記事

アンゴラ、減産完全順守求めるOPECに抵抗=関係筋

[ドバイ/ロンドン 3日 ロイター] - アンゴラは、協調減産の完全順守のために一段の減産を求める、石油輸出国機構(OPEC)からの圧力に抵抗している。OPECと業界筋が明らかにした。

OPECとロシアなど非加盟産油国で構成するOPECプラスは、新型コロナウイルスの感染拡大で世界の石油需要が3分の1減少したことを受け、過去最高となる日量970万バレルの減産を5月から実施している。減産規模は7月から12月までは、同770万バレルに縮小する見通し。

減産順守状況を監視する合同閣僚監視委員会(JMMC)の議長を務めるサウジアラビアは率先して、イラク、カザフスタン、ナイジェリア、アンゴラなど減産順守に出遅れている国々に対し、減産順守率を高め、7─9月に5月の過剰生産分を埋め合わせるよう、圧力をかけている。

OPEC筋の一人は「アンゴラは他国のように7─9月に過剰生産分を埋め合わせることはしない、10─12月にしかできないと主張している」とし、「(他国と足並みをそろえるよう)説得している」と述べた。

OPECのデータによると、アンゴラの5月の産油量は日量128万バレルと、目標生産枠を同10万バレル上回った。

ロイター調査では、6月の産油量は日量124万バレルに減少したが、目標を同6万バレル上回っている。  アンゴラの石油計画に詳しい関係筋の一人は「アンゴラは、迅速に減産に対応していると主張している」と語った。

トピックス

ランキング

  1. 1

    竹内結子さん 抱えていた悩みは

    渡邉裕二

  2. 2

    竹内結子さん訃報への憶測を軽蔑

    常見陽平

  3. 3

    16歳孫娘殺した86歳祖父の動機は

    文春オンライン

  4. 4

    児嶋一哉 台本通り演技で大人気

    女性自身

  5. 5

    福島氏の過激な菅政権批判に疑問

    鈴木宗男

  6. 6

    朝鮮学校への補助金は見直すべき

    赤池 まさあき

  7. 7

    賃金増えぬ労働者は経営者に怒れ

    川北英隆

  8. 8

    感染増も医師「安心材料増えた」

    中村ゆきつぐ

  9. 9

    開成退学処分 謎呼ぶ替え玉騒動

    NEWSポストセブン

  10. 10

    女優の竹内結子さんが死去 40歳

    ABEMA TIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。