記事

日銀の ETF 保有、どうするんだろうね?

日銀は株式ETFを、すでに35兆円ほど保有しているという。 以前は年間6兆円の枠だったが、今年になって12兆円に増額した。

日銀は、まだまだ買う意向なので、来年には公的年金のGPIFを抜いて、日本最大の株主になるといわれている。

そもそも中央銀行が株式を大量に保有する、それも株価維持政策の一環としてというのは、異常きわまりない。

株価を高値に誘導して、デフレ脱却と景気浮揚のテコ入れにしたいとする、国の政策を強力に後押ししているわけだ。

通貨発行権を持った中央銀行が、株式ETFなどを買いまくるのだから、これほど強力な買い主体はいない。

株式市場は活況となるし、株価は上がるに決まっている。 ただし、一方的な買いで株価形成を歪めてしまうが。

もっと大きな問題は、大量に保有してしまった株式ETFだが、永久保有するわけにはいかない。 さて、どう処分するのか?

まずをもって売れっこない。 日銀は、これだけ大量に買ってしまった、それも株式ETFというパッケージを買っているのだ。

個別株なら時間をかけて少しずつほぐしていけるが、インデックスという株式パッケージを買おうとする投資家を見つけるのは至難の業。

いまは日銀が買い一方だから株式市場は安心しているが、ちょっとでも売りの意向を見せたが最後、株価は暴落する。

さあ、どうするのか? 京大の先生が国民に配ったらという案を出しているが、最悪の結果を招くだろう。

国民一人ひとりに27万円分の株式ETFを配るのは、ヘリコプターマネー効果を狙ってのことだとしたら、即座に現金化の売りが出てくる。

国民の誰かが現金化の売りを出したら、あっという間に株式ETF売りのラッシュとなって、株式市場は奈落の底へ落ちていく。

ヘリコプターマネーとしてではなく、年金代わりとして国民に27万円分の株式ETFを分配する?

そうなったら、株式ETFの値下がりは避けなければならないということで、株価維持政策を永久に続けなければいけない。

また、年金代わりといったところで、いつかは現金化の売りが出てくる。 それを日銀がさらに株式ETFを買い増しして、株価を支えるのか?

どちらにしても、逃げ道のない日銀の株式ETF購入である。 どこかで、とんでもなく強大な株価暴落要因となるのは間違いない。

あわせて読みたい

「日本銀行」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ウイルス変異も「運がいい」日本

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    蔡総統が日本人に感謝「強い絆」

    BLOGOS しらべる部

  3. 3

    小倉優香の降板騒動 理由は彼氏?

    渡邉裕二

  4. 4

    安住淳氏の分を超えた発言に呆れ

    鈴木宗男

  5. 5

    お嬢様迷惑ツアーに島が自粛要請

    SmartFLASH

  6. 6

    北欧の集団免疫策 本当に失敗か

    幻冬舎plus

  7. 7

    大前氏 GoToは差別助長する愚策

    NEWSポストセブン

  8. 8

    地方へ責任転嫁 国の姿勢に疑問

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  9. 9

    舛添氏「検査と隔離に立ち戻れ」

    舛添要一

  10. 10

    中国が日本のFOIPを強く警戒か

    SYNODOS

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。