記事

5月実質賃金は前年比2.1%減、4年11カ月ぶり減少率=毎月勤労統計


[東京 7日 ロイター] - 厚生労働省が7日発表した毎月勤労統計調査(速報)によると、5月の実質賃金は前年比2.1%減と3カ月連続で低下した。新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言などによる労働時間短縮が響いた。2015年6月以来4年11カ月ぶりの減少率だった。

名目賃金に当たる現金給与総額は前年比2.1%減の26万9341円で、15年6月以来の減少率だった。ボーナスなど特別に支払われた給与は同11.3%減の1万0975円だった。

基本給に当たる所定内給与は前年比0.2%増の24万3765円。残業代など所定外給与は同25.8%減の1万4601円だった。

(竹本能文※)

トピックス

ランキング

  1. 1

    宗男氏 野党の新内閣批判に反論

    鈴木宗男

  2. 2

    枝野氏のデジタル化批判は的外れ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  3. 3

    半沢の元ネタ 大臣は前原誠司氏

    SmartFLASH

  4. 4

    靖国参拝は「韓国への迎合不要」

    深谷隆司

  5. 5

    「酷くなる」望月氏が菅政権危惧

    たかまつなな

  6. 6

    マスクで重症化予防説 医師解説

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    長官は民間に…平井IT大臣が吐露

    ABEMA TIMES

  8. 8

    サイゼでバイトする星付きシェフ

    PRESIDENT Online

  9. 9

    三原氏が厚労副大臣 衝撃の人事

    藤田孝典

  10. 10

    菅首相は本当に叩き上げ苦労人か

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。