記事

海外展開のドイツ企業、83%がコロナで収入減=調査

[ベルリン 8日 ロイター] - ドイツ商工会議所の調査によると、海外事業を展開するドイツ企業の83%が新型コロナウイルス危機によって収入が落ち込み、93%が世界経済情勢の回復は2021年以降になると予想している。

調査した約3300社の15%が年間売上高の半減を回答した。

具体的な影響には変化がみられる。感染防止のためのロックダウンが導入されていた時は、観光や工業などを中心に移動規制による影響が大きな問題になっていたが、最近は需要低迷に苦しんでいる。

自社の製品やサービスに対する需要の低迷を挙げた割合は59%で、4月の57%から上昇した。一方、供給の目詰まりや生産ストップといった問題は一時期ほど深刻ではない。

新型コロナ危機は企業の投資意欲を後退させている。対外投資の縮小を計画していると回答した企業は半数以上で、4月の35%から増加した。

トピックス

ランキング

  1. 1

    枕営業NGが…少女に欲情し犯罪へ

    阿曽山大噴火

  2. 2

    山尾氏が比例1位 新立民へ配慮か

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  3. 3

    なぜベーシックインカム論再燃か

    ヒロ

  4. 4

    都構想 不都合は語らぬ説明会

    柳本顕

  5. 5

    竹中氏「月7万円給付」は雑すぎ

    藤田孝典

  6. 6

    半沢人気支える? 目力メイクの技

    松田健次

  7. 7

    もう無関心?コロナに飽きる日本

    赤木智弘

  8. 8

    「バカ発見器」Twitterの対処法

    御田寺圭

  9. 9

    トヨタ去る若手と年功序列の崩壊

    城繁幸

  10. 10

    茂木大臣の国連めぐる演説に苦言

    川北英隆

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。