記事
  • ヒロ
  • 2020年07月08日 10:03

日本にも「テスラ」は出現するのか?

1/2
テスラがトヨタの時価総額を抜いて自動車業界でNO1となりました。出荷台数はトヨタの30分の1だというのになぜ、投資家はテスラにそこまで高い期待を持っているのでしょうか?

日本で電気自動車は三菱のi-MiEVが2009年に、そしてその1年半後には鳴り物入りで日産リーフが登場し、量産型の普及という点では世界最先端を走っていました。当時、ゴーン社長は電気自動車の時代が来ると鼻息が荒かったのですが、思ったほど売れず、現在に至ります。その後、様々なメーカーが電気自動車を販売するようになりましたが、テスラ以外では中国の北京汽車など一部を除き開花したブランドはありません。

なぜ、テスラが伸び、既存の自動車メーカーの電気自動車が評価されないのか、それこそ様々な見方があると思います。私は自動車の専門家ではないので経営姿勢という点から見たいと思いますが、テスラには向かうべき方向性が明白にあった、ということではないかと思うのです。そしてファン層をしっかりつかんだとしたらどうでしょうか?私はテスラというよりイーロン マスク氏の方が先に頭に浮かぶぐらい明白なビジョンの印象を強く感じるのです。

一方、既存自動車メーカーの扱いはラインアップの中の一つで電気自動車にしろ水素自動車にしろ中途半端にしてしまったような気がします。やや厳しい言い方をすれば会社全体の傘下の一部門に過ぎず、必死さがなかったように感じます。

日産自動車の再建に内田誠社長の手腕が問われています。今後18カ月で12モデルの新車を投入するというのが内田社長の戦略の枠組みの一つですが、成功しないような気がしてならないのです。なぜか、といえば日産の売りがどこにあるのか、明白な路線が打ち出されていないのです。数年前に北米の日産のラインアップがSUVばかりで訳が分からなくなっていると指摘させて頂きました。

SUVがブームだとそれを投入し、E-Powerがよいとなればそれを投入するという目先の流行で経営をしているような気がするのです。今回の12車種も多くがSUVです。こんなに種類が必要なのか、と思うのです。

ルノーと日産、三菱自動車では世界地図の中で戦略エリアが分かれています。確かにエリアで分けるのもありなのでしょうが、その3社で持つ企業イメージはそれぞれ別だと思うのです。ならばそのイメージに沿ったクルマづくりに絞りながら共同戦線を張った方がいいように思います。正直、日産はSUVばかりを作るけれど三菱の方がSUVのイメージは強いのです。そこの連携がうまく機能していないのではないでしょうか?

あわせて読みたい

「テスラモーターズ」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    飲食店の酒提供に対し小刻みな制限をかける小池都知事 科学的根拠はあるのか

    深谷隆司

    06月20日 16:18

  2. 2

    共同通信『慰安婦謝罪像、東京で展示を検討』 とんでもないことで許せぬ

    和田政宗

    06月21日 08:22

  3. 3

    元トップAV女優・上原亜衣が語る“身バレの現実”と“動画戦略”

    文春オンライン

    06月20日 16:01

  4. 4

    戦争映画としての「閃光のハサウェイ」

    諌山裕

    06月20日 09:58

  5. 5

    【驚愕】自民党系の横浜市長選候補者がカジノ反対へ

    木曽崇

    06月20日 11:57

  6. 6

    やはり世代交代ですね。小此木さんの横浜市長選挙への転進にエールを送る

    早川忠孝

    06月20日 17:30

  7. 7

    『閃光のハサウェイ』ヒロインの作画が驚異的! とにかく丁寧に作られた映画だった

    キャリコネニュース

    06月20日 14:29

  8. 8

    タワマンの高層階ばかりを移り住む「空中族」 高値売り抜けはそろそろ手仕舞いか

    NEWSポストセブン

    06月20日 09:50

  9. 9

    容姿いじりには「感謝しながら傷ついていた」…青木さやか(48)が語る、00年代の女芸人の“難しさ” 青木さやかさんインタビュー #2 - 西澤 千央

    文春オンライン

    06月20日 13:30

  10. 10

    白血病の新たな薬 新たなプレイヤーで不可能が可能に それはしっかりしたエビデンス コロナのイベルメクチン等にはまだそれがない

    中村ゆきつぐ

    06月20日 08:22

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。