記事

7月10日(金)ムネオ日記

「政権幹部、説明不十分なまま 河井夫妻起訴 二階氏への質問制止」という見出し記事がある(朝日新聞朝刊4面)。

 現在、河井夫妻は起訴され、勾留されており何も言えない立場である。第三者がどうのこうの言うべき話ではない。

あわせて法治国家として最終結論が出るまで「推定無罪」(何人も有罪と宣告されるまでは無罪と推定される)が原則である。

人権だ、プライバシーだと言うメディアが、なぜ基本的人権にかかわることに無責任な話をするのか。

18年前、事実でないメディアバッシングに遭った者として強く指摘しておきたい。

3歳の娘を放置して死亡させた母親は、5月にも放置して4日間も鹿児島に旅行しており、育児放棄が繰り返されていたと報道で知り、逮捕された時よりも強い憤りと激しい嫌悪感が襲ってくる。何という母親か。

子供にしたようにこの梯沙希容疑者にも食事を出す必要はない。大人だから数日食べなくても命に別状はない。

3歳の子供がどれほど飲み物を、食事を欲しがっていたか思い知らせるべきである。

 それにしてもどんな神経の持ち主か。「人ではない、畜生のような母親だ」という声が沢山届いたが、その通りである。

 子供として必要なことがしてもらえなかった稀華ちゃんが可哀想でならない。

 私自身、3歳の孫を見ながら改めてあってはならない出来事に胸痛む。

 東京では今日も新型コロナウイルス感染者が243人とニュースになっている。

 感染元が判らないという人、明らかにしない人には、強制的に行動範囲を言わせるべきである。命に係わることであり、個人のプライバシー、人権以前の問題であり責任である。この点、厳しく対応すべきだ。

 これ以上、感染者を出させないようにするためには、先ずは元を探し、ブロックしなくてはならない。

 読者の皆さんはいかがお考えだろうか。

あわせて読みたい

「河井克行」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    河野大臣が表情変えた記者の質問

    BLOGOS しらべる部

  2. 2

    大阪うがい薬推奨に医師らは呆れ

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    玉木氏に横柄? 枝野代表の狭量さ

    早川忠孝

  4. 4

    テレ朝のPCR巡る報道に医師怒り

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    文科相が一部大学の授業を批判か

    BLOGOS しらべる部

  6. 6

    トランプ氏 レバノン爆発は攻撃

    ロイター

  7. 7

    イソジンの転売 薬事法に抵触

    BLOGOS しらべる部

  8. 8

    イソジン効果「期待しない方が」

    ABEMA TIMES

  9. 9

    臨時国会逃げる政府 終焉近いか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  10. 10

    徴用工問題は日韓政府が解決せよ

    ヒロ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。