記事

アングル:事故は減っても死亡率上昇、新型コロナの交通事情


Lena Masri

[ロンドン 26日 ロイター] - この春、新型コロナウイルスのまん延に伴うロックダウン(都市封鎖)により、交通量が大幅に低下し、自動車事故の件数も減少した。だがロイターが分析したところ、いくつかの都市では、車が少なくなった道路でドライバーたちが速度を上げるようになったため、死亡事故が起きる可能性はむしろ高くなっていることが分かった。

ニューヨーク市では4月、交通事故全体に占める死亡事故の比率が前年に比べ167%上昇。同じく、シカゴでは292%、ボストンでは65%の増加となった。欧州では、スペインのマドリッドで、死亡事故の比率が470%も上昇している。

交通量が激減しているのに道路の危険性が増している、という状況は米国全土に見られる。米国安全性評議会は運転距離1マイルあたりの死亡率について、今年4月は前年同月比で37%上昇したと述べた。

同評議会は5月、ロックダウンと交通渋滞の減少で「無謀運転が公然と解禁されたように見える」との声明を出した。

米オハイオ州における調査によれば、クリーブランド、シンシナティ、コロンバスでは、3月28日から4月19日にかけて平均速度の上昇はわずかだったものの、大幅な速度超過で運転していたケースは劇的に増えたという。

オハイオ州立大学の都市・地域分析センター所長、ハーベイ・ミラー教授(地理学)は、「速度超過はあまりにも酷い。本当にショックを受ける」と話す。「交通量の減ると走行速度が上昇するという事実は、交通量の多さがスピードを抑制する大きな要因になっているという証拠だと考えられる」

欧州交通安全協議会がまとめた報告によれば、ベルギーやデンマークなどでも同じように高速運転の増加が見られるという。

<教訓は何か>

もちろん多くの場所では、交通量が減少した結果として事故の死者数そのものは減っている。ニューヨーク市における4月の衝突事故件数は4103件で、前年同月の1万6808件より76%も減った。同じく、死亡事故は20件から13件に35%の減少。だが、衝突事故1000件あたりの死亡事故件数は、逆に1.2件から3.2件に増加している。

街路の安全性や自転車、徒歩、公共交通機関による移動を提唱するニューヨーク市の団体「トランスポーテーション・オルタナティブ」の広報担当者ジョー・カトルフォ氏は、「市街地の道路では、衝突といっても速度は低く、フェンダーが凹む程度の軽い事故で済む」と語る。「ドライバーが飛ばすようになれば、そうした事故も死亡につながる可能性が高くなる」

カトルフォ氏は、ロックダウン中に得られた教訓を活用して街路の設計を見直すべきだと語る。まるで幹線道路のように幅の広い街路は高速での運転を誘発する。また、自転車や徒歩で移動し、座り、ジョギングを楽しめるよう、自動車を締め出す街路を増やすべきである。

ニューヨーク市警察によれば、走行速度の上昇傾向は把握しており、パトロールを強化しているという。交通分析会社INRIXのデータによると、ニューヨーク市内の走行速度は、昨年4月の時速28マイル(約45キロ)から、今年4月には時速41マイル(約66キロ)へと44%上昇している。

ロンドン市内の交通システムを担当する政府機関、ロンドン市交通局のデータによれば、この4月、ロンドン市内では交通事故で9人が死亡した。これは例年とほぼ同じ水準だが、INRIXが提供するデータによれば、ロンドンにおける走行距離が2月から4月にかけて69%減少している。にもかかわらず、死者数は横這いのままとなっている。

INRIXでは、事業用トラック、自動車メーカー、衛星利用測位システム(GPS)、ループ式車両感知器、パーキングメーターその他の情報源からデータを集めている。

ロンドン警視庁で重大な死亡事故を捜査するアンディ・コックス刑事局長は、ソーシャルメディアを通じて、国民医療サービス(NHS)に負担を掛ける衝突事故のリスクを抑えるよう、スピード抑制と安全運転を呼びかけた。

コックス刑事局長は、スピードを上げすぎるドライバーについて「彼らは自分が何か事故に遭うなどとは思っておらず、他の道路利用者やその幸福についても考えていない」と話す。「まったく許しがたい。死亡事故、人生を一変させる重大な事故を引き起こす最大の要因がスピードであることを認識する必要がある」

コックス刑事局長によれば、ロックダウン中、ロンドンにおける速度違反は前年同時期に比べ187%増加した。だが、大幅な速度違反に限れば236%とさらに増えている。警察の記録によれば、時速40マイル制限の区間で134マイル(約216キロ)、30マイル制限の区間で110マイル、20マイル制限の区間で73マイルという例が見られた。

フランスでは、昨年4月の交通事故が4234件だったのに対し、今年4月は1099件へと74%減少した。だが同じ時期に、交通事故による死者数は233人から103人へと56%しか減っていない。事故件数、死者数が全体として減っている一方で、事故全体における死亡率は70%上昇している。

(翻訳:エァクレーレン)

トピックス

ランキング

  1. 1

    毒メシをやめて成績UP? 医師苦言

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    感染対策 レジのシートは逆効果

    かさこ

  3. 3

    スガ批判の左派に待つ皮肉な現実

    PRESIDENT Online

  4. 4

    竹中平蔵氏と会食の菅首相を批判

    藤田孝典

  5. 5

    消費税めぐる左翼層の主張に呆れ

    青山まさゆき

  6. 6

    ソフバ株売出し 驚きの人気ぶり

    近藤駿介

  7. 7

    劇団ひとりがED克服したキッカケ

    SmartFLASH

  8. 8

    携帯料金よりNHK受信料を下げよ

    自由人

  9. 9

    ウイグル問題 世界的企業に打撃

    SmartFLASH

  10. 10

    河野氏は霞が関ホワイト化可能か

    千正康裕

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。