記事

ファミリーマート株が買い気配、伊藤忠によるTOBを材料視

[東京 9日 ロイター] - 9日午前の東京株式市場で、ファミリーマート<8028.T>は買い気配。伊藤忠商事<8001.T>が8日、ファミマ株に対し公開買い付け(TOB)を行うと発表したことが材料視されている。1株2300円で、7月7日から直近1カ月間の終値単純平均値1908円に対し20.55%のプレミアムが付された水準。TOB価格を意識して買いが先行している。

買い付け代金は約5808億円。買い付け期間は7月9日から8月24日まで。ファミマ株は現在、伊藤忠が41.5%、完全子会社の伊藤忠リテールインベストメントが8.6%保有している。ファミマはTOBの結果、上場廃止となる見込み。

トピックス

ランキング

  1. 1

    枕営業NGが…少女に欲情し犯罪へ

    阿曽山大噴火

  2. 2

    山尾氏が比例1位 新立民へ配慮か

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  3. 3

    竹中氏「月7万円給付」は雑すぎ

    藤田孝典

  4. 4

    半沢人気支える? 目力メイクの技

    松田健次

  5. 5

    もう無関心?コロナに飽きる日本

    赤木智弘

  6. 6

    なぜベーシックインカム論再燃か

    ヒロ

  7. 7

    都構想 不都合は語らぬ説明会

    柳本顕

  8. 8

    「バカ発見器」Twitterの対処法

    御田寺圭

  9. 9

    茂木大臣の国連めぐる演説に苦言

    川北英隆

  10. 10

    トヨタ去る若手と年功序列の崩壊

    城繁幸

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。