)栽培に成功したバカマツタケ(奈良県野迫川村)

 なおマツタケを人工栽培する試みは、各地で行われている。2年前にはマツタケの近縁種バカマツタケの栽培が成功したことは、以下に伝えた通り。

株価を急騰させたバカマツタケ栽培成功は、常識破りの大発明だ

 マツタケが安定して生産されるまで、今しばらく待ちたい。

※Yahoo!ニュースからの転載

あわせて読みたい

「松茸」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    韓国の国際法無視 強行なら好機

    木走正水(きばしりまさみず)

  2. 2

    河野大臣が表情変えた記者の質問

    BLOGOS しらべる部

  3. 3

    レバノン爆発 ゴーン氏の家破壊

    ABEMA TIMES

  4. 4

    吉村府知事の提案は試す価値アリ

    青山まさゆき

  5. 5

    春馬さん「結局カネ」家族に悩み

    文春オンライン

  6. 6

    大阪うがい薬推奨に医師らは呆れ

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    玉木氏に横柄? 枝野代表の狭量さ

    早川忠孝

  8. 8

    バナナ食べる少女の広告Audi謝罪

    BBCニュース

  9. 9

    スタバと違い常連扱いないセブン

    内藤忍

  10. 10

    香港民主派の周庭氏に有罪判決

    ABEMA TIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。