記事

【ウーバー】、買い物代行・宅配サービスを開始!タクシーもオンデマンドで買い物代行?


■配車サービスのウーバー・テクノロジーズは7日、中南米やカナダで同社のアプリから食品等の宅配注文もできるようにしたことを発表した。ウーバーによる食品宅配サービスは今月中にも米国の一部都市でテストを行う。

ウーバーが昨年10月、チリのサンティアゴに拠点を置く、買い物代行サービスのコーナーショップを買収しており、同社のアプリから注文を行うことになる。

対象地域はブラジルの11都市、チリの4都市、コロンビア、ペルー、そしてカナダのモントリオールとトロントの計19都市となる。

今月下旬には米国内のフロリダ州マイアミとテキサス州ダラスにもウーバーによる宅配サービスを拡大する計画だ。

マイアミとダラスでは通常のウーバー・アプリであれば「ライド(Ride)」に「食品注文(Order Food)」ボタンが追加される。

また料金はイーツパス(Eats Pass)とウーバーイーツ(Uber Eats)の会員であれば30ドル(約3,200円)以上の注文で、宅配手数料が無料となるのだ。

新型コロナウイルス感染拡大の影響で外出禁止令が発動され移動する人が激減。ウーバーによると同社の配車サービスは約80%も落ち込んだという。

一方で多くのレストランが店内での飲食をやめ、お持ち帰りのテイクアウトなどを拡大したことで出前サービス需要が伸びたのだ。

これにより飲食店の料理を宅配するウーバーイーツは4月、前年に比べて89%増加。翌月も出前となるフードデリバリーサービスは同54%の増加となったのだ。

なおウーバーは6日、ウーバーイーツと同業となるポストメイト(Postmates)を26.5億ドルで買収したことを発表した。

データ分析のセコンドメージャー(Second Measure)によると、出前サービス市場でダントツは44%となるドアダッシュ(DoorDash)、2位はウーバーイーツの24%となっており、これについで22%のシェアのグラブハブ(Grubhub)、そしてポストメイトの9%となっている。

ウーバーがポストメイトを買収したことで出前サービスではドアダッシュに肉薄することになるのだ。

また大手スーパーマーケットチェーンや独立系の食品スーパー、小売チェーンからの宅配サービスを加えることでポジションを盤石にすることになる。

 ウーバーによると食品宅配サービスは2020年3月から197%増加した。しかし食品スーパーなど小売店からのオンデマンド買い物代行&宅配サービスは混戦している。

アマゾンのプライムナウやアマゾンフレッシュ、インスタカートやウォルマート、ターゲットのシプツなどが熾烈に争っている市場であり、競合と同様にギグ・エコノミーを利用しながら他社との差別化を図らなければならない。

宅配・出前のデリバリーアプリ上の便利な機能がコアコンピタンスにもなりえる。競争の加熱がアプリ開発を進め、新たなイノベーションを生むことにもつながるのだ。

⇒こんにちは!アメリカン流通コンサルタントの後藤文俊です。「これからの小売は売り場からストアアプリの時代になる」とは後藤の言葉。当ブログで取り上げたワード、例えばグローサラントやボピス、モバイルオーダーは日本で遅れて浸透しています。アメリカで起こったことは5年後、10年後の日本で起こります。

理由は明確で消費者にとってメリットが大きいから。だからストアアプリというワード(もしくはそれを意味する新語)も浸透し拡大します。遅れるのは情報を届ける専門家が少ない上にITリテラシーの低い流通エクスパートがいるから。多くは年配者のコンサルタント。米国流通でも旧態依然の売り場しか見ない研修をおこなっています。研修参加者がウーバーイーツを利用する若い人であってもストアアプリを触らせることはありません。

自分はウーバーさえ利用しないからストアアプリの利便性もわからない。メリットを理解していないから説明できずスルーとなるのです。コロナが落ち着いた後の米国研修は少人数制にしてアプリを使った実演が増えます。

 ウーバー・アプリを介して食品を宅配サービスを利用してみるというワークショップも取り入れたいと思います。アプリ経由の買い物によるCXやCJを研究しないとアメリカ小売業の視察になりそうにありません。

あわせて読みたい

「Uber」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    枕営業NGが…少女に欲情し犯罪へ

    阿曽山大噴火

  2. 2

    山尾氏が比例1位 新立民へ配慮か

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  3. 3

    なぜベーシックインカム論再燃か

    ヒロ

  4. 4

    半沢人気支える? 目力メイクの技

    松田健次

  5. 5

    竹中氏「月7万円給付」は雑すぎ

    藤田孝典

  6. 6

    もう無関心?コロナに飽きる日本

    赤木智弘

  7. 7

    都構想 不都合は語らぬ説明会

    柳本顕

  8. 8

    「バカ発見器」Twitterの対処法

    御田寺圭

  9. 9

    トヨタ去る若手と年功序列の崩壊

    城繁幸

  10. 10

    茂木大臣の国連めぐる演説に苦言

    川北英隆

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。