記事

英政府、飲食店の需要喚起にキャンペーン 8月開始


[ロンドン 8日 ロイター] - 英政府は8日、新型コロナウイルスの打撃を受けた飲食業界の需要を喚起するため、6億2500万ドル規模の割り引きキャンペーンを発表した。

「Eat out to help out」という名称で8月に実施する。月曜から水曜日の間、レストランやカフェ、パブなどで飲食した人に1人当たり50%(最大10ポンド)値引きを行う。

期間中は何度でも使えるが、アルコールは対象外。週末だけでなく、平日も外食需要が増えることを期待する。

英国の飲食サービス業界は180万人が働いていたが、新型コロナの影響で多くの人が解雇された。

政府はまた、外食やテイクアウトの付加価値税(VAT)の税率を一時的に20%から5%に引き下げると発表した。

トピックス

議論福島第一原発処理水の海洋放出は許容できるリスクか?

ランキング

  1. 1

    田原氏「菅首相は地雷を踏んだ」

    田原総一朗

  2. 2

    ひろゆき氏が日本の日付管理評価

    西村博之/ひろゆき

  3. 3

    北野武 死の「理由」憶測に持論

    NEWSポストセブン

  4. 4

    東京五輪中止の噂に組織委真っ青

    WEDGE Infinity

  5. 5

    ヒトの善意で生物が死滅する恐れ

    fujipon

  6. 6

    大阪都構想 橋下氏が悪目立ちか

    早川忠孝

  7. 7

    白昼堂々万引きも放置? 米の現状

    後藤文俊

  8. 8

    デジタル化の加速で高齢者に懸念

    船田元

  9. 9

    日本を利用し中国に媚売る文政権

    PRESIDENT Online

  10. 10

    岡村隆史の結婚でNHKは一安心?

    渡邉裕二

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。