記事

世界の研究が明かす「なぜ、妻より年収が低い男は不倫に走りやすいか」

1/2

ワイドショーやニュースサイトでは、不倫の話題が後を絶ちません。脳科学や心理学など多くの研究が、不倫する人の特徴と、浮気を抑制する因子について明らかにしています。

詐欺師彼氏の説明を求める女の子

※写真はイメージです(写真=iStock.com/AntonioGuillem)

不倫にまつわる言説は、どこまで本当か

不倫に対して高い関心を持つ人が多いことは否めません。それが嫌悪であろうと、好奇心であろうと、多くの人が他人の不倫に興味を持ち、また、自身の身近にある不倫に悩んでいます。

近年、不倫に対する風当たりが強くなっているにも関わらず、未だに、男性は沢山の子孫を残すという本能があるから、などの文言も多くみます。また、裏切られたほうにも問題があるという見方が存在することで、子どもや仕事にかかりきりで夫婦関係が希薄になっていることや自身の魅力が減っていることが原因ではないか、と考える人もいます。

これらは一体どこまで真実なのでしょう。今回は、研究から明らかにされている「不倫をする人の特徴」について紹介します。

1.収入が高い男性は不倫する率が22倍高い

いくつかの研究から、既婚男性の20~40%、既婚女性の20~25%は不貞行為の経験があると報告されています。女性の不貞行為率が高いという印象を受ける人も多いでしょう。良くも悪くも、「生物学的(たくさんの子孫を残したいという)男性の本能」だけが不貞行為の原因になっているわけではなさそうです。

男性では、収入が高い人ほど不貞行為の割合が高くなる一方、女性では収入と不貞行為に関連はありません。年収が100万未満の男性に比べて、1000万以上の人では、22.5倍不倫率が上がるという結果もあります。これは、男性の場合、不倫にかかる費用の捻出が必要になってくることに加えて、高収入は権力とも結びつき、男性自身の魅力度をあげるため機会も増える、と解釈されています。

さらに、近年インターネットサイトを利用した不貞行為が増えており、収入が高い人の方がより課金していることがわかりました。面白いことに、この研究では、男性は機会の数だけ不倫をする、というように「質より量」を選ぶのに対し、女性の場合には機会に対して必ずしも乗るわけではないため、このような収入による男女差が生まれたとされています。

2.妻より低収入な夫ほど不倫率が高まる

世界的な傾向として、女性(妻)の収入が男性(夫)より多い、あるいは同等の場合、男性の不倫率が高くなるという報告が多数されています。人は、自分はこうあるべき、というアイデンティティに沿った環境に身を置き、それに沿った行動を望む、という傾向があります。そのため、「一家の稼ぎ手であるべき」という男性のアイデンティティに対し、女性の収入が多いとそのアイデンティティが崩れる危機を感じます。

結果、自らの男性性を回復させようと不倫に走ると説明されています。つまり、家庭内での女性への劣等感、のようなものが、家庭外で劣等感を感じなくて良い関係性を求めることになると言いたいのでしょう。このメカニズムは、収入に限らず、社会的立場などが大きく違う、いわゆる格差婚と言われるような場合に生じると考えられます。

3.不倫をする人は不安傾向とナルシスト度合いが高い

アメリカ・テキサス大学オースティン校の研究チームは、1万人以上のデータをもとに、不貞行為を行なっている人は、社会における何らかの不正行為をしている割合が、不貞行為を行なっていない人の2倍に上ることを、米国科学アカデミー誌に報告しています。個人の性的な行動は職業上の不正行為と相関していることを示したのです。つまり、男女関係で誠実でない人は、何事においても誠実ではない可能性が高いということです。

また、国や文化を問わず、不倫をしがちな性格特性として、①神経症傾向が強い ②ポジティブさが低い ③精神的に不安定である ④ナルシスト度合いが高い、ことも挙げられています。親の不貞行為を知っていた子どもは将来不貞をしがちであるという衝撃の研究報告もあります。

夫婦間セックスの回数や子どもの有無は関係ない

では、不倫に走らせない抑制因子には何があるのでしょうか? 真っ先に思いつくのは、夫婦間のコミュニケーション問題でしょう。ところが、日本の研究からは、夫婦関係のなかでもセックスの回数、子どもの有無や子どもの人数は、いずれも、不貞行為と関連がないことが示されています。つまり、幼い子どもがいようといまいと、夫婦間での性的コミュニケーションがあろうがなかろうが、不倫をする人はするし、しない人はしないのです。

興味深いデータとしては、男女ともに、日本では学歴が高くなると不貞行為の率が減ることが示されています。実は、アメリカのデータでは学歴が上がると不倫が増えるという結果のほうが多く、これは文化差を反映した結果だと考えられます。

また、性格特性(開放性、誠実性、外向性、協調性、神経症傾向)の程度が夫婦間で似ていると、お互いに誠実になる、ということもわかっています。

さらに、妻への依存心が強い人ほど、不貞行為は働かないことも明らかにされています。男性は年齢が上がるにつれ、妻への依存心が増え(体力的な衰えとは別に)、不倫をする機会が減ることも報告されています。

あわせて読みたい

「不倫」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    朝日新聞が月ぎめ4400円に 27年ぶりの購読料値上げは吉と出るか、凶と出るか 

    木村正人

    06月15日 18:26

  2. 2

    五輪強行開催 コーツが来たりて大量虐殺の笛を吹く

    田中龍作

    06月15日 08:39

  3. 3

    2021年のガンダムの見せ方、それとテロリズム──『閃光のハサウェイ』

    シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

    06月15日 08:36

  4. 4

    「外食産業の真実爆弾」ウハウハのマクドナルド、崖っぷちワタミの"笑えない格差"はどこでついたか

    PRESIDENT Online

    06月15日 13:40

  5. 5

    選手間の感染だけでなく熱中症の死亡リスクも 東京五輪は綱渡り状態

    諌山裕

    06月15日 11:52

  6. 6

    ワクチン接種は医療者として当然必要な条件 個人の自由を制限するのはダメなのか

    中村ゆきつぐ

    06月15日 08:23

  7. 7

    数字の水増しが常態化? 小池知事が招いた都庁の緊急事態

    文春オンライン

    06月15日 10:31

  8. 8

    二階俊博氏、コロナ対策で失策の指摘に「これ以上やりようありますか?」と逆質問

    ABEMA TIMES

    06月15日 19:26

  9. 9

    田中みな実、長澤まさみ問題で考える マネージャーの劣化か時代の変化か

    NEWSポストセブン

    06月15日 08:58

  10. 10

    内閣不信任案提出はいいが、趣旨説明の時間が無制限というルールは止めた方がいいな

    早川忠孝

    06月15日 16:04

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。