記事

「重い女」や「束縛する男」が実家の話題を避けがちな理由

1/2

相性が悪い親とは距離を置いたほうがいいのか。脳科学者の中野信子氏は「毒親育ちの呪縛から抜け出す方法がある。毒親の存在を否定するのではなく、自分を育て直すことが大切だ。毎日、花に水をやるように、自分に愛情を向けてみてほしい」という――。

※本稿は、中野信子『毒親 毒親育ちのあなたと毒親になりたくないあなたへ』(ポプラ新書)の一部を再編集したものです。

「毒親」は自分を知るための指標になる

親も、毒親になりたくてなっているわけではないのかもしれない、と理性では理解できても、傷が癒えるわけではありません。また、痛みがなくなるわけでもないでしょう。

中野信子『毒親 毒親育ちのあなたと毒親になりたくないあなたへ』(ポプラ新書)

中野信子『毒親 毒親育ちのあなたと毒親になりたくないあなたへ』(ポプラ新書)

そもそも、自分を傷つけた相手を、親であるからということだけで許せるかどうかといわれれば、かなりの困難があるのではないでしょうか。もちろん外向きには、もう許しています、と言えたとしても、本心からそれを口にするのはかなりの努力が必要でしょう。

毒親、という言葉は、自分の親がそうであったのかなかったのかを判別して、彼らを責めることによって自分の抱えた痛みをいっとき軽くしようとするために使うのではなく、自分の持っている傷がどれほど深く、それを癒していくためには何が必要なのかを知るために使うべきです。

そもそも、何が毒で、何が毒ではなかったのか、はっきりとわかるような行為もありますが、判別するのが難しいようなものもあります。ひとえに、その子と、親との関係性によって決まるものなのです。

言ってしまえばつまり、毒親というのは、そういう親のことそのものを指すというよりも、その子と親との相性の悪さを示す概念であり、相性の悪い親のもとで育ってしまった「毒親育ち」の子どもたちの、現在の状態がどれほどのものかを問う指標として有効だといえるでしょう。

自分の傷の深さを見つめ、癒すこと

毒親、という言葉にもし反応して、自分もこの心の裡の苦しさを吐露したい、という気持ちになったのなら、その気持ちの強さが、毒親、という指標によって測ることのできる傷の深さです。親たちをむやみやたらと攻撃するために『毒親 毒親育ちのあなたと毒親になりたくないあなたへ』を書いたのではありません。

たとえば、親の価値観を押しつけられてきて息苦しかった、ということで自分は毒親育ちですという人の場合、女の子らしくすることを強要されて嫌だった、勉強ばかりさせられたなど、確かに子にとっては苦痛があったかもしれない。

若いアジア ビジネスの女性の肖像画

※写真はイメージです - 写真=iStock.com/Masafumi_Nakanishi

けれど、親だって子どもが社会に出たときに困らないようにと考えて、心を鬼にして、子どもをしつけなければという使命感があったでしょう。子が初めて出会う愛情の対象が親だとするなら、初めて出会う不条理の体現者もまた親なのです。

毒親なのかどうかが判然としないようなケースでは、たしかに子側があまり良い印象を持っていない以上、親はいたらない親ではあったのでしょう。

しかし、そもそもほとんどの親は、いたらない親なのではないでしょうか。今もし自分も親となって、子を育てていく中で自分の親のようにふるまってしまうことに苦しさを感じている人がいたとしたら、自分の傷の深さを見つめ、それを癒すところから始めてみてほしいと思います。

「自分を育て直す」毒親育ちの宿命から解放される方法

自分の傷の深さを見つめてそれを癒すといっても、癒された経験の少ない人には、どうしていいのかまるでわからないものかもしれません。

傷ついて育った人は、人を傷つける方法は何通りも学んできているでしょうけれど、人に愛情を注いで癒す方法については学んできていないからです。もちろん、そんな状態では、自分を愛してあげるなんていう芸当は至難の業でしょう。

とはいえ一方で、愛情をちゃんと注いでほしかった、という気持ちはずっと抱えてもいます。自分を一人の子どもとしてちゃんと愛して、育て直してほしかった、と、心の奥底で信頼できる人を探しているのです。

時にはその役割を、恋人やパートナーに求めてしまうこともあるでしょう。自然な恋愛感情以上の何かを相手に求めてしまい、それが得られないと世界全体から拒絶されたような絶望感を味わってしまう、という人は、相手を対等なパートナーとしてではなく、かつて子ども時代に自分を愛してくれるはずだった人の代わり、と無意識にとらえている可能性があります。

どんなときも、24時間365日、自分を見つめて、愛して、可愛がってほしい——この要求は、恋人やパートナーにするものではなく、本来は親に対して向けられる要求だったはずのものです。

求めすぎると「重い女」「束縛する男」に……

しかしながら、それは満たされることがなかったために、恋人やパートナーをその代理として、自分自身を育てなおそうとする。これが、いわゆる「重い女」や、「束縛する男」の一側面なのだろうと思います。

傷ついた子どもを心の中に住まわせている人にとって、恋人は対等な恋人ではなく、自分を愛してくれるはずだった“ママ”の代わりなのです。

しかし、大人としての社会生活のある恋人やパートナーに、24時間365日自分だけを見ていてほしい、と要求するのは、かなり酷な話です。時には相手の犠牲を愛の証として要求するような人もいます。

傷があまりにも深く、だれかを信用したいのにできないからこそ、そういった要求をするのでしょうが、その要求を永遠にかなえ続けることは現実的には無理な話で、早晩この関係は破綻してしまいます。そして、また傷を深くしてしまうのです。

傷を癒そうとして誰かを探すのに、却って自分の傷をえぐるようなことをしてしまう。その繰り返しの中で、自分はもはや救われないのだと思う人もいるかもしれません。

あわせて読みたい

「毒親」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    乳首にシール貼らせ? 逮捕の社長

    阿曽山大噴火

  2. 2

    漢見せた玉木氏 大化けの可能性

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  3. 3

    ポルシェ追突の男 一族は大地主

    文春オンライン

  4. 4

    分党を選んだ玉木氏の判断を称賛

    早川忠孝

  5. 5

    周庭氏の力 新たな目線が中国に

    倉本圭造

  6. 6

    大学は授業料の対価提供できるか

    青山まさゆき

  7. 7

    うがい薬買い占めた高齢者を直撃

    NEWSポストセブン

  8. 8

    コロナで「地方の息苦しさ」露呈

    内藤忍

  9. 9

    玉木代表は決して結論を急ぐな

    早川忠孝

  10. 10

    総理は原稿読み上げ 会見で指摘

    BLOGOS しらべる部

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。