記事

「自分以上の幸せは許せない」娘の結婚相手に注文を付ける毒親の本音

1/2

まるでわが子を憎んでいるような不可解な言動をとる親がいる。脳科学者の中野信子氏は「子どもの成功や幸せを妬み、自分以上に評価されることに釈然とせず、憎悪する親はいます。そうした『毒親』はわが子の人生を支配しようとします」という――。

※本稿は、中野信子『毒親 毒親育ちのあなたと毒親になりたくないあなたへ』(ポプラ新書)の一部を再編集したものです。

毒親問題で注目される歪んだ母子関係

毒親とひとくくりにされますが、母親と娘の問題は特に大きな注目を浴びるようです。

中野信子『毒親 毒親育ちのあなたと毒親になりたくないあなたへ』(ポプラ新書)

関連本もこれまでにたくさん出版されています。スーザン・フォワードの『毒になる親』では、毒親をタイプ別に分類し、それらの解説に主眼が置かれて書かれています。

日本の書籍では、『白雪姫コンプレックス―白雪姫の母の物語でもあれば、コロシヤ・マザーとコロサレヤ・チャイルドの物語でもあるもの』(1985、佐藤紀子)、『母が重くてたまらない―墓守娘の嘆き』(2008、信田さよ子)、『母という病』(2012、岡田尊司)など、40年近く前から近年に至るまで、母子関係の問題に着目した書籍が出版され、その都度、当事者意識のある人々の間で話題となってきました。

家族関係を、「病」であるとして、著者なりの視点で綴った下重暁子さんの書籍も話題になりました。これまで聖域のように扱わなければならなかった家族の問題に切り込み、おかしいと喝破する論調に胸のすく思いをした人も少なからずいるでしょう。

父子のトラブルよりも母娘のトラブルを毒親としてよく耳にするような感があるのはなぜなのでしょうか。統計的に調べればある程度は整理のつけられる問題ではありますが、ひょっとしたら息子は娘よりも親を毒であったとは言いにくいのかもしれません。あるいは、毒だとは認知していないのかもしれません。

いずれにしても、ごくプライベートな問題であるゆえにアンケートを取って評価するというやり方がしにくく、研究もこれから、というところがある領野ではあります。

娘の結婚相手への注文は誰のためか

女性であれば、現代ではまだ、ある程度の年齢になると家族、親族から結婚をどうするのかという話が出てくるでしょう。その際、多くの場合は、母から自分の結婚相手についての注文が付けられます。

※写真はイメージです - 写真=iStock.com/praisaeng

もちろん善意で口を出すことがほとんどでしょうが、気になるケースもあります。直接コントロールしようとあれこれ言うタイプの母と、間接的に子がそういう男を選ばないように誘導するというタイプと、2通りがあるようです。

間接的に言うタイプの人の言辞はこのようです。

あの人はこういう男と結婚してこんな風になっちゃったわね、やっぱり女は男を選ばないとだめね、お父さんみたいな人と結婚できるといいけれどあなたは○○だから難しそうね、等。

子どもを「不幸にしたい」などとはもちろん、明示的に言うことは憚られるでしょう。けれど「お母さんを置いて、あなた一人だけ幸せになろうっていうの……?」という母親もいます。「自分が失敗したから子どもには失敗させたくない」なのか、「自分が失敗したから子どもには成功してほしくない」なのか、「自分の結婚はうまくいったけれど、自分以上に子が幸せになるのは許せない」なのか……。

母親たちが決して口にしない、気持ちの中に持っている暗さや重さを感じるとき、私も苦しい気持ちになります。

「無条件で子の幸せを願う」気持ちと異質の軋み

いずれにしても、親本人が、自身では制御できないところに、「無条件で子の幸せを願う」という気持ちとは異質の軋みを抱えていることがあるようです。

子が自分以上に評価されることに釈然としないものを感じ、憎悪する母もいます。そういう思いを母からぶつけられたことのない人には、驚くべきことのように感じられるかもしれませんが、実際に少なくないのです。

娘が目立っているとそれ以上に目立とうとして、年齢に合わないセクシーな服を着る母、娘がブラジャーを買ってと言うだけで「いやらしい」とけんもほろろに吐き捨てる母、髪を伸ばすことさえ許さない母、娘のファッションをいちいちチェックして、自分のほうが女として上だとマウントを取りにいく母、娘の生活ぶりを細かに観察し、女としてダメ出しをしてくる母……。

子どもが無邪気に幸せに過ごしているとどうにも腹が立ってしょうがない、という親も存在するのです。これが昂じれば虐待という形に発展します。

強すぎる愛情が攻撃性を高める

子が調子に乗っているのが許せない、だから「しつけ」として罰を与えるのだ、という親側の言い分は、テレビでもネットでも虐待事件があるごとに周期的に流れますから、どなたもしばしば耳にしたことがあると思います。これは、保身のための詭弁などではなく、彼らの本心でしょう。

虐待する親は、子を調子に乗らせてはいけない、という感情を、ごく自然な愛情として自認しているのです。毒になる親も同じことで、自分の態度は愛情であると信じて疑わないものでしょう。子にとってはその言葉や行為が、紛れもない虐待や毒であったとしても。

愛情と攻撃を司る機構は意外にも脳の中では近接しています。また、この感情は、家族間のほうが他人よりも強く、互いの類似性が高いほど、高まってしまうものです(あえてで親と表記している箇所は、この感情が母よりも父で強く感じられる可能性があるためです)。

「白雪姫コンプレックス」妬みが毒親を生む

「白雪姫コンプレックス」というのは、「毒親」というタームよりも早くに精神科医である佐藤紀子医師が提唱している用語です。その意味するところは娘側から見た視点と母側から見た視点が混在して世間に流布してしまったため、用法にやや整理がついていない印象がありますが、本稿では、母親が娘に対して持つ憎悪を意味する概念として扱っていきます。

グリム童話『白雪姫』は、継母が娘を殺そうとする物語として広く知られています。しかし、実はグリム童話初版本では継母ではなく、実母が娘を殺そうとする物語であった、というのは、今では有名な話でしょう(二版以降では、実母とするのはよくないという配慮が働いたのか、継母に変更されています)。

この物語では、第三者(鏡)に娘と容姿を比較された母親が、娘の美しさを妬んで娘をあの手この手で殺そうとします。

ごく個人的に聞いた話ですが、私にもこんな友人がいます。

この友人の母は、母親である自分よりも、子である友人が優れていることが許せなかったようでした。もちろん友人からしか話を聞いてはいませんし、彼女のお母様にはまたお母様の言い分というものがあるでしょう。

しかし、友人はそれも理解したうえでなお、自身が受けた仕打ちを忘れられないと言います。

あわせて読みたい

「結婚」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    李登輝氏の死去に冷淡な日本政府

    WEDGE Infinity

  2. 2

    NYの前例 GoToは全く良策でない

    ABEMA TIMES

  3. 3

    YouTube 投稿者乱立で激戦の場に

    後藤文俊

  4. 4

    コンビニ業界はセブンとそれ以外

    内藤忍

  5. 5

    江の島エリア 海に最多の人出か

    島村優

  6. 6

    安倍首相 万全期し再宣言避ける

    ABEMA TIMES

  7. 7

    半沢直樹 青臭いコンビの絶妙さ

    マイナビニュース

  8. 8

    個人番号カードが保険証代わりに

    S-MAX

  9. 9

    ネット授業続けるなら学費免除を

    NEWSポストセブン

  10. 10

    TikTok排除 トランプ氏の感情か

    ABEMA TIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。