記事

年金運用19年度8兆円超の赤字

2019年度の公的年金の積立金運用の赤字幅が、過去2番目の8兆2831億円だった、と年金の積立金を運用している年金積立金運用独立行政法人(GPIF)が発表しました。

赤字は4年ぶりで、損失額はリーマン・ショックがあった2008年に次ぐ規模になっています。

同時に発表した今年1~3月期は17兆7072億円の赤字になり、四半期ベースで過去最悪でした。

新型コロナウイルスの感染拡大による世界的株安が響いた、ということです。

このように株価に左右されるようになったのは、第2次安倍政権になって、株式の運用比率が大幅に引き上げられていて、市場の影響を受けやすくなったリスクが顕在化したことになります。

安倍政権の下で、経済がよいことが支持率の安定につながり、そのために、GPIFが株を運用して株価が上がることが期待されたからです。

その際にも、老後の安心のための年金積立金の運用に株式の比率を高めるのは、高リスク高リターンで、ふさわしくないという議論がかなりありました。

2014年に国内外の株式比率を12%から25%に引き上げています。

GPIFでは、主に国内外の株式、国内外の債券という4つの資産に分散投資していますが、2014年以降資産構成割合(基本ポートフォリオ)の半分を株式が占めています。

2019年度の運用実績を資産別にみると、国内株式は3兆7015億円、外国株式は5兆4887億円、国内債券は1221億円のそれぞれ赤字で、外国債券だけが1兆154億円の黒字だった、ということです。

これまでは、世界経済が好調で、累積収益額は市場運用を始めた2001年度以降で、57兆5377億円の黒字になっています。

「短期の運用結果に一喜一憂せず、長期的に安定した収益を確保する」「今回のマイナスが給付に影響を与えることもない」とGPIFの宮園理事長は、一昨日3日の記者会見で述べています。

しかし、新型コロナウイルスが経済に与える影響は見通せず、中長期的にも厳しい運用が続く可能性もあります。

諸外国の中には、景気の影響が大きい株式に投資することを禁じている国もある、とのこと。

長期的に年金積立金を安定して維持するためには、低リターンでも低リスクが望ましいと考えます。

これを機に、もう一度見直してもらいたいものです。

あわせて読みたい

「年金」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    李登輝氏の死去に冷淡な日本政府

    WEDGE Infinity

  2. 2

    NYの前例 GoToは全く良策でない

    ABEMA TIMES

  3. 3

    YouTube 投稿者乱立で激戦の場に

    後藤文俊

  4. 4

    コンビニ業界はセブンとそれ以外

    内藤忍

  5. 5

    コロナ致死率は世界的に低下か

    中村ゆきつぐ

  6. 6

    イソジン会見 同席医師に違和感

    三田次郎

  7. 7

    江の島エリア 海に最多の人出か

    島村優

  8. 8

    半沢直樹 青臭いコンビの絶妙さ

    マイナビニュース

  9. 9

    ネット授業続けるなら学費免除を

    NEWSポストセブン

  10. 10

    個人番号カードが保険証代わりに

    S-MAX

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。