記事

「不祥事芸能人の出演シーン」をカットしなかったフジテレビはえらい

1/2

不祥事を起こした芸能人はテレビから消し去るべきなのか。元テレビ朝日プロデューサーの鎮目博道氏は「7月6日にフジテレビで放送された『やまとなでしこ 20周年特別編』では、2年6カ月の実刑判決を受けた押尾学さんの出演シーンに注目が集まった。出演シーンは数秒間だったが、カットしなかった判断は尊重されるべきだ」という――。 TBSドラマ「夢で逢いましょう」制作発表会見
TBSドラマ「夢で逢いましょう」制作発表会見=2005年4月4日、東京・目黒区のウエスティンホテル - 写真=時事通信フォト

「やまとなでしこ」再放送で注目された押尾学の処遇

7月6日午後9時からフジテレビ系で放送された「やまとなでしこ 20周年特別編」。再放送の話題とともに、かつて麻薬取締法違反罪や保護責任者遺棄罪で有罪判決を受けた元俳優・押尾学さんの出演シーンが放送されるのかに注目が集まった。

フジテレビは押尾さんの出演シーンは「適切に編集」とメディアの取材に答えていた。6日に放送された特別編は全11話のおよそ半分を約2時間に圧縮。EPG(電子番組表)の出演者の欄には押尾さんの名前がなかったため、私は「ひょっとして出演シーンはカットされたのでは」と思っていた。しかし、いい意味でフジテレビに裏切られた。

フジテレビビルを持つお台場島のアクアシティショッピングセンター
※写真はイメージです ー写真=iStock.com/kuremo

結局、押尾さんは私が確認できた限りでは、冒頭に近い「合コン」のシーンで1度登場した(セリフらしいセリフはなかった)。また、今回新たに作成されたと思われるエンドロールのテロップにも、しっかりと名前がクレジットされていた。今回フジテレビは「押尾学さんを消さずに、許した」と考えて良いだろう。

そもそも、なぜ不祥事を起こした芸能人をテレビから「消す」必要があるのだろうか? 消す基準や、許される基準はあるのだろうか。筆者は約30年、この業界でテレビ制作に携わってきたが、実はこの「答え」はハッキリしない。それが今のテレビ業界の現実だ。

ドラマとバラエティで異なる「消される基準」「許される基準」

テレビ制作の現場では、「不祥事を起こした芸能人」を編集で「消す」作業に悩まされた人は少なくない。私自身であってもここには書けないが、そうした経験をしたことはある。

収録済みの映像素材から不祥事を起こした特定の人物を消す編集作業は、実は、バラエティ番組の方がドラマより簡単だ。そしてこの違いは、バラエティとドラマの「消される基準」と「許される基準」の違いを生む理由にもなっていると思う。

バラエティ番組は、収録は数台のカメラを回しながら行われる事が多い。通常は5台くらいのカメラを同時に回して(パラ回しという)いるので、あとで「消したい人物が写っていないカメラの映像」だけを選択して編集する事で、その人物がいた痕跡すらものの見事に消し去ることができる。

収録は放送時間の倍以上かけているので、その人物が話していないパートだけを使ってもなんとなく番組が成立してしまうことも多い(MCだったりするとそう簡単にはいかない場合ももちろんあるが)。

ドラマで「消し去る」ことは困難を極める

ドラマではなかなかそうはいかない。まず、そんなに多数のカメラをパラ回ししているケースは少ない。原則は1台のカメラで、撮影直後にOKかどうかを確認しながら収録していく「映画スタイル」に近いので、何かあったときに差し替えられる映像は少ない。

しかも、台本に基づいて必要なシーンだけを撮影するため、ある人物が登場するシーンやセリフをカットすると、そもそも話の辻褄が合わなくなる。バラエティに比べて「取り返しがつかない」のだ。つまり、ドラマでは「消しにくいから消さずに放送する」というケースがバラエティより多くならざるを得ない。

