記事

米国務省、日本に105機のF35売却承認 総額2.5兆円


[ワシントン 9日 ロイター] - 米国務省は9日、ロッキード・マーチン<LMT.N>製最新鋭ステルス戦闘機「F35」105機の日本への売却を承認したと発表した。売却総額は推定230億ドル(約2兆5000億円)。

売却されるのは空軍仕様の「F35A」63機、海兵隊仕様の短距離離陸・垂直着陸機「F35B」42機のほか、プラット・アンド・ホイットニー<RTX.N>製エンジン「F135」など関連機器。

同省は「日本が強固で効果的な自衛力を構築・維持するのを支援することは米国の国益にとり不可欠だ」とした上で、F35の売却は地域の軍事的バランスを変えるものではないとした。

トピックス

ランキング

  1. 1

    入店拒否めぐる堀江氏SNSに疑問

    かさこ

  2. 2

    中曽根氏葬儀に約1億円は違和感

    早川忠孝

  3. 3

    音に無頓着な人とWeb会議は苦痛

    佐々木康彦 / ITmedia オルタナティブ・ブログ

  4. 4

    「TENET」は観客に不親切な映画

    fujipon

  5. 5

    いつか撮られる…瀬戸大也の評価

    文春オンライン

  6. 6

    Amazonの防犯用ドローンは問題作

    後藤文俊

  7. 7

    感染増も医師「安心材料増えた」

    中村ゆきつぐ

  8. 8

    児嶋一哉 台本通り演技で大人気

    女性自身

  9. 9

    よしのり氏 マスク巡る矛盾指摘

    小林よしのり

  10. 10

    官僚がデジタル改革を進める矛盾

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。