記事

「盗めるアート展」の一部始終 200人がつめかけ、開始1分で10作品がすべて盗まれる 主催者は「メルカリで作品が販売されるのは予想していた」 - ゆきどっぐ

 アート作品を来場者が盗む「盗めるアート展」が、「same gallery」(品川区)で7月9日23時35分頃に始まった。20代~30代の若者が約200人集まり、ギャラリーに雪崩のように押し掛けた。

【写真】「盗めるアート展」の写真を見る(全24枚)

 当日の現場の様子と、展覧会のテーマや作品への思いを主催者や作家にうかがった。

開いた瞬間、ギャラリーになだれ込むアート泥棒たち

八王子市や三鷹市からの来場も

 本来であれば7月10日の0時から開始するはずだった今回の展覧会。人が続々と集まり道路に溢れてしまう様子に、主催者が来場者の身の危険を案じ、開始時刻を20分ほど前倒しした。

 開場の準備をしようとスタッフが電気に手を伸ばした時、来場者の一人がギャラリーに足を踏み入れた。その瞬間、約40平方メートルの会場にどっと人が詰めかけた。押し合いへし合い、盗んだ作品を頭上に掲げる者、胸に抱きしめて人波をじっと耐える者、なんとか作品を手にしようと人波をかき分ける者で現場は溢れた。ギャラリーを揺らすようなドンドンという激しい物音が、道路を挟んだ向かい側にも聞こえるほどだった。

 約1分間ですべての作品が盗まれ、会場は10分間ほど開場して終了。警察が駆けつける事態となり、混乱は0時を過ぎても続いた。

 参加者は1時間前から集まり始め歩道に列をなしていた。声をかけると、20代から30代の学生や会社員が中心。中には八王子市や三鷹市から訪れ始発で帰ると決意を見せる人や、マスクを被りコスプレを楽しむ人もいた。快盗戦隊ルパンレンジャーの格好で0時頃に到着した会社員(33歳・男性)は、「もうすべて盗まれていた。レセプションパーティーで『モナリザを盗んでみたい人の為の』に目を付けていたのに残念だ」と口にした。

 一方、作品を手にしたアート泥棒たちはどうしたか。作品を取られまいと現場を走り去る者が多い中、会社員Mさん(27歳・男性)がインタビューに応じてくれた。

「ニュースやSNSで展覧会を知って都内から車で駆け付けました。入口近くに並んでいたので、先頭を切って入場。作品を取ったら隠すように抱き込み、壁際で人の波が引くまでじっとしていた」

 盗まれる前の作品を見ることができたのは同日18時に開催されたレセプションパーティーの間だけ。会場には企画の趣旨を理解した現代アーティストとクリエイターら10グループが1作品ずつ展示し、幼い子ども連れの家族などで賑わった。

 家族で訪れた会社員(59歳・男性)は、「テレビで告知をみて、近所だし面白そうだと思って来た。本当は盗み開始時刻に来たかったな。作風は多様性にあふれていて、面白い。企画者の意図通りだと感じた」と話す。

ギャラリー内では譲り合いの場面も

 開催場所となった「same gallery」は今年3月にオープンしたばかり。運営するのは写真家や編集者などが集まる10人グループ「same」。今回の主催者である長谷川踏太(とうた)さんは同メンバーに所属するクリエイティブディレクターだ。

「SNSなどで話題になっても、深夜の開催時刻前にこんなに人が集まるのは想定外でした。人が道路に溢れてしまい危険だったので、予定より早くオープンせざるを得ない状況でした。時間通りに来てくれた方々には本当に申し訳ありません」(長谷川さん)

 アート泥棒で埋め尽くされたギャラリー内は、作品の所有者をじゃんけんで決めるなど、譲り合いの場面が見られたと話す長谷川さん。また、混雑する中でも落とし物が届けられたり、備品を持ち帰った人から「作品じゃないので返す」と連絡があったり、マナーある態度を感じたそう。

「あまりに一瞬の出来事で、ゆっくり作品を見てから盗んでもらう時間を作れなかったのは残念です。メルカリで作品が販売されるのは予想していましたが、展示とは関係のない贋作の出品や、値段の付いていなかった展示品に適正価格がついていく現象は想像していませんでした」(長谷川さん)

