記事

独りよがりな正義をふりかざす「マスク警察」に反撃するには

営業再開したUSJにはマスクを外すゾーンもある(撮影/杉原照夫・WEST)

息苦しさを感じるのも事実(時事通信フォト)

 ストレスという妖怪がそこかしこにうごめいている夏である。あなたもどこで指弾されるかわからない。備えあれば憂いなし。コラムニストの石原壮一郎氏が指南する。

【写真】マスクをつけての移動は息苦しさを感じるのも事実

 * * *

 今年の夏は、一段と暑苦しい夏になりそうです。もはや、マスクは私たちの身体の一部となりました。初めての“ウイズマスク”な夏を迎えて、多くの人が「マスクの暑苦しさ」を実感しているのではないでしょうか。そして、暑苦しさにさらに拍車をかけているのが、各地に出没している「マスク警察」の存在です。

 まわりに人がいない状況でマスクを外して歩いていたらすれ違ったおじいさんに怒鳴りつけられた。公園でマスクを外して遊んでいた子どもをおばさまが厳しく叱責した。さらに、学校に「ちゃんと指導しろ」と電話がかかってきた。SNSには、そんな「マスク警察」のみなさんの常軌を逸した活動っぷりが、たくさん報告されています。

 もちろん、感染防止が何より大切なのは言うまでもありません。ただ、厚生労働省も「屋外で人と十分な距離(少なくとも2m以上)が確保できる場合には、熱中症のリスクを考慮し、マスクをはずすようにしましょう」と言っています。

 いわゆる自粛期間中には、店を開けている飲食店に嫌がらせの貼り紙をしたり、県外ナンバーのクルマの写真を撮ってSNSにアップしたりする「自粛警察(自粛ポリス)」の暗躍が話題になりました。もしかしたら同じ人たちでしょうか。昨今は、お店の入口などでアルコール消毒を強要する「消毒警察」の存在も確認されています。

 コロナ騒動は、人はいかに独りよがりな「正義」が好きか、その手の「正義」がいかにタチが悪くてみっともないかをあぶり出してくれました。「○○警察」の行為は、ハタ迷惑なうっぷん晴らしに過ぎません。すべての悪を憎むわけではなく、自分より弱そうな相手にお手軽な鉄槌を下しているだけ。、そういう人が電車内での痴漢行為や上司のパワハラといった別の悪を目の当たりにしたとしても、きっと見て見ぬフリをするでしょう。

 誰しも、いつどこで「マスク警察」に遭遇するかわかりません。はずしていても問題ない場面で取り締まられたら、さぞ腹立たしいでしょう。言われっ放しだと不愉快が尾を引くし、結果的に独りよがりな「正義」の跋扈に加担することになります。そんなタチの悪いものを世の中にのさばらせないためにも、きっちり反撃したいところ。

 反撃といっても、「なんだとコノヤロー!」とケンカ腰で立ち向かうのは大人として安直だし、怒りの気持ちが余計に増幅しそうです。その状況に備えて、留飲を下げられそうな反撃のセリフを練習しておきましょう。例として5つのセリフをご用意しました。相手のタイプに合わせてお使いください。

「あっ、今話題のマスク警察さんですね。お務めご苦労様です!」

「じつは私、熱中症警察なんですけど、ちょっとお話聞かせていただいていいですか」

「あと80年早く生まれていたら、隣組や国防婦人会でさぞ活躍なさったでしょうね」

「あれ、見えませんか? 賢い人にだけ見える特製のマスクをしてるんですけど」

「もし私がプロレスラーみたいなガタイでも、同じように注意しましたか?」

 ああ、想像するだけでも胸踊ります。見事に返せたら、さぞスッキリするでしょう。ただ、とっさの場面で即座に反応するのは簡単ではありません。タイミングを逸して言えなかったときには、そんな残念な行為に精を出す「マスク警察」に対して、思いっ切り憐みの目を向けてしまうのがオススメ。

●安直な「正義」を振り回すことが偉いと勘違いできる愚鈍さ

●そうせずにはいられない不満だらけの人生と根の深い寂しさ

●攻撃対象を見つけて不安を紛らわそうとする人としての弱さ

 この3つの柱を軸にすれば、相手が男性だろうが女性だろうが高齢者だろうが若めだろうが、頭の中で存分に憐れむことができます。返す刀で「ああはなりたくないものだ」と自分に言い聞かせたり、「おかげで『正義』が持つ危険性を実感することができた」と反面教師にしたりすれば、深い満足感を覚えることができるでしょう。

 ここまで心の準備をすると、実際に「マスク警察」に取り締まられてみたい気になってしまうかも。だからといって、無駄にマスクをはずすという困った行動に出ないように、くれぐれも注意して自分を律しましょう。マスクや人間の業と上手に付き合いながら、いつもと違う夏を安全に心穏やかに過ごしたいものです。

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「2021年になって未だに?」 NHKきっかけに日本のFAX文化が世界に 海外からは驚きの声

    BLOGOS しらべる部

    07月29日 17:14

  2. 2

    都の感染者が3865人のからくり 検査数が増えれば陽性者数も増える

    諌山裕

    07月30日 13:07

  3. 3

    五輪で弁当4000食廃棄にショック 河野大臣も驚きのけぞる

    柚木道義

    07月30日 10:28

  4. 4

    不気味に大人しい小池百合子知事、目線の先にあるものは…?ワクチンの集中要請と追加経済対策を急げ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    07月30日 08:12

  5. 5

    もう、オリンピック・ムードに浸り続けるのは無理なんじゃないかな

    早川忠孝

    07月30日 08:37

  6. 6

    感染爆発の震源地 選手村のPCR検査は極めてズサンだった 

    田中龍作

    07月30日 09:14

  7. 7

    ニュースの見過ぎで疲れた人にすすめたい「ニュース・ダイエット」

    御田寺圭

    07月30日 10:35

  8. 8

    「ここまでのコロナ対策が失敗だったと認めた方がよいのではないか」杉尾秀哉議員

    立憲民主党

    07月29日 19:13

  9. 9

    コロナ感染急拡大で日本医師会が緊急声明、全国への宣言検討を

    ロイター

    07月29日 20:40

  10. 10

    列車内での飲酒について、JR北海道から回答「お客様に強制することは大変難しい」

    猪野 亨

    07月29日 10:28

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。