記事

アベノマスクは「2人分」ではなく「1人分」

■マスクを着けることがステータスになる息苦しい社会

 ショッピングに出かけると、たまに「マスクを着けていない人は立ち入り禁止」とアナウンスされている店がある。うっかりマスクを持たずに車で出かけると、そのマスクを買うための店に入れないため、仕方なくマスクを取りに自宅まで引き返さなければならないという笑い話のような事態に直面することになる。

 このコロナ消費不況下で、マスクを忘れたというだけで、せっかく訪れた客をシャットアウトするわけだから、まさに「営業放棄」とも言えるが、ショップ側の立場で考えてみると、「マスクを着けていない客がいる店」というような噂が広まると、余計に客が減少してしまうという危惧があるのかもしれない。マスクを着けていない客が多ければ「風紀の悪い店」、マスクを着けている客ばかりであれば「風紀の良い店」というような評価基準がいつの間にか出来上がっている状態だとも言えるだろうか。

 これまでの世間の常識では、マスクで顔を隠した人が入店すると怪訝な目で見られたと思うのだが、現在では逆にマスクで顔を隠していなければ怪訝な目で見られるという有り様。こんな調子だと、そのうち、フルフェイスのヘルメットを被って入店することが解禁されて有り難がられるようになるのかもしれない。ヘルメットを被っていればウイルスを巻き散らす心配もないという理由で重宝がられるかもしれない。強盗に入店されることよりも、ウイルスを侵入させないことが第一義となる。はたして、そんな社会が正常と言えるのだろうか?

 マスクを着けていなければ肩身の狭い思いを余儀無くされる。名実共に、なんとも息苦しい社会になってしまった。

■「安倍総理のシンボル」となったアベノマスク

 街中を歩いていると、カラフルなマスクやデザイン性のあるマスクを着けている人を多く見かけるようになった。白・青・黒のシンプルなマスクだけでなく、もっとカラフルなマスクや模様の入ったマスクまで見かけるようになり、まるで新しいファッションでも流行しているかのようにマスクの百花繚乱状態となっている。マスクの機能性よりもデザイン性が重視されており、この傾向はますます強くなっていきそうな気がする。

 しかしながら、アベノマスクを着けている人には未だにお目にかかったことがない。サイズが小さ過ぎるのでファッションセンスが悪いという意味で使用しない人が多いのだろうか。着けているのは安倍総理だけであり、文字通り「安倍総理のマスク」(アベノマスク)となってしまった感がある。

 ただ、アベノマスクを配ることを決定したのは安倍総理だけではないだろうから、他の自民党の政治家達が誰もアベノマスクを着けていないというのは少し問題かもしれない。これでは自民党自らが「アベノマスクは失敗だった」と暗に認めているようにしか映らない。

 ところで、配布される布マスクが2枚と決定された当時、「2人分では少ない」と言っている人が多くいたが、これは間違っている。
 洗えるマスクというのはマスクを洗って干している間は使用できないので、2枚で1人分ということになる。家族が何人いようと1人分のマスクだけ。そう考えると、さすがにこの政策は擁護のしようがないなと思える。

 先程も述べたように、自民党の政治家達もあまり触れられたくないので、布マスクを着けていないのかもしれない。さすがに安倍総理まで着けないわけにはいかないので“責任を取る”という意味で仕方無しに着用されているのだろう。その姿勢はご立派だが、同情を禁じ得ない。

 たかがマスク、されどマスク、マスクの善し悪しに振り回される日本、随分と息苦しい社会になったものだ。

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    テレ朝のPCR巡る報道に医師怒り

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    相次ぐ企業赤字 観光自粛に異議

    青山まさゆき

  3. 3

    徴用工問題は日韓政府が解決せよ

    ヒロ

  4. 4

    菅氏vs沖縄知事 コロナ巡り応酬

    BLOGOS しらべる部

  5. 5

    自民議員 徴用工巡り対韓制裁も

    赤池 まさあき

  6. 6

    宮崎駿に学ぶ メモしない発想法

    放送作家の徹夜は2日まで

  7. 7

    韓国語だけ水有料表記 会社謝罪

    BLOGOS しらべる部

  8. 8

    橋下氏 生産性の低い国会に苦言

    橋下徹

  9. 9

    消費税5% 解散総選挙で奥の手か

    NEWSポストセブン

  10. 10

    菅義偉内閣を直ちに組閣すべき

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。