記事

英政府、飲食店の需要喚起にキャンペーン 8月開始


[ロンドン 8日 ロイター] - 英政府は8日、新型コロナウイルスの打撃を受けた飲食業界の需要を喚起するため、6億2500万ドル規模の割り引きキャンペーンを発表した。

「Eat out to help out」という名称で8月に実施する。月曜から水曜日の間、レストランやカフェ、パブなどで飲食した人に1人当たり50%(最大10ポンド)値引きを行う。

期間中は何度でも使えるが、アルコールは対象外。週末だけでなく、平日も外食需要が増えることを期待する。

英国の飲食サービス業界は180万人が働いていたが、新型コロナの影響で多くの人が解雇された。

政府はまた、外食やテイクアウトの付加価値税(VAT)の税率を一時的に20%から5%に引き下げると発表した。

トピックス

ランキング

  1. 1

    GoToで客殺到 高級ホテル避けよ

    内藤忍

  2. 2

    小沢氏の「政権獲得」宣言に呆れ

    早川忠孝

  3. 3

    政権狙う? 連立動かぬ野党に疑問

    紙屋高雪

  4. 4

    「時代劇」半沢直樹を楽しむ方法

    大関暁夫

  5. 5

    エアロゾル警告を撤回「誤掲載」

    ロイター

  6. 6

    空気感染? 医師「今まで通りで」

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    枝野氏は共産党と組む覚悟が必要

    毒蝮三太夫

  8. 8

    貧乳OK巨乳NG 仏美術館で騒動に

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  9. 9

    貧困率15% 新興国水準に近い日本

    六辻彰二/MUTSUJI Shoji

  10. 10

    風俗に「堕ちる」女性たちの事情

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。