記事

新しいプロレス様式はまだまだこれから

やや時間が経ってしまったが・・・。先週から、BS朝日の「ワールドプロレスリングリターンズ」が金曜夜8時に時間変更。しかも、先週はニュージャパンカップの準決勝を生中継。新聞に広告まで出していた。金曜夜8時は昔からのファンにとってはたまらない時間帯である。80年代前半の「ワールドプロレスリング」はこの時間帯に生中継で。タイガーマスクや長州力、ハルク・ホーガンをはじめスターレスラー多数で大ブームとなっていた。

ただ、内容に関してはやや戸惑ってしまった。SANADA対EVILの同門対決、オカダ・カズチカ対高橋ヒロムの階級を超えた対決など、なかなかの好カードだったし、内容も悪くはなかった。しかし、なんせ、無観客試合なのだ。あまりにも静かな会場での試合は、まるでNHKの昼に放送される、地味な競技(失礼!)の日本代表選考会のような雰囲気になってしまっていた。

少なくともこれまでのプロレスというのは、生で見ている観客の熱狂によって成り立っていると再認識した。鍛え抜かれた身体、魂のぶつかり合いは迫力があるし、ケチをつけるつもりはない。しかし、レスラーや、団体も、さらには我々ファンも無観客試合にまだ慣れていないのだと確信した。そして、互いに「今はこれで我慢するしかない」という空気を感じてしまった。

もちろん、今から見始めた人にとっては、プロレスとはこういうものということになるのだろうが。さらには、プロレスはもともと、ファンの想像力が必要なものではあるのだが。「#金8はプロレス」でみんなで盛り上がろうと、呼びかけられているのだが、まあ、いつもの新日本プロレスの興行と変わらなかった。

新日本プロレスは今週末の大阪城ホール大会から観客を入れる興行を再開する。観客を大幅にしぼったものにするという。こちらがどのような盛り上がりを見せるのか、注目している。チケットも一律10,500円。普段よりも高額になったともいえるが、これがファンに受け入れられるか。

無観客試合を「みんなで我慢するもの」にせざるを得ないのか。新しい何かが生まれるのか。そして、ゴールデンタイムに放送する意味というものも、ますます模索してほしい。さて、どうなるのか。激しく傍観したい。

無観客試合とは関係ないが、長州力と沖縄ファミリーマートがコラボ。金曜夜8時時代の影響力を感じる。

あわせて読みたい

「新日本プロレス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    分党を選んだ玉木氏の判断を称賛

    早川忠孝

  2. 2

    うがい薬買い占めた高齢者を直撃

    NEWSポストセブン

  3. 3

    大学は授業料の対価提供できるか

    青山まさゆき

  4. 4

    よしのり氏 周庭氏逮捕を許すな

    小林よしのり

  5. 5

    国民民主が分党 立民と合流へ

    ABEMA TIMES

  6. 6

    周庭さん逮捕 日本共産党も批判

    BLOGOS しらべる部

  7. 7

    総理は原稿読み上げ 会見で指摘

    BLOGOS しらべる部

  8. 8

    国民より首相 自民の真意が如実

    やまもといちろう

  9. 9

    周庭氏連行の瞬間を捉えた写真

    田中龍作

  10. 10

    沖縄の不安を煽るTVに医師が嘆き

    中村ゆきつぐ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。