記事

採用のプロがこっそり教える「Zoom面接で好印象を与える5つのワザ」

1/2

「買い手市場」の中で17.5万人の追加採用を発表したアマゾン

つい最近まで、新卒採用は「超売り手市場」と言われていましたが、新型コロナウイルスの影響により、急激に買い手市場へと移っています。要するに、採用を中止・延期する企業が増え、学生が就職しづらくなっているのです。

オンライン面接。オンライン会議。オンライン ビジネス。
※写真はイメージです - 写真=iStock.com/ijeab

実際に現在、首都圏の中小企業の51.8%が採用活動を中止または延期しています。一見、今年の就活生は可哀想にすら思えてしまいますが、少し発想を変えると悪いことばかりではありません。

例えばこの市況の中で、突然なじみ深いものになったオンライン会議ツール「Zoom」は、ユーザー数が1000万人から2億人に急増しました。すると、Zoomを提供する企業は人手が必要になり、採用を強化します。米アマゾンも3月以降に17.5万人の追加採用を発表しました。

このように、コロナの影響の中で採用を強化する業界と、採用を縮小する業界が明確に分かれ、今後成長していく企業が今までより分かりやすくなっているというメリットがあります。しかし、そういった企業は当然就活生の間で人気を集めるため、競争は激しくなります。

採用活動では、新卒・中途問わずオンライン面接が主流になりつつあります。コロナで変わる就活市場では、どんな人材が求められるのでしょうか。

アフターコロナで勝ち残る人材の本質

AIやロボットなどの技術進歩で仕事を奪われる人が出てくるというのは、コロナの前から言われていた傾向ですが、それがコロナの影響でより加速しました。その結果、日本の失業者は176万人にも上り、アメリカの4月の失業率は14.7%と戦後最悪の数値となりました。

今まで、日本では面接などで「素直・明るい・元気」という三拍子揃った、フレッシュな就活生が好まれる傾向にありました。もちろん、このような人材は働く環境にとても良いエネルギーをもたらし、会社を活気づけてくれるでしょう。

ただし、先ほどのような現状を考えあわせると、「明るく元気で素直」だとしても、任された単純作業をこなすような人材では、これからの社会で生き残っていけないのです。

これから求められるのは、どんな困難な環境でも「創造」と「変革」ができる「サバイバル人材」です。このように書くと新しく求められるようになった人材かのように見えてしまいますが、実際はそうではありません。オンラインが主流の時代でも、勝ち残っていく人材の本質は、今までの就活で強かった人と何ら変わりないのです。

オンライン化でも変わらない、就活に強い人の4つの共通点

採用担当者は就活生を大きく4つの視点で見ていると考えています。

1つ目は、「成果をあげられる人材か」。つまり入社後に活躍するイメージが湧くかどうかです。これは採用担当者が学生を見る重要な観点でもあるため、エントリーシートの記述はもちろん、面接で話す際には相手に活躍イメージを想起させるように意識して、心からの志望動機を言語化する必要があります。

2つ目は、「戦力と定着」です。要するに人間性が良く能力があるかに加えて、企業への共感性が高く、長く働いてくれそうかどうかという視点です。就職活動で企業を見る際にはどの企業も良いところと悪いところがあると思います。完璧な企業は絶対にありません。そのときに自分が「変わりやすいところ」に共感しているか「変わりにくいところ」に共感しているのかを見極めることが大切です。

例えば「変わりやすい」のは上司や給料などで、「変わりにくい」のは企業理念や社風などです。会社のイメージを左右してしまうことではありますが「人事の人が優しかったから」など、変わりやすいものへの共感で入社先を決めてしてしまうと離職率が高まってしまう場合があります。大切なのは「変わりにくいところ」への共感です。これが定着率を大きく左右します。

