記事

日銀は相乗効果型追加緩和を実施

 日銀は9月18・19日の金融政策決定会合において追加の金融緩和策を発表した。市場では一部に期待感はあったものの、追加緩和があるとすれば展望レポートの発表にタイミングを合わせるため10月との見方も強かっただけに、サプライズともなった。これを受けて日経平均は9200円台を回復し、さらに外為市場では円が売られ、ドル円は79円近辺、ユーロ円も103円近辺と円安が進んだ。

 今回の追加緩和決定は全員一致。資産買入等の基金を70兆円程度から80兆円程度に10兆円程度増額する。増額の対象となるのは短期国債5兆円程度、長期国債5兆円程度。資産買い入れ増額は2013年12月末を目途に完了し、このうち短期国債は2013年6月末を目途に完了する。これにより2012年12月末、2013年6月末と2013年12月末の基金の規模はそれぞれ65兆円程度、75兆円程度、80兆円程度となる。

 長期国債の買入を確実に行うため、買入における下限金利(現在、年0.1%)を撤廃する。社債の買入についても同様とする。

 9月16日の私のコラム(牛熊ブログ、若き知)で、下記のようなコメントをしていた。

「今回のECBとFRBの追加緩和により、為替の動き次第にかかわらず、日銀も何らかの手を打った方が良いのかもしれない。民主党の代表選や自民党の総裁選も控えているが、総選挙を見据えて、日本の政治は当面機能停止に陥る懸念もあり、このためECBやFRBとともに、日銀も景気回復に向けての協調姿勢見せれば、市場はそれを好感しよう。また直接関係はないものの、10月にはIMFの年次総会が日本で開催されることで、日本の政策そのものにも注目が集まろう。そのための追加緩和というわけではないが、協調性も意識すれば、9月18日~19日の金融政策決定会合は良いタイミングとなるのかもしれない。これは実質的な効果はさておき、あくまでアナウンスメント効果を意識しての話ではあるが。ただし、日銀の白川総裁は円高是正のため「劇場型金融政策」を求める声に対し「サプライズは長続きしない」として否定的な姿勢を示しており、この意味では追加緩和の可能性はそれほど高いわけではない。 」

 意外にも白川総裁が否定したはずの、劇場型金融政策に結果としてなっている(たぶん会見でこれは否定されると思うが)。個人的には今回の日銀の追加緩和は期待していたが、予想としてはそれほど高くないかもしれないと思っていたのは、この総裁の「サプライズは長続きしない」との発言も意識したものであった。しかし、結果は予想以上に思い切った追加緩和を行ってきたといえる。

 また、本日19日の私のコラム(牛熊ブログ、若き知)では、下記のようなコメントをした。

 「9月18日、19日の日銀の金融政策決定会合でもし追加緩和が実施されれば(どうやら可能性は薄いようだが)、「相乗効果型金融政策」となることが期待される。ただし、考えられる追加の緩和手段は限られる。もし基金による国債買入を5兆円程度増額するには、下限金利の撤廃をもう少し長めの年限まで適用させるなり、買入国債の対象となる年限をさらに長期化する必要も出てくる。今回は7月に行ったように固定金利オペを減額し、その分を短国の買入に切り替えるのではないかとの見方もある。これは実質的な追加緩和ではないが、追加緩和と同様の効果をもたらすとして行えば、アナウンス効果は出るかもしれない。」

 追加緩和の可能性は実はそれほど薄いものではなかったようであった。今日、安住財務相は閣議後の会見で、同日まで行われる日銀の金融政策決定会合について、米国の量的緩和第3弾(QE3)はじめ先週以来の動きも含め、日本が何をすべきか、今すべきかどうか議論があると思うとの考えを示した(ロイター)。このあたりの発言内容を見ても、どうやら政府からも相乗効果型金融政策への期待はそれなりにあったものと予想される。このあたりも意識しての追加緩和の決定であったのかもしれない。今回の日銀の追加緩和は良い意味で予想を裏切られ、期待に沿った格好での追加緩和となったと思われる。たぶん10月に単独で行うよりも、今回の方がタイミングから見ても適切ではなかったかと個人的には思っている。それにしても、いろいろな意味においてかなり思い切った追加緩和であった。

あわせて読みたい

「金融政策」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    医師が語る現状「医療崩壊ない」

    名月論

  2. 2

    秋篠宮夫妻 公用車傷だらけの訳

    NEWSポストセブン

  3. 3

    昭和の悪習 忘年会が絶滅する日

    かさこ

  4. 4

    貯金がない…京都市を襲った悲劇

    PRESIDENT Online

  5. 5

    宗男氏 桜疑惑めぐる報道に苦言

    鈴木宗男

  6. 6

    医師 GoTo自粛要請は過剰な対応

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    感染増の原因はGoToだけではない

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  8. 8

    早慶はいずれ「慶應一人勝ち」に

    内藤忍

  9. 9

    在宅勤務でも都心に住むべき理由

    PRESIDENT Online

  10. 10

    官僚の働き方 仕事の質改善が先

    Chikirin

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。