例えば、今年4月18日から3週連続で週末に再放送されたTBS「JIN-仁-」の特別編では、俳優の小出恵介さんの姿が久々に地上波に流れ話題となった。

小出さんは17歳の女子高校生と飲酒および不適切な関係を持ったことが報道され、芸能活動を休止したが、不起訴になっており刑事責任は問われてはいない。近々ニューヨークの舞台で芸能活動を再開する予定だという。

ドラマは「許される基準」が厳しい

とはいえ、小出さんは多分テレビ業界から全面的に許されたわけではないと思うのだ。今回「JIN-仁-」から「消されなかった」のはドラマだからだ。「小出さんが出ているからと言って再放送を見合わせるほどではない」、「ストーリー展開に無理が生じてまで出演シーンを全カットするほどでもない」という程度に許されただけなのだと思う。

もしこれがバラエティ番組の再放送だったら、多分カットされ、消されていたのではないか。それでも十分番組として成り立つからだ。

このように、不祥事芸能人が「消される基準」はバラエティの方が厳しい。逆に「許される基準」はドラマの方が厳しいのだ。もし、小出恵介さんが芸能活動を再開したとして、「あの人は今」的なバラエティに出演できる可能性はあり得るが、新撮のドラマにキャスティングされるのは難しいと思う。

テレビと使用リモート コント ローラーを見ている女性
※写真はイメージです - 写真=iStock.com/0meer

順調に行ったとしてもバラエティ番組に徐々に出演を積み重ね、その先にようやくドラマ復帰となるのではないか。ドラマはいったん企画を走らせると修正しにくい。「なぜあの人を出すのか。もう許すのは早すぎるのではないか」と世論の反発を受けた場合に、ドラマの方がバラエティより対応しにくいので慎重にならざるを得ないのだ。

「罪の重さ」は関係ない

さて、説明しやすいのでずっと小出恵介さんを例に挙げさせてもらって恐縮だが、もう少し小出さんを例に、テレビが不祥事を起こした芸能人を消す基準とは何かを、別の側面から考えてみよう。それは、「果たして消される基準と罪の重さは関係するか」という問題だ。

小出さんは刑事では不起訴になっている。しかも、不祥事が発覚したのは2017年6月と、3年前のことだ。それでも芸能活動再開に批判の声があるという記事も目にする。

それに比べて、ピエール瀧さんのケースはどうだろう。昨年3月にコカインを使用したとして麻薬取締法違反で逮捕され、昨年6月には執行猶予付きの有罪判決を受けた。現時点でテレビへの復帰こそないものの、逮捕1年弱で映画の撮影に参加。所属する電気グルーヴの作品回収に反対する署名活動が広がり、多くの賛同を得るなど世間はとても同情的だ。

この差はいったい何なのか?

世間は芸能人の「薬物」と「賭博」には比較的寛容だ。これは「薬物と賭博には被害者がいない」からではないかと思う(実際には薬物を使用したり、賭博をすれば反社会的勢力に資金が提供されるわけだし、厳密な意味で被害者がいないわけではないのだが)。

あわせて読みたい

「フジテレビ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    河野大臣が表情変えた記者の質問

    BLOGOS しらべる部

  2. 2

    大阪うがい薬推奨に医師らは呆れ

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    テレ朝のPCR巡る報道に医師怒り

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    玉木氏に横柄? 枝野代表の狭量さ

    早川忠孝

  5. 5

    文科相が一部大学の授業を批判か

    BLOGOS しらべる部

  6. 6

    イソジンの転売 薬事法に抵触

    BLOGOS しらべる部

  7. 7

    イソジン効果「期待しない方が」

    ABEMA TIMES

  8. 8

    徴用工問題は日韓政府が解決せよ

    ヒロ

  9. 9

    トランプ氏 レバノン爆発は攻撃

    ロイター

  10. 10

    臨時国会逃げる政府 終焉近いか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。