記事

河井夫妻裁判の注目すべきポイントの一つは、検察側の冒頭陳述。その内容如何で永田町に激震が走る

検察当局に対する国民の現時点での評価が定まるのは、河井夫妻に関わる公職選挙法違反(買収)裁判の今後の展開次第ではないかと思っている。

検察の威信を取り戻す絶好のチャンスではあるが、悪くすると検察に対する国民の不信を増幅することになりかねない。

多分、検察は現時点における検察の最高のエースを持ってくるはずだが、当面注目すべきなのは第一回の公判期日における検察側の冒頭陳述である。

冒頭陳述で、検察側が河井夫妻の公職選挙法違反(買収)事件の公判廷で何を立証しようとするのかの大要が明らかになる。

起訴状をなぞった程度の簡単な冒頭陳述か、それとも本件事件の背景事情にまで踏み込んだ相当に詳細な冒頭陳述かで、検察当局の意気込みがどの程度のものか明らかになる。

公判担当検事の腕の見せ所であるが、この事件の冒頭陳述には相当神経を使うだろうと思っている。

政治方面にあれこれ気を遣ってしまうと、およそ国民の期待とは乖離した中途半端な冒頭陳述になってしまうだろうから、ここは検察の威信を賭けた立派な冒頭陳述をしてもらいたいものである。

冒頭陳述の内容如何では、永田町に激震が走ることになる可能性もある。

さて、どういう展開になるだろうか。

あわせて読みたい

「河井克行」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    山手線 中国・韓国語表示消えた?

    BLOGOS しらべる部

  2. 2

    ウイルス変異も「運がいい」日本

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    お嬢様迷惑ツアーに島が自粛要請

    SmartFLASH

  4. 4

    山下智久 JKモデルとホテル宿泊?

    文春オンライン

  5. 5

    菅氏、朝日新聞の抗議内容を否定

    BLOGOS しらべる部

  6. 6

    韓国の反日は日本にとって好機

    PRESIDENT Online

  7. 7

    文大統領の側近が一斉に辞意表明

    ABEMA TIMES

  8. 8

    第2波よりも怖い米国企業の破綻

    長谷川高

  9. 9

    コロナ死者の多くは平均寿命近く

    名月論

  10. 10

    GoTo混乱収めるのはトップの仕事

    わたなべ美樹

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。