記事

安倍総理が向き合わなければならないのは、河井克行氏の法相任命責任だけではない

逃げちゃあ駄目ですよ、とあえて申し上げておく。

まあ、安倍総理周辺の方々はなんとかこの事件を矮小化しようとあれこれ工作するだろうが、今度は世論が許さないはずだと思っている。

河井克行衆議院議員を法務大臣に任命したことが遺憾だった、などと反省の弁らしいことを記者会見の場で述べられたようだが、明らかにポイントがずれている。

どこまで意図していたか、それともまったく知らなかったかはさておき、安倍総理や官邸、さらには自民党執行部が、河井克行、河井案里夫妻の全体として違法と言わざるを得ない選挙運動に結果的に加担していた、という事実は決して等閑視すべきではない。

安倍総理は、官邸で河井克行衆議院議員と二人だけで何度も密談を重ねていた、と報じられている。

安倍総理の秘書が河井克行衆議院議員に帯同して地元の首長や地元議員の下を訪問し、河井案里候補者に対する支援要請を繰り返していた、という報道もある。

河井案里候補の選対本部長を務められた町会議員の方は、河井克行衆議院議員から「安倍総理からです」と言われて現金を受領し、返すに返せないままずっと持っていた、とも供述されているようだ。

自民党の党本部から河井夫妻が代表を務めているそれぞれの選挙区支部に7500万円もの資金が送金されていることは明らかである。

もう一人の自民党の公認候補者である現職の参議院議員である溝手顕正氏の選挙区支部には自民党本部から送金されたのは1500万円だそうだから、自民党の総裁である安倍総理や自民党の幹事長の指示がなければ、こういう偏頗な取り扱いは絶対に出来なかったはずである。

これだけでも、安倍総理が河井夫妻の選挙運動に深く関わっていた事実は否定出来ないはずである。

安倍総理は、河井克行衆議院議員を法務大臣に任命したことについて遺憾の意を表明することで自分に火の粉が掛かってくるのを何とか回避しようとされているようだが、私は、ちょっと無理な話だろうと思っている。
マスコミの皆さんが実際にどこまで追及するのか分からないが、私の見立てでは、さすがの安倍総理も今度は逃げ切れないのではないか、と思っている。

少なくとも、河井夫妻の裁判が終わるまでは、逃げられないはずである。

あわせて読みたい

「安倍晋三」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。