記事

米政権の新型コロナ対策顧問、中国の情報共有不足を批判


[7日 ロイター] - 米ホワイトハウスの新型コロナウイルス対策顧問を務めるデボラ・バークス氏は、中国が同ウイルスの重要な特徴について、もっと率直に明らかにしていれば、米国や他の国々は初動でより強力な対応が取れた可能性があるとの見解を示した。

シンクタンクのアトランティック・カウンシルが主催するパネル討論会で述べた。

同氏は、中国が新型コロナ感染者について、特に若者の間で無症状者が多いという情報を提供していれば、米国はより重点的に無症状感染者の特定を行っていただろうと指摘。「無症状感染の広がりについて分かっていれば、異なるアプローチを取っていたと言わざるを得ない」と述べた。

また、公衆衛生当局の当初の想定では無症状感染者の割合は15─20%とされたが、実際には少なくとも40%だったとし、「われわれは症状のある人を探していたが、ウイルスにさらされた人を探すべきだった」と語った。

同氏によると、米国での最近の感染拡大は18─35歳が中心だという。

同国では5日までの週に新規感染者が前週と比べ27%増加した。

トピックス

ランキング

  1. 1

    枕営業NGが…少女に欲情し犯罪へ

    阿曽山大噴火

  2. 2

    山尾氏が比例1位 新立民へ配慮か

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  3. 3

    なぜベーシックインカム論再燃か

    ヒロ

  4. 4

    都構想 不都合は語らぬ説明会

    柳本顕

  5. 5

    竹中氏「月7万円給付」は雑すぎ

    藤田孝典

  6. 6

    もう無関心?コロナに飽きる日本

    赤木智弘

  7. 7

    半沢人気支える? 目力メイクの技

    松田健次

  8. 8

    不祥事多い文政権が揺るがぬ理由

    WEDGE Infinity

  9. 9

    「バカ発見器」Twitterの対処法

    御田寺圭

  10. 10

    トヨタ去る若手と年功序列の崩壊

    城繁幸

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。