記事

抽象化スキルが、生死を分ける時代に

僕が尊敬する友人の言葉に「抽象化スキルは、経験の再利用性を高める」というものがあります。

この言葉だけで、この厳しい時代を生き残るのに必要なことの(ほとんど)全てが語れているのですが、以下、自分のために、この言葉が語られる背景をエントリにしてみます。長文です。

●これからの時代

ネット社会は「誰がどこに住んでいるか」ということを不問とします。どこに住んでいようとも、世界中の人々とコンタクトができるようになるからです。これは、様々な分野において、距離の意味が薄れるということを意味しています。

そうした中、特にサービス産業においては「特定の職務経験を持った人材がどこに住んでいるか」によって仕事のマッチングが行われた時代は終わろうとしています。

ネット社会において問われるのは「特定の職務経験」があるかないかだけです。その人がどこに住んでいるかに関係なく、どこからでも仕事の依頼をすることができるようになります(注1)。

結果として「どこに住んでいるか」ということで、これまで、なんとか仕事を得ることができていた人たちが「特定の職務経験」のレベルをグローバルに比較されるようになります。

そうなれば、ワールド・クラスの人のところに仕事が集中し、多くの人が今の職を失うことになるでしょう。僕たちは、社会の変化に合わせて新たに生まれる仕事に合わせ、積極的に新しい職務経験を積んでいかなければなりません。

●やったことのない仕事の職務経験が求められる

次々とイノベーションが起こり、競争が激化する社会においては、特定の仕事における職務経験の価値は、時間とともにどんどん減っていきます。

今は安泰に思える仕事であっても、それは突然、地球の裏側にいる人によって奪われたりするわけです。そうした社会では、誰もが、次々と新しい仕事にチャレンジしていかなければならないでしょう。

でも、仕事を得るために求められるのは、いつだって、その仕事において何らかの業績を残してきたという職務経験です。ネット社会では「やったことのない仕事の職務経験」が求められてしまうとするなら・・・。

これが、これからの失業問題の解決を難しくし、失業期間を長期化させる根本的な原因となるでしょう。

●座学では(おそらく)この問題を解決できない

この失業問題への対策として、各国政府(特に、新興国に仕事を奪われる先進国)は、職業訓練のプログラムを充実させていくと思われます。

ただ、政府としても、多くの失業者を少ない予算でトレーニングすることになるので、コスト面の理由から、プログラムはどうしても座学が中心となると予想されます。

ところが、大人の学習はその70%が職務経験から、20%が他者の観察やアドバイスから、そして最後の10%が研修や読書といった座学から得られているという研究者たちの報告があります(注2)。

座学ではなくて、インターンに近い形の「職務経験」が得られる職業訓練プログラムでないと、効果が出ない可能性があるのです。もちろん、座学「も」重要ですが、それは直接には、これからの時代の失業問題を解決しないと考えるべきでしょう。

●生死を分けるスキルとしての抽象化

そんな時代でも「やったことのない仕事の職務経験」が求められるような、一見矛盾した状況に適応する人材が出てくると思います。僕は、そうした人材に共通しているのは、抽象化スキルだと考えています。

抽象化スキルとは、その対象となることがらより、特に注目すべき要素を抜き出しつつ、他は無視するというスキルです。これによって、物事の本質に迫ることができます。

例えば、「マクドナルドでのアルバイト経験」ということを抽象化してみます。

マクドナルドを構成する要素は「店舗において、顧客と直接対面しながら、ハンバーガーとドリンクを中心とした商材を売る外食ビジネス」であるとします。これを極端に抽象化すれば「外食ビジネス」になるでしょう。

また、アルバイトを構成する要素は「会社都合でシフト管理されながら、与えられた仕事を遂行する存在」であるとします。これも極端に抽象化すれば「仕事」になります。

「マクドナルドでのアルバイト経験」を「外食ビジネスでの仕事経験」だと考え、外食ビジネスのあるべき姿を理解しようと、書籍やネットで外食ビジネスについて座学をこなしながら日々を過ごせるかどうか。

自分がマクドナルドではないレストランで食事をするときは、マクドナルドとの違いを意識しながら、なにか学べるところはないかと考えるクセがついているかどうか。

このように、マクドナルドでのアルバイト経験から、外食ビジネスについての理解を深められる人材は、マクドナルド以外の外食において、アルバイトではない職を得られる可能性が高いでしょう。

