記事
  • ヒロ

日本にも「テスラ」は出現するのか?

1/2
テスラがトヨタの時価総額を抜いて自動車業界でNO1となりました。出荷台数はトヨタの30分の1だというのになぜ、投資家はテスラにそこまで高い期待を持っているのでしょうか?

日本で電気自動車は三菱のi-MiEVが2009年に、そしてその1年半後には鳴り物入りで日産リーフが登場し、量産型の普及という点では世界最先端を走っていました。当時、ゴーン社長は電気自動車の時代が来ると鼻息が荒かったのですが、思ったほど売れず、現在に至ります。その後、様々なメーカーが電気自動車を販売するようになりましたが、テスラ以外では中国の北京汽車など一部を除き開花したブランドはありません。

なぜ、テスラが伸び、既存の自動車メーカーの電気自動車が評価されないのか、それこそ様々な見方があると思います。私は自動車の専門家ではないので経営姿勢という点から見たいと思いますが、テスラには向かうべき方向性が明白にあった、ということではないかと思うのです。そしてファン層をしっかりつかんだとしたらどうでしょうか?私はテスラというよりイーロン マスク氏の方が先に頭に浮かぶぐらい明白なビジョンの印象を強く感じるのです。

一方、既存自動車メーカーの扱いはラインアップの中の一つで電気自動車にしろ水素自動車にしろ中途半端にしてしまったような気がします。やや厳しい言い方をすれば会社全体の傘下の一部門に過ぎず、必死さがなかったように感じます。

日産自動車の再建に内田誠社長の手腕が問われています。今後18カ月で12モデルの新車を投入するというのが内田社長の戦略の枠組みの一つですが、成功しないような気がしてならないのです。なぜか、といえば日産の売りがどこにあるのか、明白な路線が打ち出されていないのです。数年前に北米の日産のラインアップがSUVばかりで訳が分からなくなっていると指摘させて頂きました。

SUVがブームだとそれを投入し、E-Powerがよいとなればそれを投入するという目先の流行で経営をしているような気がするのです。今回の12車種も多くがSUVです。こんなに種類が必要なのか、と思うのです。

ルノーと日産、三菱自動車では世界地図の中で戦略エリアが分かれています。確かにエリアで分けるのもありなのでしょうが、その3社で持つ企業イメージはそれぞれ別だと思うのです。ならばそのイメージに沿ったクルマづくりに絞りながら共同戦線を張った方がいいように思います。正直、日産はSUVばかりを作るけれど三菱の方がSUVのイメージは強いのです。そこの連携がうまく機能していないのではないでしょうか?

あわせて読みたい

「テスラモーターズ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    スガ批判の左派に待つ皮肉な現実

    PRESIDENT Online

  2. 2

    人気寿司店も苦境 厳しい飲食業

    内藤忍

  3. 3

    竹中平蔵氏と会食の菅首相を批判

    藤田孝典

  4. 4

    アイヌ民族への謝罪せぬ日本政府

    畠山和也

  5. 5

    安倍前首相の仮病を疑う声に反論

    木走正水(きばしりまさみず)

  6. 6

    劇団ひとりがED克服したキッカケ

    SmartFLASH

  7. 7

    政治家「産後うつは甘え」が波紋

    女性自身

  8. 8

    消費税めぐる左翼層の主張に呆れ

    青山まさゆき

  9. 9

    ワークマン コロナ打撃に強い訳

    南充浩

  10. 10

    英で感染再拡大 封鎖は明言せず

    ロイター

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。