記事

おまわりさん弱体化 体力不足、人見知りで職質苦手な新人も

強ければいいというものでもないが…(時事通信フォト)

 5月下旬から米国で拡大した抗議運動は、白人警官が黒人男性を押さえつけ死亡させる事件が発端だったが、日本では「おまわりさんの弱体化」が深刻化しているという。

「若い警官の体力不足は深刻です。職務質問中に逃げた男を20代の新人に追跡させたら、メタボ体型で全然走れず逃げられた」(50代巡査部長)

「30代前半の部下が窃盗の被疑者を確保する際に刃物で抵抗され、先輩警官を盾に顔面蒼白で逃げまわった」(40代巡査長)

 背景の一つに採用基準の緩和があるという。人員確保のため全国の8割以上の警察本部で受験資格から身長・体重の規定を撤廃、年齢制限の緩和が行なわれているのだ。元兵庫県警刑事の飛松五男氏がいう。

「私の若い頃は“体を作れ”と厳しく言われたが、最近は厳しい指導がパワハラと言われかねない。チンピラに怒鳴られて竦む若い警察官もいる」

 メンタル面も心許ない。

「“人見知りで職質が苦手”という新人もいる。職質時も逆切れされると“どうもすみません”と謝ってしまうのだから情けない」(40代警部補)

 元神奈川県警刑事の小川泰平氏がいう。

「防犯カメラやスマホ、SNSの発達でコミュニケーション能力が要らない捜査が増えたのは事実。“安定の公務員になりたかっただけ”という若者も多くなっている」

“相手を傷つけずに確保”が日本式。

「取り締まりや検挙時に少しでも手荒な言動があれば広聴(苦情申し立て)が入り、処分されることもある。定年まで問題を起こさないのが組織にとって“良い警察官”である以上、若手が大人しくなってしまうのは仕方のない面もある」(50代警部)

“優しいおまわりさん”が増えたのは、日本が平和な証ともいえるだろう。

※週刊ポスト2020年7月24日号

あわせて読みたい

「警察」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    開成退学処分 謎呼ぶ替え玉騒動

    NEWSポストセブン

  2. 2

    大相撲で謎の手拍子に「不快感」

    WEDGE Infinity

  3. 3

    竹内結子さん 抱えていた悩みは

    渡邉裕二

  4. 4

    竹内結子さん訃報への憶測を軽蔑

    常見陽平

  5. 5

    女性は嘘つく発言否定も残る疑問

    猪野 亨

  6. 6

    16歳孫娘殺した86歳祖父の動機は

    文春オンライン

  7. 7

    賃金増えぬ労働者は経営者に怒れ

    川北英隆

  8. 8

    児嶋一哉 台本通り演技で大人気

    女性自身

  9. 9

    福島氏の過激な菅政権批判に疑問

    鈴木宗男

  10. 10

    旧ソ連2国が衝突 多数の死者発生

    BBCニュース

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。