記事

原油先物、強弱入り混じった材料でほぼ横ばい


[メルボルン 9日 ロイター] - 原油先物価格は9日のアジア市場でほぼ横ばい。米国のガソリン需要に回復の兆しがみられ、相場を支援している一方で、米国での新型コロナウイルスの感染拡大に伴い需要が減少するとの警戒感も強く、上値を抑えている。

0035GMT(日本時間午前9時35分)時点で米WTI先物<CLc1>は、1バレル=40.90ドルで横ばい。前日は0.7%上昇した。

ブレント先物<LCOc1>は0.03ドル高の43.32ドル。前日は0.5%高だった。

原油相場は、強弱入り混じった材料で今週に入り狭いレンジでの取引が続いている。ただ、40ドル台は維持している。

米エネルギー情報局(EIA)によると、米ガソリン在庫は先週、480万バレル減少し、アナリストの予想以上に減少した。需要は日量880万バレルに増加し、3月20日以来の高水準だった。

ただ、米国の一部の州では、新型コロナ感染者の急増で行動規制が再び導入されるとの観測が高まっており、原油需要の回復に水を差すとの懸念が広がっている。

トピックス

ランキング

  1. 1

    宗男氏 野党の新内閣批判に反論

    鈴木宗男

  2. 2

    枝野氏のデジタル化批判は的外れ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  3. 3

    半沢の元ネタ 大臣は前原誠司氏

    SmartFLASH

  4. 4

    靖国参拝は「韓国への迎合不要」

    深谷隆司

  5. 5

    「酷くなる」望月氏が菅政権危惧

    たかまつなな

  6. 6

    マスクで重症化予防説 医師解説

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    長官は民間に…平井IT大臣が吐露

    ABEMA TIMES

  8. 8

    サイゼでバイトする星付きシェフ

    PRESIDENT Online

  9. 9

    三原氏が厚労副大臣 衝撃の人事

    藤田孝典

  10. 10

    菅首相は本当に叩き上げ苦労人か

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。