3つ目は、「なぜ自分を採用すべきかを論理的に説明できるか」です。これには自己分析に加えて深い会社理解が必要になります。例えば受けている企業のホームページがイマイチだったとき、自分がデザイン能力に長けたプログラマーだったら、「だから私を御社は採用すべきです」と説明できるかもしれません。会社もこれから何十年も給料を払い続ける相手を選ぶわけですから、採用することに納得できる理由が必要なのです。

4つ目は、「過去の実績・現在の行動・未来への意欲」に一貫性が見られるかどうかです。これは大学で選んだ学部の専門性を生かした方が良い、というのではありません。例えば、「インターンをしていた営業の会社で、押し売り感が出てしまうことに課題を感じていました。今は本などで独学する傍ら、関連するオンラインセミナーにも参加しています。将来的には、押し売りではなくサービスの魅力を最大限に伝えるスタイルで、営業トップになりたいです」といったように、過去の経験から自分が将来なりたい像が明確に描けているかが重要になります。

この4つの視点は頭で理解することはできても、実際に働いてみないと正確にイメージすることは難しいでしょう。そのため、インターンやアルバイトの選び方も「どれだけ実践経験を積むことができるか」という視点を持って見直す必要があります。

オンライン面接で好印象を与える5つのテクニック

一方で、面接はオフラインからオンラインになり、ルールが変わったことは確かです。ここからは、新卒・中途問わずオンライン面接で好印象を与える5つのテクニックを紹介します。

  • ①視覚のインパクト

背景に映る部屋の様子はきれいか、服装は清潔感があるか、画面に映る顔の大きさは適切かを事前に必ず確認しましょう。何事もまずは基本からです。

  • ②資料の出来栄え

オンライン採用では、どうしても対面よりも印象を残しづらい面があるため事前の提出物や、自己PRの資料などの作り込みには絶対に手を抜いてはいけません。提出しなければならないという意識ではなく、サプライズな内容を込めて相手を喜ばせるためのものと考えて取り組むと、より印象的なものに仕上がるはずです。

  • ③反応の大きさ

オンラインでは、相手のリアクションが伝わりづらい傾向にあります。どんな人でも相手に話すとき、相槌や表情の変化がないと話しづらい人だ、という印象を受けてしまいます。そのため、オンラインでは少し大げさにリアクションするくらいの意識で、面接を受けましょう。

  • ④論理の妥当性

①~③ができたとしても、やはり話に一貫した筋が通っていなければ採用されることはありません。これはオフラインでもオンラインでも大きくは変わらないですが、言語情報が残す印象がより大きいオンラインでの就職活動では論理的かどうかがより問われます。

  • ⑤感謝の伝達

オンラインで関係性が希薄になる中で、選考中の会社への手紙やお礼のメッセージを送ることは好印象に映ります。媚びるような印象を与えるのではないかと抵抗がある学生もいるようですが、デキるビジネスパーソンは取引相手の誕生日や担当企業の創業日などの記念日があるごとに手紙を書くなどのマメさを持ち合わせています。社会人になってから活躍するためにも、その練習を就活段階から始めることをオススメします。

あわせて読みたい

「就職活動」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    韓国の国際法無視 強行なら好機

    木走正水(きばしりまさみず)

  2. 2

    河野大臣が表情変えた記者の質問

    BLOGOS しらべる部

  3. 3

    レバノン爆発 ゴーン氏の家破壊

    ABEMA TIMES

  4. 4

    吉村府知事の提案は試す価値アリ

    青山まさゆき

  5. 5

    春馬さん「結局カネ」家族に悩み

    文春オンライン

  6. 6

    大阪うがい薬推奨に医師らは呆れ

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    玉木氏に横柄? 枝野代表の狭量さ

    早川忠孝

  8. 8

    バナナ食べる少女の広告Audi謝罪

    BBCニュース

  9. 9

    スタバと違い常連扱いないセブン

    内藤忍

  10. 10

    香港民主派の周庭氏に有罪判決

    ABEMA TIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。