記事

米地裁判事、ゴーン被告逃亡協力者の早期保釈に否定的見解


[8日 ロイター] - 日産自動車<7201.T>の前会長、カルロス・ゴーン被告の逃亡を手助けした米国人容疑者2人を巡り米マサチューセッツ州連邦地裁が8日に開いた審理で、判事は、早期の保釈を認める可能性は低いとの見解を示した。

日本政府は、マサチューセッツ州で5月に逮捕された米陸軍特殊部隊グリーンベレー元隊員マイケル・テイラー容疑者と息子のピーター・テイラー容疑者の身柄引き渡しを要請している。

インディラ・タルワニ判事は、テイラー親子の早期保釈請求は却下する「見込み」だとし、7月下旬に再審理すると述べた。

弁護側は逮捕状や身柄引き渡し要請に不備があると主張しているほか、拘束先のノーフォーク郡矯正センターでは収容者とスタッフのうち36人が新型コロナウイルス検査で陽性反応が出ており、マイケル容疑者は左肺の一部を摘出しているため、健康上のリスクが高いとしている。

ゴーン被告は保釈中の昨年12月、プライベート・ジェットで日本を不法出国しレバノンに入国した。レバノンと日本は犯罪人引き渡し条約を結んでいない。

米検察は7日、ゴーン被告が逃亡の2カ月前に、ピーター容疑者の関連会社に86万2500ドルを送金していたと主張した。

トピックス

議論福島第一原発処理水の海洋放出は許容できるリスクか?

ランキング

  1. 1

    田原氏「菅首相は地雷を踏んだ」

    田原総一朗

  2. 2

    ひろゆき氏が日本の日付管理評価

    西村博之/ひろゆき

  3. 3

    北野武 死の「理由」憶測に持論

    NEWSポストセブン

  4. 4

    東京五輪中止の噂に組織委真っ青

    WEDGE Infinity

  5. 5

    ヒトの善意で生物が死滅する恐れ

    fujipon

  6. 6

    白昼堂々万引きも放置? 米の現状

    後藤文俊

  7. 7

    デジタル化の加速で高齢者に懸念

    船田元

  8. 8

    岡村隆史の結婚でNHKは一安心?

    渡邉裕二

  9. 9

    大阪都構想 橋下氏が悪目立ちか

    早川忠孝

  10. 10

    大阪市なくなるのは嫌という心理

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。