記事

G20、最貧国の恒久的な債務減免必要=世銀総裁

[ワシントン 8日 ロイター] - 世界銀行のマルパス総裁は8日、20カ国・地域(G20)は世界の最貧国に対し公式債務の返済停止を2021年まで延長すると同時に、最も大きな債務を抱える国に対する恒久的な債務減免を行う必要があるとの考えを示した。

マルパス総裁はG20債務会議で、債務返済を延期するだけでは新型コロナウイルス感染拡大前から高水準の債務を抱えていた国の問題解決にはつながらないと指摘。「現時点での債務返済だけでなく、将来的な債務返済を恒久的に削減する必要がある」とし、「最も大きな打撃を受けた国にとっては、体系的な債務減免のみが成長の再開に向けた唯一の道で、これにより長期的な貧困化の罠に陥ることを回避できる」と述べた。

このほか、融資を巡る透明性を向上させる必要があるとし、中国国家開発銀行(CDB)のような政策銀行も透明性の向上に参画する必要があると指摘。6月に公表された債務水準の銀行データベースで透明性の向上が図れるとの考えを示した。同データべースには9月に金利や償還期限などの融資条件などが追加され、拡充される。

トピックス

ランキング

  1. 1

    三原氏が厚労副大臣 衝撃の人事

    藤田孝典

  2. 2

    スガ批判の左派に待つ皮肉な現実

    PRESIDENT Online

  3. 3

    北朝鮮海軍が金正恩氏の船を誤爆

    高英起

  4. 4

    毒メシをやめて成績UP? 医師苦言

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    河野氏は霞が関ホワイト化可能か

    千正康裕

  6. 6

    携帯料金よりNHK受信料を下げよ

    自由人

  7. 7

    菅首相の庶民派イメージは偽りか

    NEWSポストセブン

  8. 8

    新立民に目新しさがないのは当然

    川名 ゆうじ

  9. 9

    感染対策 レジのシートは逆効果

    かさこ

  10. 10

    羽生九段 2年ぶりにタイトル挑戦

    ABEMA TIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。