記事

年金運用19年度8兆円超の赤字

2019年度の公的年金の積立金運用の赤字幅が、過去2番目の8兆2831億円だった、と年金の積立金を運用している年金積立金運用独立行政法人(GPIF)が発表しました。

赤字は4年ぶりで、損失額はリーマン・ショックがあった2008年に次ぐ規模になっています。

同時に発表した今年1~3月期は17兆7072億円の赤字になり、四半期ベースで過去最悪でした。

新型コロナウイルスの感染拡大による世界的株安が響いた、ということです。

このように株価に左右されるようになったのは、第2次安倍政権になって、株式の運用比率が大幅に引き上げられていて、市場の影響を受けやすくなったリスクが顕在化したことになります。

安倍政権の下で、経済がよいことが支持率の安定につながり、そのために、GPIFが株を運用して株価が上がることが期待されたからです。

その際にも、老後の安心のための年金積立金の運用に株式の比率を高めるのは、高リスク高リターンで、ふさわしくないという議論がかなりありました。

2014年に国内外の株式比率を12%から25%に引き上げています。

GPIFでは、主に国内外の株式、国内外の債券という4つの資産に分散投資していますが、2014年以降資産構成割合(基本ポートフォリオ)の半分を株式が占めています。

2019年度の運用実績を資産別にみると、国内株式は3兆7015億円、外国株式は5兆4887億円、国内債券は1221億円のそれぞれ赤字で、外国債券だけが1兆154億円の黒字だった、ということです。

これまでは、世界経済が好調で、累積収益額は市場運用を始めた2001年度以降で、57兆5377億円の黒字になっています。

「短期の運用結果に一喜一憂せず、長期的に安定した収益を確保する」「今回のマイナスが給付に影響を与えることもない」とGPIFの宮園理事長は、一昨日3日の記者会見で述べています。

しかし、新型コロナウイルスが経済に与える影響は見通せず、中長期的にも厳しい運用が続く可能性もあります。

諸外国の中には、景気の影響が大きい株式に投資することを禁じている国もある、とのこと。

長期的に年金積立金を安定して維持するためには、低リターンでも低リスクが望ましいと考えます。

これを機に、もう一度見直してもらいたいものです。

あわせて読みたい

「年金」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    時代遅れの感が否めないほど低画質なサブチャンネル放送 NHKの五輪中継に苦言

    諌山裕

    07月31日 15:52

  2. 2

    感染者4000人超に マスコミは五輪報道からコロナによる医療崩壊報道に切り替えるべき

    早川忠孝

    07月31日 17:57

  3. 3

    どうして日本から敢えて海外移住するのか?

    内藤忍

    07月31日 11:03

  4. 4

    無法地帯になってきた空港と選手村 感染爆発が止まらないのも道理

    田中龍作

    07月31日 08:43

  5. 5

    緊急事態宣言下で爆発している今の状況での延長なんて反感しか産まない ただ政府だけに責任押しつけるな 

    中村ゆきつぐ

    07月31日 08:58

  6. 6

    バッハ高笑い!?東京五輪「やってよかった」が77%も!

    女性自身

    08月01日 08:42

  7. 7

    歌舞伎×ジャズピアノ、タップダンスにイマジン…五輪開会式はなぜ変化球で攻めたのか

    毒蝮三太夫

    07月31日 08:05

  8. 8

    「彼らを誇りに思う」アイリスオーヤマ会長が感激した"クビ覚悟"という社員の行動

    PRESIDENT Online

    07月31日 14:54

  9. 9

    次の総選挙結果は「与野党伯仲」ー〝真夏の白昼夢〟を見た/8-1

    赤松正雄

    08月01日 08:31

  10. 10

    ゆうちょ銀行 東証の新区分プライム市場に不合格 上場株式は量よりも質の時代へ

    川北英隆

    07月31日 09:49

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。