記事
  • WEDGE Infinity

都知事選圧勝の小池氏が「五輪中止カード」を切る可能性 - 新田日明 (スポーツライター)

やはり世紀の大番狂わせは起こらなかった。東京都知事選挙は現職の小池百合子氏が圧勝し、2回目の当選を果たした。過去最多の22人が立候補した争いの行方は混沌とせずに大方の予想通りの結果で開票は終了。対抗馬となるべき他の候補者たちの主張は多くの有権者に受け入れられることはなかった。

最大の争点となったのは、言うまでもなく新型コロナウイルスにまつわる政策だ。感染拡大の防止や経済対策に加え、来夏に延期された東京五輪・パラリンピックについても各候補者たちの考えは三者三様。ただ、この東京五輪に関する公約において、小池氏はアスリートや大会組織委員会、日本オリンピック委員会(JOC)、国内競技団体など大会に携わる関係者の大半から相当数の支持を得ていた。

(voyata/gettyimages)

コロナ禍が激しさを増し始めた今年3月頃まで小池氏は現職の都知事として東京五輪の今夏開催を予定通り、政府や大会組織委員会側と連携し何とかぎりぎりまで模索。しかし難航するようになると最悪の開催中止を避けるため水面下で日本側が方向転換し、IOC(国際オリンピック委員会)と1年延期の妥協案を取りまとめようとする動きに小池氏も同調して各方面の調整に尽力した。大会に携わる関係者にとって現職の小池氏は言わば〝同志〟だ。再選を果たした上で引き続き来夏開催に向け、開催地・東京都のトップとして陣頭指揮を執ってもらったほうがいいに決まっている。

加えて今回の都知事選で主要候補と目された候補者の中においても、2度目の延期は視野に入れず、あくまでも来夏開催で「コロナに打ち勝った証として行うべき」と強く訴え続けていた主張が、招致活動から心血を注ぎ続けている都の大会関係者や参加を目指すアスリートたちの共感を呼んだようである。

明確に「実施すべきでない」と断言していた山本太郎氏や、そして「来夏の開催が困難と判断された場合はIOCに中止を働きかける」と述べていた宇都宮健児氏、中止は断固反対しつつも2024年の延期も視野に入れることを明言していた小野泰輔氏ら他の有力候補は〝NG〟――。それが何としてでも来夏開催を実現させたい大会関係者や、もう再延期や最悪の中止だけは是が非でも避けてほしいと願うアスリートたちの総意に近い結論だった。

実際に都知事選前から大会組織委員会の有力者たちが「現職としてここまで取りまとめに尽力してもらった小池さんに再選してもらわないと、東京五輪の来夏開催は今後土台にすら乗らなくなる恐れがある」と口にし、その立場上から「支持」を明言できないまでも暗に一致団結しながら全面バックアップする姿勢をほのめかしていた。だから小池氏の再選にはさぞかし安堵し、万々歳の心境となっているはずだと思っていた。

ところが、本音は違うようだ。同じく小池氏を支持していた大会組織委員会の関係者に都知事選開票後の結果を踏まえて聞き直してみると、思いのほか手放しで喜んでいる様子はなく「これからが大変だと思う」と複雑な心境となっていることを垣間見せていた。

現実問題として来夏へ延期された東京五輪の莫大な追加経費の負担は開催地の東京都にも当然重くのしかかることになる。小池氏は「都民、国民の理解を得るために簡素化して費用を縮減する」とうたっているが、その概要は今もってほとんど見えてこない。

言うのは簡単だが、実現する上で課題は山積みである。新型コロナウイルスの影響で日本経済は「リーマンショック」を上回る大打撃が予想され、それに反映される形で都の税収も今後激減するのは間違いない。いくら大会運営の費用を縮減すると言っても現段階では机上の空論に過ぎず、追加経費の負担を税収大幅減となりそうな都がまかない切れなくなる恐れも十分考えられるだろう。

延期による追加経費は総額3000億円とも見積もられている。このうちでIOCが今のところ負担することを決めているのは、最大8億ドル(約860億円)。まだ話し合いの余地は残されているとみられるが、いずれにせよ日本に課せられる追加経費は最終的にゾッとするような額となりそうだ。

この莫大な額について政府との費用分担を都がどの程度の割合で決め切れるかも、小池氏の手腕にかかってくる。その舵取りを誤れば、東京都民を筆頭に凄まじい批判を浴びることにもなりかねない。ただ、前出の関係者は「その交渉過程の中で不利になった場合、小池さんは思わぬ奥の手のカードを切って来るのではないか」と実は内心で疑心暗鬼になっている心境も打ち明け、こう続けた。

手強い人

「まさかの『大会中止』をチラつかせてくるのではないかとニラんでいる関係者も、大会組織委員会の中には多数いる。我々の多くが小池さんを支持したのは、あくまでも他の候補者では来夏の大会開催そのものが危うくなりかねないからという〝消去法〟です。とはいえ、我々のトップである森(喜朗)会長と小池さんは過去信頼し合っていた時期もあったが、今は政治的イデオロギーの違いから大きな隙間風が吹いているのは永田町界隈の人間ならば誰もが知るところ。とても一枚岩ではないことは普通に考えて分かると思います。その小池さんが都知事選で訴えていた『簡素化五輪』の実像に関しても、残念なことに非常にあいまいで具体性はほとんどない。だから本当のところ、小池さんが東京五輪を一体どこまで重要視しているのか。我々にもなかなか読み切れないのです」

さらに、その上で次のようにも警戒心を強めているという。

「こうした、さまざまな点と線を結び付けると小池さんが、よもやの方針転換に踏み切る流れも考えられなくはない。ましてや新型コロナウイルスの第2波への予兆も懸念されているわけですから、自分からハシゴを外してしまうにしても非難されにくい理由付けは揃っている。何よりもこれまで小池さんは世のすう勢を鑑みながら自身の発した公約の変節も容赦なく敢行し、かつては昵懇だった政界の多くの有力者たちとの関係性も風向きが悪くなるとスパッとドラスティックに切ってきた経緯がある。いろいろな意味で、それが出来てしまう手強い人なので我々としては正直そこが怖いところではありますね」

小池氏の都知事再選が決まっても、日本側は政府や大会組織委員会とともに東京五輪の来夏開催へ向けて大同団結を成したたわけではない。莫大な追加費用に加えて新型コロナウイルスの収束が見込めず、まだまだ国民からの反発も少なくないだけに大会に携わる関係者は多くの解決すべき問題点を抱え込んでいる。そして今後明らかになっていくであろう小池氏の「本心」も来夏開催のキーポイントとなっていきそうだ。

  ▲「WEDGE Infinity」の新着記事などをお届けしています。

あわせて読みたい

「小池百合子」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    韓国の国際法無視 強行なら好機

    木走正水(きばしりまさみず)

  2. 2

    河野大臣が表情変えた記者の質問

    BLOGOS しらべる部

  3. 3

    レバノン爆発 ゴーン氏の家破壊

    ABEMA TIMES

  4. 4

    吉村府知事の提案は試す価値アリ

    青山まさゆき

  5. 5

    春馬さん「結局カネ」家族に悩み

    文春オンライン

  6. 6

    大阪うがい薬推奨に医師らは呆れ

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    バナナ食べる少女の広告Audi謝罪

    BBCニュース

  8. 8

    玉木氏に横柄? 枝野代表の狭量さ

    早川忠孝

  9. 9

    香港民主派の周庭氏に有罪判決

    ABEMA TIMES

  10. 10

    スタバと違い常連扱いないセブン

    内藤忍

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。