記事

日本のサブカルチャーとイタリアワインは素晴らしいガラパゴス

1/2

日本の漫画やアニメやゲームはガラパゴスなのか? - 狐の王国
 
少し前、twitter上で「日本のアニメ・ゲーム文化はガラパゴス(だから良い/悪い)」といった言い合いのようなものを見かけた。これについて、上掲リンク先のこしあんさんは、「日本の漫画やアニメはガラパゴスとは言えない。なぜなら20世紀の段階から海外に輸出され、人気を獲得しているからだ。もし(批判的な意味で)ガラパゴスだというなら、制作体制や投資やマネジメントのお粗末にある」といったことを述べている。
 
一連の話を読んで、私は「いやいや、やっぱり日本のアニメ・ゲーム文化は(肯定的な意味で)ガラパゴスでしょ」という思いを強めた。日本のサブカルチャーの作品は海外に輸出されて一部のマニアを熱狂させるだけでなく、子どもや、現在では大人までをも魅了しているし、海外のクリエイターにまで影響を与えている。そういう意味では、もう、グローバルに流通し消費されている作品と言って差し支えないだろう。
 
しかし、グローバルに流通し消費されているからといって、それは純粋にグローバルな作品だと言ってしまえるものだろうか。
 
たとえば寿司や豆腐や醤油はすっかりグローバルな食べ物になっていて、海外でも作られていたりする。とはいえ、流通はグローバルでもそれらを育んだのはローカルな日本文化圏だ。そして海外で作られたり模倣されたりしている寿司や豆腐や醤油は一部に過ぎなくて、日本国内から出ていかない・出ていけない寿司や豆腐や醤油もたくさんある。
 
アニメやゲームだって同じだ。任天堂のような素晴らしい企業に後押しされ、どんどん世界じゅうで愛されているポケットモンスターやゼルダの伝説のような作品があるのと並行して、「小説家になろう」由来の深夜アニメのように、海外ではあまり知られていないし海外の視聴者のほうを向いてもいない作品もたくさんある。そして新海誠の作品のように、どう考えても日本の視聴者のほうを向いていたはずなのに、やがて海外に知られ、だんだん売れていく作品もある。
 
こうした、「一部の目立った作品や強力な後ろ盾を得た作品がグローバルに流通し消費される一方で、それよりずっと多くの国内向けの作品が作られ、なかには新海誠作品のようにときどき新しい作品が海外の人々の目に留まる」みたいな状況に、私は文化のガラパゴスをみずにいられない。繰り返すが、ここでいうガラパゴスとは、肯定的な意味のガラパゴスである。

グローバルなトレンドに染まっていない国内市場で盛んに作品が生み出され、その一部が海外に羽ばたいていくというガラパゴスな構図を、私は頼もしいことだと思う。このことを考える際、私はイタリアワインのことを思い出さずにいられなくなるので、以下、「国内市場のほうを向いた作品がたくさんつくられ、一部が海外にも評価されるガラパゴス」の一例としてイタリアワインにも触れてみる。

イタリアワインは素晴らしいガラパゴス

ワインを作っている国のなかで、イタリアのワインはいつも異彩を放っている。

少なくない国がフランスワインやカリフォルニアワインをお手本とし、グローバルなぶどう品種であるカベルネソーヴィニヨンやメルローやシャルドネを植えてワインを作っているなかで、イタリアはグローバルを意識していない独特なワインをたくさん作っていて、イタリアワインじたい、ひとつの世界をつくっている。

だからフランスワインやカリフォルニアワインに慣れた人でも、イタリアワインを飲んだ時に「なにこれ?」と戸惑うことはあるし、グローバルなワイン品種の尺度からみれば薄っぺらいワインやしようもないワインがたくさんあるようにみえるだろう。
 
グローバル寄りのワインだけでも数えきれない品があるわけだから、イタリアワインをあまり評価しない人も多いし、「ワインは好きだけどイタリアワインは無視」という人も多い。
 
そのかわり、イタリアワインには絶対にイタリアにしか存在しないワインや、どうにもイタリアとしかいいようのないワインがたくさんある。もともとイタリアには数えきれないほどのぶどう品種が存在していて、それらのぶどう品種を使った地ワインがそこらじゅうに存在している。もちろんローカルな地ワインの大半は、フランスやカリフォルニアの有名ワインと肩を並べるプロダクツだとは言えない。素朴だったり、チープだったり、グローバルなトレンドを逸脱していたりする。以下に貼り付けたワインは、私はイタリアの良い地ワインだと思うけれども、グローバルなトレンドとはちょっと違う。
 
クズマーノ インソリア シチリア

パオロ・スカヴィーノ ドルチェット ピエモンテ

チレッリ チェラスオーロ アブルッツォ

でも、それがイタリアワインのたまらないところだ。フランスワインやカリフォルニアワインは、幸か不幸かグローバルなワインの基準となってしまった*1。対してイタリアワインはグローバルなワインの基準とはズレたワインを、国内向けにたくさん作っている。なかにはフランスワインやカリフォルニアワインの影響を受け、グローバルな味覚のトレンドにモディファイされている品もあるけれども、そういった品も含めて、土着のぶどう品種を地元に植え、地産地消する独自世界をけっして失わない。

あわせて読みたい

「サブカルチャー」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    河井氏裁判の修羅場 秘書は号泣

    文春オンライン

  2. 2

    貧困率15% 新興国水準に近い日本

    六辻彰二/MUTSUJI Shoji

  3. 3

    中国で男女比ごまかす統計改竄か

    団藤保晴

  4. 4

    韓国政府が恐れる菅首相の倍返し

    文春オンライン

  5. 5

    略称2党が民主 プライド疑う指摘

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  6. 6

    アルコール依存症巡る報道に苦言

    藤田孝典

  7. 7

    「河野大臣は常識ない」に違和感

    早川忠孝

  8. 8

    米国民の本音「トランプ氏勝利」

    WEDGE Infinity

  9. 9

    菅首相の沖縄への態度にドン引き

    文春オンライン

  10. 10

    孤独死は30代・40代の男性に多い

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。