記事

月収1200万円「ピークを知る男」小島よしお 「そんなの関係ねぇ!」の呪いが解けた時 「一発屋」ピン芸人の新しい生き方 #2 - 小島 よしお

1/2

小島よしお 地道に生かせた「早大教育学部卒」と、裸になれない「YouTubeの難しさ」 から続く

【画像】「そんなの関係ねぇ!」のポーズで静止する小島よしお

 これまでに何度も「再ブレイク」と言われてきた、ピン芸人・小島よしおさん。2007年には、高い身体能力を活かしたリズムネタ「そんなの関係ねぇ!」で一世を風靡した。仕事が少しずつ減っていくと「一発屋」と揶揄されて迷走した時期もあったが、試行錯誤の末、子ども向けライブなどを精力的に行い、着実にファン層を広げている。東京メトロによる「オフピークプロジェクト」で、「揉みくちゃにされて、毎日大変でした」と語る小島さんが、無理しすぎないで活躍できる場所を見つけるまでの軌跡を聞いた。(全2回の2回目/#1から続く)


小島よしおさん

「素人とは違う」変なプロ意識

――小島さんは1980年生まれ。早稲田大学教育学部在学中に、お笑いサークル「WAGE」の一員として活動していたんですよね。深夜番組で「WAGE」のコント、よく見てました。

小島 それはけっこうなお笑い好きですね。WAGEに入ってお笑いの大会に出たら、芸能事務所にスカウトされたんです。5人組のグループで深夜番組にも出ていました。そのせいもあってか、学生の頃から「素人とは違う」みたいな変なプロ意識もあった気がします。授業中は割と静かにしていて。

 そういえば、ちょうど広末涼子さんが前の年に同じ学部に入学していて、授業が一緒になったこともありました。

早稲田で広末涼子に話しかけた日

――広末さんの早稲田大学入学と中退をめぐって大きなニュースになりましたよね。マスコミや野次馬が集まって大騒ぎされている状況ではなかったんですか?

小島 僕が入学した頃には、広末さんは普通に学生生活を送っていたと思います。まったくお近づきにはなれませんでしたけど、一度だけ隣に座って、広末さんのことを知らない体で「お名前、何ていうんですか?」みたいな感じで話しかけたことがあるんですよ。WAGEのコントライブのチラシを渡しました。一応受け取ってくれたんですけど、ライブに来たことはないんじゃないですかね……。

――アハハ。本格的に芸能活動を始めてから、広末さんに会ったことはありますか?

小島 それがないんですよ。ドラマの記者会見をインタビュアーとしてレポートする仕事があったんですけど、他のメディアも大勢来ているのに、なぜか僕が行くと広末さんだけいないという。その頃の僕は裸でグイグイ行っていたので、話が通じる奴じゃないと思われて、周りの大人たちがうまいこと遠ざけていたのかもしれないですね。ソーシャルディスタンスを先取りしてました(笑)。

真面目な性格で、意識して“狂人”に

――切ないですね……。デビューから1年ほどで「そんなの関係ねぇ!」が大ヒットした2007年頃のことは、どんな風に記憶していますか?

小島 寝坊癖のせいで単位が取れず大学は2留しているんですけど、WAGEの仕事がだんだんと減っていき、事務所もクビになって、方向性の違いからグループも解散。大学卒業のタイミングですべてを失ったんですよね。卒業しても先行きが見えず、しんどかった。

 知り合いのツテでサンミュージックに所属して、ピン芸人になってから「そんなの関係ねぇ!」のネタをやりだした頃、テレビのオーディションにも受かるようになりました。それがブレイクにつながってからは、本当に忙しかったです。あの頃は「狂人になろう」と思って、かなり異常な生活を送っていた。自分で言うのも恥ずかしいんですけど、もともと真面目な性格なので意識して狂人にならないと自分を変えられないと思っていたんです。たとえば、先輩の誘いは絶対に断らず、無茶ぶりにも全部対応する……みたいな毎日です。生活を変えるために家賃6万円の笹塚から、23万円の富ヶ谷に引っ越したり、芸能人がたくさん住んでいる中目黒に引っ越したりして、なかなか落ち着きませんでしたね。

