記事

【テラスハウス・出演者死去】英国のリアリティ番組でも、問題続出 私生活露出でもOK?

1/3

 米ネットフリックスで配信された、リアリティ番組「テラスハウス」(フジテレビ制作)に出演していた女子プロレスラー、木村花さんが5月23日、亡くなった。死因は明らかにされていないが、番組内での言動について、ソーシャルメディア上で木村さんを非難するような投稿が多数行われていた。自殺だったという見方もある(“強制わいせつ事件”も起きていた【テラスハウスの闇】 木村花さんを追い詰めた「過剰演出」と「悪魔の契約書」、文春オンライン、5月27日付)。

 「テラスハウス」とは、三人の男性と三人の女性が同居する様子を描いたリアリティ番組で、番組ではパネリストたちがメンバーの会話や行動に対して、リアルタイムで解説していく形を取る。

 なぜ木村さんを非難するような投稿があったのかについては、複数の報道媒体が「コスチューム事件」を挙げている。

 今年3月31日の配信の番組内で、男性出演者の一人が木村さんの試合用のコスチュームを間違って洗濯して縮ませてしまい、これに木村さんが激怒。男性がかぶっていた帽子をはね飛ばすなどした。これをきっかけに、木村さんに対する厳しいコメントがネット上に出た。誹謗中傷は木村さんの母親にも及び、1日に100件以上出たこともあったという。

 筆者は、テラスハウス事件を聞いて、英国でも人気の数々のリアリティ番組のこれまでの論争を思い出した。

「ビッグ・ブラザー」が口火を切る

 その1つが「ビッグ・ブラザー」だ。元々は、英作家ジョージ・オーウェルが書いた近未来小説「1984年」(1949年出版)に出てくる「ビッグ・ブラザー」(「大いなる兄」の意味)に由来する。監視社会の恐ろしさを描いたこの小説の中で、ビッグ・ブラザーとは至る所に設置された巨大スクリーンから国民の一挙一動を監視する存在である。

 この名前を冠したテレビ番組が世界中で放送されるようになったのは、1999年以降だ。最初に開始されたのはオランダだが、番組のフォーマットはどの国のバージョンでもほぼ同じである。番組に参加する若者数人(「ハウスメイト」)が、数週間、合宿生活を体験する。外部との接触が禁じられ、その生活の様子は24時間、カメラが監視し、テレビで放送される。

 英国では主要テレビ局の1つチャンネル4が2000年から放送を開始した。ハウスメイトたちは様々なゲームに参加し、毎週、一人が「ビッグ・ブラザー・ハウス」(合宿所)から排除される。自分たちで「排除される人のリスト」を作り、視聴者はこのリストの中から「誰が排除されるべきか」を「投票行為」によって、選択する(「投票」はチャンネル4が画面で示す電話番号にかけることを意味した。投票方法は後に変わっていく)。ハウスメイトたちは、排除されないよう、様々な努力をする必要があった。

 最後までハウスに残った人物は巨額の賞金を獲得することができた。番組に参加すれば、有名になれる。最後の一人になれば、大金が手に入る。「有名になりたい」と思う若者にとって、絶好の機会を与えてくれるのがこの番組だった。テレビ局からすれば、高額の出演料を払う必要がない上に、視聴者に番組への参加意識を持たせることができる、視聴率を上昇させることができるなど、いいことずくめの番組だった。 

 英国の「ビッグ・ブラザー」は2000年から10年まではチャンネル4で、11年から18年まではチャンネル5で放送された。

 スピン・オフとして、著名人が参加した「セレブレティ・ビッグ・ブラザー」シリーズもそれぞれの局が放送した。

衆人環視で生きたジェイド・グディさん

 視聴者数人の合宿生活を延々と放送して、何が面白いの?と思う方もいらっしゃるだろうが、これまでにはない形の番組であり、他人の私生活をのぞき見しているようなスリル感もあって、ついつい見てしまう人が多かった。

 また、外部との接触を禁じられた数人が一か所で一定期間生活すれば、必ずと言ってよいほど、何らかの対立や衝突が起きる。ドラマが発生する。それもまた、視聴者としては目を離せない要素となる。

 「ビッグ・ブラザー」(とそのスピン・オフ番組)は、ハウスメイト同士のいじめ、人種差別主義的言動、ハラスメント、制作側からのやらせ疑惑など、様々な問題点を指摘されるようになるが、話題になればなるほど視聴率が上がった。

 リアリティ番組に出演してハラスメントにあった人…と言えば、英国でよく知られているのが2002年、「ビッグ・ブラザー」に参加したジェイド・グディさんだ。

 

ジェイド・グディさん(チャンネル4のウェブサイトより)

 最初の出演時には21歳のグディさんは、ロンドン南部に住む歯科アシスタントだった。労働者階級出身で、一般常識にややうといけれども、正直で、思っていることを歯に衣着せず言葉にするタイプで、「自分が言いたいことをズバリと言ってくれる」、「笑わせてくれる」女性として支持を受けた。

 その一方で、「陰険な意地悪女」を意味する「ビッチ(bitchy)」な女性とも呼ばれた。当時のBBCニュースのサイトを見ると、読者から寄せられた意見として「無礼」、「無知」、「頭にくる」、「不愉快」という言葉が目に付く。

