記事

メキシコ大統領訪米で夕食会、自動車大手など一部CEOは欠席

[ワシントン 8日 ロイター] - 米ホワイトハウスは8日、メキシコのロペスオブラドール大統領を迎えて夕食会を開いたが、招待された財界関係者のうち自動車大手3社など一部の最高経営責任者(CEO)は出席を見合わせた。

欠席者の1人である米農業連合会のジッピー・デュバル会長は、新型コロナウイルス検査で陽性と判明したため出席を見合わせた。

52人のゲストを迎えた今回の夕食会は、新型コロナによるロックダウン(都市封鎖)が始まった3月以降にトランプ政権が主催した国家レベルのイベントとしては最も大規模となったが、国内では複数の州で新型コロナの新規感染者が過去最多を記録している。

夕食会前にホワイトハウスで行われたイベントのウェブ配信では、出席者が近い距離で座っている様子が確認でき、マスクを着用している人もほとんど見られない。夕食会の様子はメディアには公開されていない。

首都ワシントンでは現在、事業所や公共の場でのマスク着用が義務付けられ、50人を超える集会も禁止されている。

<自動車3社はCEO欠席>

フォード・モーター<F.N>のジム・ハケットCEO、ゼネラル・モーターズ(GM)<GM.N>のメアリー・バーラCEO、フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)<FCHA.MI>のマイク・マンリーCEOはいずれも夕食会への出席を見合わせた。

3社は北米自由貿易協定(NAFTA)に代わる新協定「USMCA(米国・メキシコ・カナダ協定)」の発効で恩恵を受ける見込みだ。

ホワイトハウスが公表した出席者一覧によると、フォードからは北米事業トップ、GMからはゼネラルカウンセルがそれぞれ出席した。FCA幹部の名前は一覧にはない。

このほか一覧には、インテル<INTC.O>のボブ・スワンCEO、ブラックストーン・グループ<BX.N>のスティーブン・シュワルツマンCEOらの名前が含まれている。

メキシコ側からは通信大手アメリカ・モビルを率いる富豪のカルロス・スリム氏などが出席した。

トピックス

ランキング

  1. 1

    GoToで客殺到 高級ホテル避けよ

    内藤忍

  2. 2

    小沢氏の「政権獲得」宣言に呆れ

    早川忠孝

  3. 3

    政権狙う? 連立動かぬ野党に疑問

    紙屋高雪

  4. 4

    「時代劇」半沢直樹を楽しむ方法

    大関暁夫

  5. 5

    エアロゾル警告を撤回「誤掲載」

    ロイター

  6. 6

    空気感染? 医師「今まで通りで」

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    貧困率15% 新興国水準に近い日本

    六辻彰二/MUTSUJI Shoji

  8. 8

    枝野氏は共産党と組む覚悟が必要

    毒蝮三太夫

  9. 9

    貧乳OK巨乳NG 仏美術館で騒動に

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  10. 10

    大量廃棄も…鰻の養殖技術進む

    ABEMA TIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。