記事

原油先物下落、週間でも下落へ コロナ感染再拡大で需要回復に懸念


[東京 10日 ロイター] - 原油先物価格は急落した前日からさらに下げ幅を拡大、週間ベースでも下落を記録する見通しだ。米国など世界各地で新型コロナウイルスの感染者が急増する中、ロックダウン(都市封鎖)の再導入で燃料需要が抑えられるとの懸念が重しとなっている。

0114GMT(日本時間午前10時14分)時点で、北海ブレント先物<LCOc1>は0.07ドル(0.2%)安の1バレル=42.28ドル。前日は2%超下げていた。

米WTI先物<CLc1>は0.13ドル(0.3%)安の1バレル=39.49ドル。前日は3%下げていた。

このまま推移すると、週間ではブレントは1%超、米WTIは3%近く下げる見通し。

多くのアナリストは、新型コロナで打撃を受けた経済も燃料需要も回復すると見込んでいるものの、世界最大の石油消費国である米国で今週に1日当たりの新規感染者が過去最多を記録したことで、回復ペースに懸念が生じている。

原油在庫の増加も懸念材料。米エネルギー省情報局(EIA)が8日発表した週間石油在庫統計によると、3日までの週の原油在庫は約600万バレル増と、アナリストの減少予想(310万バレル減)に反して増加した。

トピックス

ランキング

  1. 1

    韓国語だけ水有料表記 会社謝罪

    BLOGOS しらべる部

  2. 2

    病床使用100%超も「4月と違う」

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    枝野氏詭弁は安倍首相と変わらず

    田中龍作

  4. 4

    「土下座像」に韓国政府も不快感

    NEWSポストセブン

  5. 5

    インバウンド復活は2~3年必要か

    Chikirin

  6. 6

    支離滅裂な安倍政権に高まる不信

    NEWSポストセブン

  7. 7

    2週間後危機の予想 なぜ外れるか

    永江一石

  8. 8

    コロナが変える常識 消える外食

    ヒロ

  9. 9

    風俗勤務の女学生 コロナで苦悩

    NEWSポストセブン

  10. 10

    暴力団がアクリル板嫌う訳を吐露

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。