 グディさんに対する、大きな非難の嵐が巻き起こったのは、「セレブリティ・ビッグ・ブラザー」(2007年)に出演した時だ。

 参加者の中に、インド出身の映画女優シルパ・シェティさんがいた。番組内では、シェティさんに対する差別的表現が飛び交った。グディさんの母親ジャッキ・バディさんがシェティさんを「プリンセス」(気取っている、という意味)、「インド人」と呼び、ボーイフレンドのジャック・トイードさんがシェティさんを「カント(女性器、の意味。女性に対する最大級の蔑視を表す)」と呼んだ。

 シェティさんを馬鹿にしてもよいという雰囲気が濃厚になる中、グディさんはシェティさんに対し「あなたはプリンセスでもなんでもないわね」、「スラム街で暮らしてみれば」などと発言。翌日、グディさんはほかの参加者との会話の中でシェティさんを「シェルパ・パパダム」などと呼んだ。パパダムはインド風のパンのことで、シェティさんを低い位置に置いた表現である。

[画像を元記事で見る]

 当時の動画を見ると、映画女優シェティさんは、高等教育を受けた知識層が話すようなアクセントで英語を話し、その立ち振る舞いは礼儀正しかった。

 グディさんたちは、ロンドンの労働者階級のアクセントで話し、横たわりながらシェティさんに差別的言葉を次々と放っていた。笑い転げながら、暴言を共有していた。

 グディさんたちは、自分たちのこうした姿を意識的に外にさらしたいと思っていたのだろうか?それとも、「うっかり」だったのか。

 人種差別に対して、英国民の多くは非常に敏感だ。番組スタッフ側もさぞ対応に困ったことだろう。

 「シェルパ・パパダム」発言の日、グディさんはハウスメイトがビッグ・ブラザーと一対一で話すことができる「ダイアリー・ルーム」に呼ばれた。この時、グディさんは自分は人種差別主義者とは思わない、と説明している。

 翌日もダイアリー・ルームに呼ばれたグディさんは、ビッグ・ブラザーから「人種差別主義的言動は許されない」と言われてしまう。

 

 この後で、グディさんとシェティさんはじっくりと話す時間を持ち、互いに謝罪した。

 そのまた翌日、グディさんは視聴者からの投票により、ビッグ・ブラザー・ハウスから排除され、最後に残ったシェティさんがその回の番組の勝者となった。

 グディさんとシェティさんの先のやり取りが放送されると、チャンネル4や放送・通信の監督機関オフコムに苦情が殺到した。

 オフコムに対する苦情件数が4万5000件を超えたことで調査が開始され、オフコムはチャンネル4でのグディさんの「シェルパ・パパダム」発言とほかの参加者の発言2つが、放送規定を違反したという結論を出した。

 一挙に「悪役」として報道されたグディさんは、その後、複数のメディアの取材を受けて発言を謝罪。番組出演料を慈善組織に寄付すると述べた。ビッグ・ブラザー・ハウスから排除されてから10日後、「精神状態悪化」のために入院した。

 ほかの参加者でシェティさんに差別的な発言をしたジョー・オメアラさんも、心身ケアの治療を受けた。無料新聞「メトロ」のインタビューの中で、「自殺したくなった」と述べている。

 人種差別的発言とその後の批判の嵐は、参加者全員に大きな心理的プレッシャーを与えたのである。

 グディさんは2008年にインド版の「ビッグ・ブラザー」である「ビッグ・ボス」に参加。シェティさんが今度は司会役となった。参加から間もなく、ガンにかかっていることが判明すると、その闘病の様子をメディアは大々的に報道。2009年3月22日、死去。

 ガーディアン紙の訃報記事(2009年3月23日付)は、「安らかに -やっとスポットライトから抜け出ることができた」という見出しをつけた。

 グディさんは「ビッグ・ブラザー」参加時点から亡くなるまで、衆人環視下に置かれた。番組に出たことで有名になり、自分の名前を冠した製品を販売して富を得た。しかし、人種差別的発言で大バッシングを受け、公的な謝罪をせざるを得なくなった。最後はガンにかかり、「ビッグ・ブラザー」に最初に出た頃の人気を取り戻したけれども、ひっそりと生きることは許されない人生だった。

あわせて読みたい

「テレビ番組」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    沖縄での自衛隊めぐる発言に疑問

    和田政宗

  2. 2

    小沢一郎氏に翻弄された玉木代表

    早川忠孝

  3. 3

    日本企業が離れていく韓国の苦境

    PRESIDENT Online

  4. 4

    ポリ袋はエコ 製造会社涙の訴え

    PRESIDENT Online

  5. 5

    病と闘い 渡哲也さんの役者人生

    渡邉裕二

  6. 6

    安倍首相のコピペ挨拶騒動を検証

    木走正水(きばしりまさみず)

  7. 7

    氷河期世代に刺さった半沢の言葉

    PRESIDENT Online

  8. 8

    マイナポイント5千円分付与の罠

    女性自身

  9. 9

    なぜ韓国の失業率は低い水準か

    ニッセイ基礎研究所

  10. 10

    コロナで他人を攻撃する日本人

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。