「一発屋」「すぐ消える」に抗う日々

――狂人時代は、なかなかハードそうな日々ですね。

小島 ピーク時は仕事が詰め込まれていて、仕事が終わっても先輩に誘われたら必ず飲み会に顔を出して、ヘトヘトになって1日が終わる。ひとりになる時間も少なかったし、とにかく余裕がありませんでした。仕事もたくさんあって「そんなの関係ねぇ!」の着ボイスも売れて。

――最高年収ってどれくらいだったか聞いてもいいでしょうか。

小島 年収ってあんまりわかんないんですけど、月収の最高額が1200万円でした。

――ものすごいですね。

小島 今思えば、テレビの収録中も「笑いをとらなきゃ」ということに躍起になって、周りが全然見えていませんでした。自分さえ目立てればいい、という意識で仕事をしていたので空回ってばかりです。ブレイクしている時期でさえも「すぐに消える芸人」とか「一発屋」とか言われてしまって、その言葉に抗うためだけに頑張っていたような気がします。

単独ライブでウケなくなった危機感

――ブレイク後、子ども向けの仕事が増えていったきっかけを教えてください。

小島 大きなきっかけは、2008年頃から単独ライブでまったくウケなくなったことですね。仕事も減りはじめていて、僕と同じようにリズムネタで人気を集める新人も出てきて、このままではマズいと感じていました。裸をやめて服を着てみたり、次の方向性を模索していた頃に、先輩芸人の東京ダイナマイト・松田大輔さんが「子ども向けにネタやイベントをやってみたら?」とアドバイスしてくれたんです。

 さっそくやってみようと取りかかったはいいものの、それまで子ども向けのイベントをしたことがなかったし、周りにやっている芸人もいなかったので、試行錯誤の期間が5~6年続きましたね。舞台が暗転すると子どもが怖がって泣き出してしまったり、夜の時間帯だと誰も来てくれなかったり。時間はかかりましたけど、ビビる大木さんやさかなクンをはじめ、ネタを褒めてもらう機会が多かったので途中で諦めずに続けることができました。

レギュラー、露出が多ければ「幸せ」?

――小島さんは、東京メトロによる混雑時間帯前後の時差出勤・通学をPRする広告に「ピークを知る男」として登場していて、粋な人選だなあと。

小島 動画でも「揉みくちゃにされて、毎日大変でした」「あの時もあの時で幸せだったと思うんですけど、今のほうが幸せかなあ…」と答えているのですが、昔と今とでは「幸せ」の基準が変わったように思います。昔は、テレビの露出量、レギュラー番組の本数など、仕事量が多ければ幸せだと思っていましたが、今は仕事だけじゃなくて「休みの日も大切にしたい」と考えるようになりました。時には長めの休みをとって奥さんと旅行をしたり。まあ、そう考えるようになったのは結婚してからですね。

「ピークを知る男」の反響も大きくて、ダンディ(坂野)さんとは、撮影は別々の時間帯だったんですけど、「若くてハンサムね。」とツイートしてくれていました(笑)。LINEでも「あれ良かったよ」と感想を送ってくれて、僕の仕事をよく見てくれているんですよね。本当にダンディな先輩です。

 ただ、ひとつ不思議なことがあって……。ダンディさんは歌がお好きなので、これからYouTubeチャンネルを開設する予定で、この自粛期間中に打ち込みを教わって自作の曲をつくったそうなんですよね。その歌が、なぜか僕のことをテーマにした「そんなの関係ねぇ!」というフレーズが出てくる歌らしいです。

あわせて読みたい

「お笑い芸人」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    韓国の国際法無視 強行なら好機

    木走正水(きばしりまさみず)

  2. 2

    河野大臣が表情変えた記者の質問

    BLOGOS しらべる部

  3. 3

    レバノン爆発 ゴーン氏の家破壊

    ABEMA TIMES

  4. 4

    吉村府知事の提案は試す価値アリ

    青山まさゆき

  5. 5

    春馬さん「結局カネ」家族に悩み

    文春オンライン

  6. 6

    大阪うがい薬推奨に医師らは呆れ

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    バナナ食べる少女の広告Audi謝罪

    BBCニュース

  8. 8

    玉木氏に横柄? 枝野代表の狭量さ

    早川忠孝

  9. 9

    スタバと違い常連扱いないセブン

    内藤忍

  10. 10

    香港民主派の周庭氏に有罪判決

    ABEMA TIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。