記事

小島よしお 地道に生かせた「早大教育学部卒」と、裸になれない「YouTubeの難しさ」 「一発屋」ピン芸人の新しい生き方 #1 - 小島 よしお

1/2

 コロナ禍で、これまでの実績を存分に発揮していたのがピン芸人の小島よしおさん。自身のYouTubeチャンネル「小島よしおのおっぱっぴーチャンネル」で小学生向けの授業動画「おっぱっぴー小学校」を公開して、わかりやすい解説と、イラストあり、ダンスありのコンテンツが大きな話題を呼んでいる。早稲田大学教育学部卒の経歴を地道に生かす、小島さんの仕事術を聞いた。(全2回の1回目/#2へ続く)

【画像】インタビュー中、神妙な面持ちで話す小島よしお


小島よしおさん

きっかけは「無観客ライブ」の失敗

――小学生向けの授業動画をYouTubeでやってみようと思ったきっかけを教えてください。

小島 実は、知り合いの放送作家さんから「休校中に子どもたちの学力が落ちてしまうのを防ぎたい。授業動画を作ってみない?」という相談を受けたのがはじまりです。彼は僕が2011年くらいから子ども向けのイベントやライブをやっているのを知っていたので、声をかけてくれたようです。ぶっちゃけ、2015年からYouTubeチャンネル自体は開設していて、動画もいくつかアップしていたんですよ。

――実は5年前から。

小島 そうなんです。動画にも力を入れていたつもりなんですけど、いかんせん誰も見てくれなくて(笑)。つい最近までチャンネル登録者数は8000人前後で、再生回数が1けたの動画もありました。

 外出自粛の影響でイベントや営業の仕事は全部キャンセルになって、無観客のライブ配信にもトライしたんですけど、全然だめ。どうしたもんかな……と次の手を考えていたときに授業動画の相談をもらったので、「時間もあるしやってみようかな」と軽い気持ちでスタートしました。もし無観客ライブが成功していたら「おっぱっぴー小学校」は開校しなかったかもしれないです(笑)。

チャンネル登録者数は10倍の8万人に

――今では、チャンネル登録者数も8万人を超えてますよね。

小島 以前のほぼ10倍ですよ! 今まで動画をあげてもコメントすらつかなかったから、すごくうれしいです(笑)。

――ちなみに、YouTubeの動画はどんな流れで作っているんですか?

小島 「おっぱっぴー小学校」は、ひとつのチームで作っています。メンバーは4人で、放送作家さん2人と、監修に入ってもらっている進学個別桜学舎の担当者の人と僕です。まず作家さんが作ってくれた台本をもとに、僕がひとりで動画を撮影します。

 撮影したものは、その都度チームの人たちに見てもらって「ここの表現が伝わりにくい」「この部分は変えたほうがいい」と、色々な指摘を反映しながら、自分でも言い回しを調整して修正します。1本動画ができたら、知り合いのディレクターさんにサムネイルを作ってもらって動画をYouTubeにアップするという流れです。

動画は「1本10分以内」ルール

――子どもにちゃんと伝わるように、特に意識して気を付けていることはありますか?

小島 やっぱり言葉選びですね。誕生日やケーキなど、子どもたちに身近な言葉で説明するように心がけています。ひとりで作っていると子どもに伝わりにくい表現を見落としがちかもしれないですけど、作家さんにはお子さんがいるし、桜学舎さんは教えるプロなので信頼してます。あと、動画は「1本10分以内」というルールを決めていて、撮影はノンストップで進めてほとんど編集もしません。動画が10分を超えてしまった場合は、ひとつのテーマを2本に分けることもありますね。

――なぜ10分なんですか?

小島 動画が長いと、1本に内容を詰め込みすぎてしまうんです。授業が広がりすぎると子どもたちが混乱しちゃうかもしれない……というか、教えている僕自身がこんがらがっちゃうので、10分は僕の集中力が続くぎりぎりの時間です(笑)。

早稲田で教員免許は目指さなかった

――小島さん自身、子どもの頃は勉強好きでしたか?

小島 小中学校時代はわりと勉強ができるほうで、一夜漬けでテスト範囲の勉強をこなせばそれなりに乗り切れる、みたいな感じでした。中学と高校は野球一筋で、勉強は高校生くらいから嫌いになっちゃったかな。高校時代、3年で6回、好きな子に告白したんですけど、毎回フラれました(苦笑)。あだち充先生の『タッチ』が大好きで、主人公の上杉達也と同じセリフで告白したこともあって……。文化祭でネタをやって笑いを取ったりして、人気があるほうだったとは思いますが、僕を好きになる女の子はいなかった気がしますね。

――高校卒業後、1浪して早稲田大学教育学部に進学したのは、先生を目指していたからなんですか?

小島 いえ、教員免許をとることを目指していたわけではないんですよ。高校を卒業する頃にはお笑い芸人になりたくて、高校3年で芸能事務所のオーディションを受けていたんです。まったく歯が立たず、親の反対もあって大学に進学する道を選びまして。

 それで、大学に入ってすぐにお笑いサークルの「WAGE」で活動をはじめました。だから教育実習もやっていなくて。教職の授業も取ってはいたんですけど、6限が多かったからコントの練習と重なることも多くて、出席的にも足りませんでした。一瞬、「小学校の先生になりたいな」って言っていることもありましたけど。

あわせて読みたい

「YouTube」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    李登輝氏の死去に冷淡な日本政府

    WEDGE Infinity

  2. 2

    イソジン会見 同席医師に違和感

    三田次郎

  3. 3

    コロナ致死率は世界的に低下か

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    NYの前例 GoToは全く良策でない

    ABEMA TIMES

  5. 5

    コンビニ業界はセブンとそれ以外

    内藤忍

  6. 6

    YouTube 投稿者乱立で激戦の場に

    後藤文俊

  7. 7

    江の島エリア 海に最多の人出か

    島村優

  8. 8

    消費税率戻さねば辻褄合わぬ政府

    自由人

  9. 9

    ネット授業続けるなら学費免除を

    NEWSポストセブン

  10. 10

    半沢直樹 青臭いコンビの絶妙さ

    マイナビニュース

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。