記事

原油先物が2%高、IEAが需要予測引き上げ


[ニューヨーク 10日 ロイター] - 米国時間の原油先物価格は約2%上昇した。国際エネルギー機関(IEA)は今年の石油需要見通しを引き上げたが、米国の新型コロナウイルス感染拡大が燃料需要の早期回復期待の重しになった。

またベーカー・ヒューズの発表によると、米国内の石油・天然ガス掘削リグ稼働数が10週連続で最低水準を更新し、これも支援材料になった。

清算値は北海ブレント先物<LCOc1>が0.89ドル(2%)高の1バレル=43.24ドル。米WTI先物<CLc1>は0.93ドル(2.4%)高の40.55ドル。

週間ではWTIがほぼ変わらず、北海ブレントは約1%高だった。

IEAは10日、2020年の石油需要見通しを日量9210万バレルとし、先月時点から同40万バレル引き上げた。第2・四半期の需要が予想ほど落ち込まなかったためという。

トピックス

ランキング

  1. 1

    入店拒否めぐる堀江氏SNSに疑問

    かさこ

  2. 2

    「TENET」は観客に不親切な映画

    fujipon

  3. 3

    音に無頓着な人とWeb会議は苦痛

    佐々木康彦 / ITmedia オルタナティブ・ブログ

  4. 4

    Amazonの防犯用ドローンは問題作

    後藤文俊

  5. 5

    中曽根氏葬儀に約1億円は違和感

    早川忠孝

  6. 6

    大阪都構想の必要性を橋下氏指摘

    橋下徹

  7. 7

    日本は中国の覇権主義に向き合え

    赤池 まさあき

  8. 8

    よしのり氏 マスク巡る矛盾指摘

    小林よしのり

  9. 9

    官僚がデジタル改革を進める矛盾

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  10. 10

    いつか撮られる…瀬戸大也の評価

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。