「盗まれる体験はなかなかできない」

 同展覧会はギャラリーとして初の展覧会。当初は4月の開催を予定していたがコロナ禍で延期に。6月の再告知ではSNSを中心に盛り上がりを見せ、「緊急事態宣言下で文化的なイベントへの欲求が高まっている」と長谷川さんは感じたそう。

「アートと観客の関係性には一定の距離があるが、盗むというテーマで別の付き合い方を提案した。観客にとって、盗みに来るのと鑑賞では捉え方が違うだろう。作家側にとっても盗まれる体験はなかなかできない。作品に変化が起こると思った」(長谷川さん)

 事前に「盗む作品は1組につき1点限り」「他のアート泥棒と譲り合う」など近隣住民への安全面に配慮した10のルールを設定していたが、現場では混乱が生じた。

「性善説でルールを設定したが、入場料を取るなど仕組みを考えるべきだったか……。企画のニュアンスが変わってしまうので難しい。

 コロナ禍のため、レセプションパーティーでは換気を心がけ、入場制限を行ったが、本展ではコントロールが効かなかった。今後、同じテーマで開催する場合は仕組みとオペレーションをきっちり考えたい」(長谷川さん)

 同ギャラリーでは「same」メンバーが今後も企画を行う予定。都内でも外れに位置するギャラリーのため、できるだけ面白い展示を考えていきたいという。

偽のクレジットカード150枚ほどを展示

 参加アーティストはどのようなコンセプトで作品を作ったのか。

 アートユニット「skydiving magazine」としても活躍し、映像作家、グラフィックデザイナーでもある村田実莉さんは、作品「GODS AND MOM BELIEVE IN YOU」を出展。作品タイトルが印字された偽のクレジットカード150枚ほどを、財布やインド通貨と共に展示した。

「財布をすられるような、生活に潜む『盗む』がコンセプト。昨年10月から住み始めたインドでは宗教観を肌で感じていて、今回のタイトルとクレジットカードにも神という単語で作品に現れた」(村田さん)

 アートは本来すべての人にとって身近な存在。ただ、関心がない人には難しく感じる部分もあり、アーティストのコミュニティも内輪になりやすいもの。今回はイベントの要素があり、面白がって気軽に来てくれることを期待しているという。

「盗んだ後は、貴重品を盗まれないためのお守りとして、財布やスマートフォンなどと一緒に身に着けてほしいですね」(村田さん)

メルカリ転売も「時代を感じる着地点」

 加賀美財団コレクションさんは、「ギャラリーへ持ってくる途中に盗まれました」と書かれた紙を壁に貼り付け、「Untitled」というタイトルで出展した。

「盗まれるのは癪だから、盗ませないようにするにはどうすればいいかを考えた。一般的に思いつくのは運べないほど重たい作品や壁に張りつけた作品だが、すでに盗られた後だから誰にも盗めないでしょう」(加賀美財団コレクションさん)

 終了後、展示した紙は剥がされ、痕跡は残っていない。

「盗んだ後は、部屋に飾って展覧会を思い出すきっかけにしてもらえると嬉しい。もちろん、捨ててしまう人やメルカリに出品する人もいるだろうけど、それも時代を感じられる面白い着地点の一つだと思う。これからの展開が作家として楽しみ」(中村さん)

 あっという間に消え去った10の作品たち。いま頃、どこで過ごしているだろうか。アート泥棒たちにはぜひ、作品と一対一でじっくりと向き合い、作品と会話する時間を楽しんでほしい。

写真=ゆきどっぐ

(ゆきどっぐ)

あわせて読みたい

「アート」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    李登輝氏の死去に冷淡な日本政府

    WEDGE Infinity

  2. 2

    NYの前例 GoToは全く良策でない

    ABEMA TIMES

  3. 3

    YouTube 投稿者乱立で激戦の場に

    後藤文俊

  4. 4

    コンビニ業界はセブンとそれ以外

    内藤忍

  5. 5

    江の島エリア 海に最多の人出か

    島村優

  6. 6

    個人番号カードが保険証代わりに

    S-MAX

  7. 7

    安倍首相 万全期し再宣言避ける

    ABEMA TIMES

  8. 8

    半沢直樹 青臭いコンビの絶妙さ

    マイナビニュース

  9. 9

    コロナ致死率は世界的に低下か

    中村ゆきつぐ

  10. 10

    イソジン会見 同席医師に違和感

    三田次郎

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。