記事

ソブリン債、ジャンク級が投資適格級初めて上回る見通し=フィッチ


[ロンドン 8日 ロイター] - フィッチ・レーティングスは8日、新型コロナウイルスの影響で、ここ半年間のソブリン格付け引き下げ件数が過去最高に達したと明らかにし、投機的(ジャンク)等級の国が今後、初めて投資適格級の国の数を上回る可能性があると指摘した。

フィッチは年初からの半年間で、26カ国を対象に32回格下げを行った。現在、118のソブリン格付けの3分の1以上の見通しが「ネガティブ」で、一段の格下げが見込まれる。

フィッチのアナリストは、ジャンク等級の一歩手前となる「BBBマイナス」の国で見通しが「ネガティブ」の国が5カ国あり、間もなく、ジャンク等級格付けの数が初めて投資適格級格付けの数を上回ると指摘した。

格付けがジャンク等級一歩手前で見通しがネガティブの国は、コロンビア、インド、モロッコ、ルーマニア、および、ウルグアイの5カ国。イタリアとメキシコの格付けもジャンク等級の一歩手前の「BBBマイナス」だが、見通しは「安定的」。

フィッチは、世界の財政赤字が今年9兆7000億ドルと、世界の国内総生産(GDP)比で約12%に達すると予想。債務は76兆ドルと、GDP比95%に膨れ上がり、2007─08年の世界金融危機前の水準(34兆ドル)から倍以上に拡大するとの見方を示した。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)

トピックス

ランキング

  1. 1

    感染増も医師「安心材料増えた」

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    入店拒否めぐる堀江氏SNSに疑問

    かさこ

  3. 3

    女優の竹内結子さんが死去 40歳

    ABEMA TIMES

  4. 4

    兼近 元NGT山口さんの件は大きい

    NEWSポストセブン

  5. 5

    児嶋一哉 台本通り演技で大人気

    女性自身

  6. 6

    中国から日系企業1700社が移転へ

    NEWSポストセブン

  7. 7

    未来を憂う若者が叩かれる社会

    たかまつなな

  8. 8

    いつか撮られる…瀬戸大也の評価

    文春オンライン

  9. 9

    竹内結子さん訃報への憶測を軽蔑

    常見陽平

  10. 10

    中曽根氏葬儀に約1億円は違和感

    早川忠孝

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。