記事

米大学、対応急ぐ オンライン履修のみの留学生は「滞在不許可」


[ニューヨーク/ワシントン 7日 ロイター] - 米政権が今秋からの新学期にオンライン授業のみを履修する留学生に滞在を認めない方針を打ち出したことを受け、多くの大学が対応に追われている。

米国の大学には100万人以上の留学生が在籍。留学生は通常、学費の減免がないため、多くの大学にとって重要な収入源となっている。

米移民・関税執行局(ICE)は6日、今秋からの新学期にオンラインの授業しか履修しない外国人留学生には米国内の滞在を認めないと発表した。

ICEは完全にオンライン授業に移行する大学には7月15日までに計画を提出するよう求めている。対面授業のみや、短縮授業、授業の延期、対面とオンラインを組み合わせた授業を実施する大学は8月までに計画を提出する必要がある。

新たな指針の対象となるのはアカデミックなプログラムや職業訓練プログラムを受講するための学生ビザ「F─1」と「M─1」の保持者。

トランプ大統領は7日、新型コロナウイルス感染者数が増加しているにもかかわらず、学校を秋に再開させるよう各州知事に圧力をかけると言明。2020─21年度の授業をオンラインで実施すると発表したハーバード大学を批判した。

ハーバード大学のラリー・バコウ学長は、ICEの指針は「突然、画一的なアプローチ」を強いるものだとし、深い懸念を示した。

ラトガース大学ニューアーク校のナンシー・カンター学長は7日の発表文書で、同校は全国の学校および議会とともに「(政府の)発表について十分に把握し、対応するため」取り組んでいると述べた。

また同校は今秋にオンラインと対面の授業を組み合わせて行う計画だとした。

米国際教育研究所(IIE)が公表したデータによると、同校の18/19年度の留学生は約7000人だった。

ニューヨークにあるコロンビア大学のリー・ボリンジャー学長は、政権の措置について「ひどい見当違い」だと指摘。対面とオンラインのハイブリッドモデルに該当するよう授業の構成を行うなど対策を取る方針を表明した。

国土安全保障省のクッチネリ副長官代行は7日、CNNに対し、新たな規則は「学校に再開を促す」と述べた。

トピックス

ランキング

  1. 1

    枝野氏は共産党と組む覚悟が必要

    毒蝮三太夫

  2. 2

    枝野氏のデジタル化批判は的外れ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  3. 3

    「時代劇」半沢直樹を楽しむ方法

    大関暁夫

  4. 4

    風俗に「堕ちる」女性たちの事情

    NEWSポストセブン

  5. 5

    「酷くなる」望月氏が菅政権危惧

    たかまつなな

  6. 6

    靖国参拝は「韓国への迎合不要」

    深谷隆司

  7. 7

    児嶋一哉 半沢俳優陣はバケもん

    マイナビニュース

  8. 8

    芸能界で続く謎の自殺 ケア急げ

    渡邉裕二

  9. 9

    貧乳OK巨乳NG 仏美術館で騒動に

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  10. 10

    半沢の元ネタ 大臣は前原誠司氏

    SmartFLASH

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。