記事

中学校にスマホ持ち込みOKに? 文科省方針示される

 文部科学省の有識者会議は、中学生に学校へのスマホ持ち込みを条件付きで認める方向を示した。なぜこの方向になったのか。また、ICT機器はどう考えたのか?


 文部科学省は、6月24日に「学校における携帯電話の取扱い等に関する有識者会議」(※)を開き、審議のまとめ(素案)を議論した。

 この素案には、平成21年に「小中学校での携帯電話の持ち込み原則禁止」を通知していたが、大災害時の対応や犯罪に巻き込まれた時の救急連絡手段としての携帯電話について議論を進めた結果、「持ち込みを原則禁止としつつも、一定の条件のもと、持ち込みを認めることが妥当と考えられる」と書かれ、これまでの考え方を180度変える方向であることが分かった。

 ただし、小学生は通学距離が短いことから現状のままで持ち込み禁止が原則。特別支援学校は、移動距離や時間が長いことから各学校で判断するとされている。

■認める条件

 具体的には、携帯電話の持込みについて、メリットとデメリットを理解したうえで、
「学校や教育委員会内にとどまらず、児童生徒や保護者を何らかの形で参加させ、学校への携帯電話の持込みについて、それぞれが主体的に考える機会を設け、学校、児童生徒、保護者との間で共通理解を深めていくことが重要である。
 すなわち、学校への携帯電話の持込みについて検討する場合には、学校や教育委員会、児童生徒、保護者それぞれが自分ごととして、その在り方を捉え、意識を高めていくことが重要である。そうすることで、自分たちのルールとして守っていこうとする素地が醸成されていくものと考えられる」とまとめている(素案より)。

 難しい言葉が並んでいるが、教育員会と学校、生徒、保護者でルールを作って守るようにすれば良いということだろう。当然のことだ。また、ICT機器も同様だが、社会で使われている道具を一律に使わせないのが教育なのかの論点も考える必要がありそうだ。

 とはいえ、どのように考える機会を作り、詳細なルールを作るのか、今後、が問われてきそうだ。
       

■ICT機器は?

 なお、現在導入が検討されている学校のICT機器については、ICTの利活用の在り方との関連で検討されるべきことで、今回の議論の対象からは外しているが、「教育における ICT の利活用については、学校や教育委員会において、その積極的な利活用に向けた取組を進めていくことが望ましい」と書かれており、「積極的な」という言葉をわざわざ書かれていることは興味深い。

 つまり、今回議論しているのは、ガラケーやスマートホンなどの持ち込みであったICT機器は、積極的な利活用を進めるべきだとしていることになる。なかなか進まない自治体では、どのように受け取るかも気になってしまう。

※学校を取り巻く社会環境や児童生徒の状況が変化していることを踏まえ、児童生徒の学校における携帯電話の取扱い等について改めて検討を行うため、設置された。

メンバーは下記の方々で設置期間は、令和22年5月18日から令和3年3月31日まで。

学校における携帯電話の取扱い等に関する有識者会議委員
 伊藤 秀一 東京都江東区教育委員会指導室長
 上沼 紫野 弁護士、安心ネットづくり促進協議会幹事
 竹内 和雄 兵庫県立大学環境人間学部准教授
 玉田 和恵 江戸川大学メディアコミュニケーション学部教授

【参考】
学校における携帯電話の取扱い等に関する有識者会議

「学校における携帯電話の取扱い等に関する有識者会議」審議のまとめ(素案)
(第2回【開催日時:令和2年6月24日より)

あわせて読みたい

「文部科学省」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ウイルス変異も「運がいい」日本

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    蔡総統が日本人に感謝「強い絆」

    BLOGOS しらべる部

  3. 3

    小倉優香の降板騒動 理由は彼氏?

    渡邉裕二

  4. 4

    安住淳氏の分を超えた発言に呆れ

    鈴木宗男

  5. 5

    お嬢様迷惑ツアーに島が自粛要請

    SmartFLASH

  6. 6

    北欧の集団免疫策 本当に失敗か

    幻冬舎plus

  7. 7

    大前氏 GoToは差別助長する愚策

    NEWSポストセブン

  8. 8

    地方へ責任転嫁 国の姿勢に疑問

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  9. 9

    舛添氏「検査と隔離に立ち戻れ」

    舛添要一

  10. 10

    中国が日本のFOIPを強く警戒か

    SYNODOS

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。