記事

IMF、低所得国向け融資プログラムを改善すべき=専務理事


[ワシントン 8日 ロイター] - 国際通貨基金(IMF)のゲオルギエワ専務理事は8日、IMFは新型コロナウイルス感染症のパンデミック(世界的大流行)を受け、72カ国に緊急資金を提供しているものの、低所得国向け融資プログラムを改善する必要があるとの見解を示した。

専務理事はオンライン会議で、ファンダメンタルズが強固な新興国は2020年1─6月に1240億ドルの債券を発行したが、ファンダメンタルズが不十分な国は低コストで資本市場にアクセスすることができない状況だったと指摘。

先進国から低所得国にIMFの特別引出権(SDR)の一部を移譲するため、先進国と協力していると述べた。

専務理事は当初、加盟国に対し新たなSDRの発行を検討するよう促していたが、これに反対する米国などは1兆ドルに達しているIMFの融資財源を優先的に活用するよう求めている。

これを受け、IMF当局者らは先進国が低所得国に対し、SDRの一部を移譲あるいは貸し出しするシステムの構築に取り組んでいる。詳細は明らかになっていない。

トピックス

ランキング

  1. 1

    入店拒否めぐる堀江氏SNSに疑問

    かさこ

  2. 2

    いつか撮られる…瀬戸大也の評価

    文春オンライン

  3. 3

    枕営業NGが…少女に欲情し犯罪へ

    阿曽山大噴火

  4. 4

    菅政権攻勢 石破氏に出番あるか

    早川忠孝

  5. 5

    元TOKIO山口氏 異例の家宅捜索

    渡邉裕二

  6. 6

    JRの安全を脅かす強引な人事異動

    田中龍作

  7. 7

    山尾氏が比例1位 新立民へ配慮か

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  8. 8

    Amazonの防犯用ドローンは問題作

    後藤文俊

  9. 9

    大阪都構想の必要性を橋下氏指摘

    橋下徹

  10. 10

    なぜベーシックインカム論再燃か

    ヒロ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。