記事

景気動向一致指数5月は5.5ポイント低下、10カ月連続で判断「悪化」


[東京 7日 ロイター] - 内閣府が7日公表した5月の景気動向指数(速報値、2015年=100)で、一致指数は前月から5.5ポイント低下し74.6となり、リーマン・ショック後の2009年7月以来の低水準となった。新型コロナウイルスの感染拡大による雇用・生産の悪化が直撃しており、基調判断は10カ月連続で「悪化を示している」で据え置かれた。一方、先行指数は同1.6ポイント上昇し、3カ月ぶりにプラスに転じた。

一致指数の低下に最も影響したのは有効求人倍率の悪化。次いで鉱工業生産関連の指数で、鉄鋼や非鉄金属、自動車関連の輸出減少などが響いた。

一致指数の前月比での低下幅は、比較可能な1985年以来4番目の大きさ。

先行指数は79.3となった。前月比での上昇に寄与したのは新規求人数、マネーストック、東証株価指数、日経商品指数など。

*内容を追加しました。

(竹本能文 編集:田中志保)

トピックス

ランキング

  1. 1

    菅首相の沖縄への態度にドン引き

    文春オンライン

  2. 2

    貧困率15% 新興国水準に近い日本

    六辻彰二/MUTSUJI Shoji

  3. 3

    65歳はもはや「高齢者」ではない

    内藤忍

  4. 4

    アルコール依存症巡る報道に苦言

    藤田孝典

  5. 5

    菅首相は早く臨時国会を開くべき

    鈴木しんじ

  6. 6

    植草&錦織が漏らしていた格差

    文春オンライン

  7. 7

    山口容疑者 基準値の約5倍を検出

    ABEMA TIMES

  8. 8

    「河野大臣は常識ない」に違和感

    早川忠孝

  9. 9

    空気感染? 医師「今まで通りで」

    中村ゆきつぐ

  10. 10

    山口達也 飲酒解禁はこの1年か

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。