記事

拡大版G7サミットには中国が必要─ロシア外務次官=通信社


[モスクワ 4日 ロイター] - ロシアのリャブコフ外務次官は4日、年内に予定されている拡大版主要7カ国(G7)首脳会議(サミット)でのロシアの役割について、ロシア政府は議長国の米政府と協議していないとした上で、中国も拡大版G7サミットに参加すべきとの考えを示した。ロシア国営のイタルタス通信が伝えた。

リャブコフ氏は拡大版G7に中国が含まれなければ、現在の国際問題を話し合うのは不可能だと指摘した。

サリバン駐ロシア米国大使は3日、ロシアのRBCテレビに対し、米政府はロシアがG7で果たすべき適切な役割があるかについて、ロシア外務省や他のG7加盟国と検討していると述べており、リャブコフ氏の発言はこれと矛盾する。

ロシアはウクライナ・クリミア半島を併合したことを受け、2014年に主要8カ国(G8)から除外されたが、トランプ米大統領はロシアの復帰を提案。トランプ氏は先月、ロシアを主要国サミットに加えることは「常識」とした上で、ロシアが参加すれば諸問題の解決がかなり容易になるとの考えを示した。

ただ、他のG7加盟国であるカナダやフランスなどはロシアの復帰に反対している。

トランプ大統領は5月、6月末の開催を目指していたG7サミットを9月以降に延期する方針を表明。参加国を拡大し、オーストラリア、ロシア、韓国、インドを招待するとした。オーストラリアはすでに参加の意向を伝えている。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    歳を取ると「厄介な人」になりがちな理由

    内藤忍

    06月14日 10:57

  2. 2

    ワクチン接種で雰囲気は好転、一方で過激化する「反ワクチン」グループ…正しい知識に基づく感染症対策の継続を

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月13日 08:21

  3. 3

    私がDHC吉田会長の在日コリアンに関する妄想は相手にしなくていいと思う理由

    宇佐美典也

    06月14日 12:00

  4. 4

    小池百合子「女帝」の最後の切り札 五輪中止に動くタイミングはあるのか? - 石井 妙子

    文春オンライン

    06月14日 08:32

  5. 5

    変異株で若い世代の致死率が上昇した事実はなく、40代50代も実際は4分の1に低下

    青山まさゆき

    06月13日 12:45

  6. 6

    LGBT、夫婦別姓…“憲法改正”は令和に必要か? 憲法学者「最高裁や国民がしっかりしないといけない」

    ABEMA TIMES

    06月14日 09:28

  7. 7

    東大・京大も志願者減で止まらぬ「国公立離れ」 その最大の要因は何か

    NEWSポストセブン

    06月14日 08:38

  8. 8

    "やっぱりおかしい"消費税 安宿暮らしは「課税」なのに高級マンション家賃は「非課税」

    キャリコネニュース

    06月13日 09:08

  9. 9

    東芝報告書で思い知った調査の破壊力の大きさ

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

    06月14日 09:07

  10. 10

    オリジナルを常に超越してくる 愛すべきガーナの手描き映画ポスターの世界

    木下拓海

    06月14日 11:34

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。