しかしそれを「マックでバイトしているだけ」と考える人材は、その枠から飛び出ることはできません。もっとミクロな視点でも、日々特定の問題を処理しながらも、問題解決方法を抽象化して考えられないと、似たような失敗を繰り返すことになってしまいます。

「抽象化スキルは、経験の再利用性を高める」というわけです。経験の素因数分解をして、一見異なる多くの仕事のなかに、最大公約数を見つけていくという態度こそ、生死を分ける重要なものになるはずです。

●抽象化スキルの鍛え方

まず「自らの経験を文章として整える」ことが、そもそも抽象化です。たとえば日記(日報)は、その日起こったことの中で、特に重要だったことを要素として抜き出したものです。これ自体が抽象化のよいトレーニングであることは明らかでしょう。

次に「なかまはずれを探す」という方法もよいでしょう。複数の事柄の中から、1つだけ他とは異なる事柄を探すということは、その1つ以外の他の事柄の中に「共通点」を見つけるという作業です。この「共通点」こそが、抽象化の結果として得られるものです。

そして最も高度な抽象化のトレーニングは「比喩を生み出す」ということだと考えています。普段から周囲のものごとをたとえて話すクセをつけたり、読書をしながら優れた比喩に触れることが抽象化スキルを鍛えると思います。

頻繁に発着する電車に、乗客が次々と吸い込まれていく状況をみて「駅」を「イモムシのレストラン」とたとえるとき、そこには、直感を伴った高度な抽象化スキルが働いています。

こうした比喩(たとえ)というのは、ある事柄Aの中に含まれる本質的な要素が、高度に抽象化され、思いもよらなかった全く別のなにかBの中にも含まれていることに気づかされるからこそ面白いのです。

最後にもう一歩だけ、この比喩の話を進めてみます。

そもそも何故、僕たち人間は優れた比喩を「面白い」と感じるのでしょう。個人的には、僕たちの脳が、物事を抽象化して考えることを奨励しているからだと信じています。

特定の環境に過剰に適応している者は、ちょっとした環境変化によって滅んでしまうという現象は、生物の世界において頻繁に観察されています。そして僕たち人間は、環境への過剰適応を避けてきたからこそ、進化を生き残っていることを忘れるべきではありません。

抽象化とは、言ってみれば、特定の経験への過剰適応を避けるためにこそ必要となるスキルであり、それは本来、僕たち人間には「大切なスキル」として埋め込まれているはずなのです。

●まとめ

これからの時代、僕たちには「やったことのない仕事の職務経験」が求められるようになるでしょう。これは、普通に考えると無理なことのように思われます。

しかし、僕たちが普段の仕事から得ている経験は、全く別の仕事にも再利用できる可能性があるのです。これを実現するために必要となるのは、抽象化のスキルです。

抽象化スキルを鍛える方法としては(1)自らの経験を文章として整える(2)なかまはずれを探す(3)比喩を生み出す、という3つがあると考えています。

そしておそらく、生物としての強さを決定づける「変化への適応力」とは、人間の場合、この抽象化スキルにほかならないのだと信じています。

(おしまい)

(注1)書籍であれば、例えば『ワーク・シフト』を参照ください。また、過去には同じテーマで『この変化は、優しくない。』というエントリを書いています。よろしければ、そちらも参照ください。

(注2)「70:20:10の法則」とも言います。書籍であれば、例えば『「経験学習」入門』を参照ください。また、過去にはこの書籍の書評『経験から学ぶ力を、高めたい。』を書いています。よろしければ、そちらも参照ください。

あわせて読みたい

「キャリア」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ブラタモリに失望 忘れられた志

    メディアゴン

  2. 2

    立民議員の官僚叩きに批判が殺到

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  3. 3

    官邸前ハンスト 警官と押し問答

    田中龍作

  4. 4

    任命拒否 学者6名に無礼な菅首相

    メディアゴン

  5. 5

    上野千鶴子氏 任命拒否に危機感

    女性自身

  6. 6

    元民主・細野氏らデマ拡散へ揶揄

    文春オンライン

  7. 7

    日当7万円 公務員と比較したのか

    橋下徹

  8. 8

    机叩き…橋下氏語る菅首相の会食

    ABEMA TIMES

  9. 9

    高級車雨ざらし カーシェア破産

    SmartFLASH

  10. 10

    国に従わず支援求める朝鮮学校

    赤池 まさあき

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。