記事

街角景気6月は2カ月連続上昇、消費者の戻りや事業回復傾向で大幅改善


[東京 8日 ロイター] - 内閣府が8日に発表した6月の景気ウオッチャー調査では、景気の現状判断DIは38.8と前月から23.3ポイントと過去最大の上げ幅を記録し、2カ月連続で改善した。DIの水準は、新型コロナウイルスの影響が出てくる以前の今年1月の41.9に近づいてきている。消費活動が徐々に活発化してきことや、需要や生産の底打ち、求人求職の増加などを映じて、企業動向関連、雇用関連、家計動向関連すべてでDIが上昇した。

内閣府は、景気ウオッチャー調査の判断の表現を「新型コロナウイルス感染症の影響による厳しさは残るものの、持ち直しの動きがみられる」に修正した。前月は「悪化に歯止めがかかりつつある」としていた。

先行きについては「感染症の動向を懸念しつつも、持ち直しが続くとみている」とした。

家計動向は、前月からの改善幅が26.9ポイントと大幅な回復傾向にある。「外出自粛が解除されたことで、客の動きが活発になってきている。10万円の給付金支給、キャッシュレス・消費者還元事業が6月で終了することも後押し」(北海道・百貨店)といった声が出ている。ただ「インバウンド需要はほぼ皆無で、まだ在宅勤務者も多いため、以前の来客数のレベルには戻っていない」(近畿・コンビニ)といった事業者もいる。

企業部門も15.4ポイントとやはり2桁の改善。「完成車メーカーの生産ラインがストップしており、部品供給の下請け会社も生産量が少なくなっている」(東海・輸送用機械器具製造業)など影響が大きい業種もあるが、「通信業界ではリモートやオンライン関係で需要増加が顕著」(北海道・通信業)などの声があがっている。

雇用関連も2桁の改善。「6月に入り、求人数が前月の倍、3カ月前との比較では同数の注文数になっている。求職者も前月より増加」(九州・人材派遣会社)という

2─3カ月先をみる先行き判断DIは44.0で、前月から7.5ポイントの上昇。2カ月連続の上昇となった。

ただ、政府による観光キャンペーンへの期待もあるものの、第2波の感染拡大への懸念もあり、家計も企業も雇用関連も慎重な声は目立つ。

*内容を追加しました。

(中川泉 編集:田中志保)

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    “酒類の提供19時まで”の制限に議員から厳しい声「居酒屋やバーにとっては休業要請」

    BLOGOS しらべる部

    06月18日 19:42

  2. 2

    スシロー、くら寿司、はま寿司の海外戦略 "日本食ブーム"の海外市場が秘める可能性

    三輪大輔

    06月18日 10:38

  3. 3

    山尾志桜里議員引退へ。悪い意味での「職業政治家」ばかりの永田町の景色は変わるのか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月18日 10:10

  4. 4

    ワクチン供与と、国際的な情報戦と韓国外交の茶番劇

    佐藤正久

    06月18日 08:21

  5. 5

    ひろゆきで大流行!YouTube切り抜き動画の台頭と実際にやってみて分かったこと

    放送作家の徹夜は2日まで

    06月18日 08:06

  6. 6

    尾身会長の五輪発言「飲食店」からも意見あり!! 政府復興委員として初会合に出席

    わたなべ美樹

    06月18日 12:55

  7. 7

    なぜクマが大量出没するようになったのか? 「エサ不足」ではない本当の理由

    文春オンライン

    06月18日 14:37

  8. 8

    山尾議員 突然の政界引退に疑問続出「説明責任果たしてない」

    女性自身

    06月18日 22:10

  9. 9

    私が日本の経済財政再建のヒントはルワンダの過去にあると思う理由

    宇佐美典也

    06月18日 12:00

  10. 10

    尾身会長、提言は「プロフェッショナルとしての責任」

    ABEMA TIMES

    06月18日 20:52

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。